FC2ブログ
ファンティア
インフォメーション!
★ファンティア更新中。https://fantia.jp/fanclubs/17354
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
最新コメント
ツイッター
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

お姉ちゃんの前で(1)2013-01-19(Sat)

 ガチャ
 突然のことに俺は固まった。いや、それは一瞬のことで、すぐに勢いよく股間の辺りに掛け布団を被せた。巧く隠せただろうか…。その望みは薄かった。見られたに違いない。
 部屋の入口には一つ上の姉が立っていた。
「おーおーおー…いっちょ前に…」
 初めは驚いたふうだった姉だが、やがてフンッと鼻息を漏らして部屋に入ってくる。
「お前出てけよっ。何で入ってくんだ!」
「りんご持ってきてあげたんじゃん」
 確かに姉の手には剥かれたりんごが皿に盛られていた。
「いきなり開けんなバカ! ノックぐらいしろってっ」
 姉はローテーブルの上に置いて俺の寝そべっているベッドに腰掛けた。
「コラ座んなよ」
 俺は身じろいだ。ベッドのなるべく端に逃げるようにして摺り寄った。Tシャツは身に着けているが下半身を隠すものは布団だけだ。
「一人でいやらしいことしてるあんたが悪いんでしょ?」
 確かに鍵のかからない部屋で無警戒にオナニーなんかしている俺の方に多大な過失がある。
「続きやったら? 私に構わずさ」
「バッ… バカ!」
「手伝ってやろっか?」
「くっ…」
 姉はにまぁっと笑みを浮かべる。俺の弱みを握ったと言わんばかりの顔だ。一つしか違わないくせに大人びた顔立ち。長い茶髪を後ろで結んでいる。ピッチリしたジーンズと白いブラウスを身に着けている。大きな目はしっかりと俺を捉えていた。
「食べる? 手ぇベトベトなんじゃない? りんご食べさしてあげる」
 姉はそう言うと皿を持ち上げた。つま楊枝を刺してりんごを俺の口元に持ってくる。
「お、おい…」
「はい、あ~んして」
 弟のオナニーの現場に遭遇していながらこの余裕っぷりは…。もちろん俺がオナニーしているところを見られたのはこれが初めてだ。こいつだって初めてのことの筈。急いで布団で隠したとはいえ俺の勃起したおちんちんも見られているだろう。俺は姉の男の遍歴なんて知らないが慣れたふうではある。もしかして男のオナニーを見るのは初めてじゃないのか?
「自分で食うって…」
 姉はりんごを俺の口に押し付けてくる。俺の右手は自分の精液でベトベトだった。食べさせてもらうなんて恥ずかしいという思いから精液のついていない左手を出してつま楊枝を摘む。エッチな雑誌を捲るために左手はきれいなままなのだ。
「ったくよ…」
 バッ
「ぅあっ!」
 しまった…。油断した。姉がいきなり布団を勢いよく剥いだのだ。
「ぷっ」
 勃起したおちんちんが顔を出す。右手はギュッと竿を握った状態だった。掛け布団をロックしていた筈の左手はつま楊枝を摘んでいたので掛け布団はあっさりと剥がされた。姉の単純な策に嵌ってしまったようだ。
「あんたビンビンじゃん? お姉ちゃんと普通の会話してるときになにおっ勃ててるのよ?」
「ち… バカっ。こら おま… く… やめろっ…」
 俺はつま楊枝を摘んだまま左手で掛け布団を奪還しようと手を伸ばす。その動きに合わせて姉は布団を完全に剥いでしまった。パンツも完全に脱いだ状態なので身に着けているのはTシャツ一枚だけ。
「りんご落とさないでよっ」
 つま楊枝からりんごが落ちそうだった。落としたらもったいない。俺は咄嗟にそう思った。ベトベトの右手で掛け布団を奪還しないのも汚れてしまって洗わなければならないと無意識にも思ってしまったからだ。恥ずかしさよりも貧乏性が勝ってしまう。
「くっ…」
 俺の貧乏性な性格を逆手に取られたようで悔しい…。俺はりんごを咥えてつま楊枝を捨てた。右手もおちんちんを握るのをやめて、掌でおちんちんを隠すようにした。
「はえへっ」
 返せと俺は立ち上がって左手を伸ばす。姉は俺が迫ってくる分だけ後退した。左手は空を掴む。
「ふんっバーカっ」
「ううっ…」
 くそう… これでは埒があかない。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 お姉ちゃん 自慰

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: No title

作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
Readme!を先にお読みください。

ウチは屈辱的なのになぜかおちんちん勃っちゃうって人だけに向けた偏屈官能小説ですよ。

No title

殺してやりたいな、このクズ姉

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
活動の紹介
◇男子厨房に入ってCFNM(本ブログ)
 ★無料ブログ:不定期更新。近況報告とリリース情報。試し読みをときどき掲載予定
◇男子厨房に入ってCFNM+(ファンティア)
 ★無料プラン:毎週土曜18時に近況報告と試し読みリリース
 ★250円プラン:毎週土曜18時に連載もの短編小説リリース
 ★450円プラン:毎月25日20時に連載もの中編小説リリース
◇男子厨房に入ってCFNM Novels(KDP)
 ★3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
 ★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を一年分まとめて単行本にしました。
Last Update 19.10.12
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました
お布施で
https://ofuse.me/#users/3698

電子通貨で