FC2ブログ
インフォメーション!
★最近忙しいです。また連載ペース考え直さなきゃ。☆今キャットファイト小説書いてます。
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

閉ざされた村で 第一話 アマゾネス帝国への潜入者(3)2018-02-24(Sat)

 男児が生まれて来ない。そんなことが本当にあるのだろうか。

 ―だとしたら、呪われている。

 天都水織(あまみや みおり)の横顔を見ながら裕子は思った。
 恐ろしく澄んだ瞳だ。しかし純粋さと狂気が同居しているような気がする。この少女は、いや、天都家こそは伝説に謳われた“姫鬼”の子孫なのではないだろうか。天都家の血は鬼の血なのだ。

 16・7の若い男子が部屋に入ってきた。
「な、なんだい? これは。僕に何か用かな?」
 裕子の聞いた話では、彼は他県から連れてこられたばかりの『婿候補』である。木隠(こがくし)では彼のように定期的に男を外から招くというのが通例なのだ。
 女ばかりの天都家なのだから夫となる男は常に婿として迎えることになる。N市全体で昔から『婿取婚』が多いのは天都家の影響なのだろう。
 男の子は大きな眼鏡にサラサラとした黒髪。いかにもインテリっぽい。青いパジャマ姿で育ちの良さが窺える。プライドが高そうで、鍛えているのか服の上からでも胸や腕の筋肉がしっかりしているのがよく解る。

「オナニーしてみて」
 水織はさらりと言ってのけた。

「は?」
 男の子は明らかに動揺していた。額に汗を浮かべて余裕が失われていくのがありありと解った。彼の中で大きな葛藤があるようだ。
 水織はロッキングチェアに深く腰掛け足を組んでいる。浴衣姿だ。右手は頬杖をついて、いつものようにとろりとした目つきで「命令よ」と言った。

 離れにある花楼(かろう)という建物で、裕子は非現実的な光景を見ることになる。
 花楼とは、簡単に言えば夜の営み専用の部屋といったところだろうか。天都の子どもたちは母屋にちゃんと自分の部屋があるので、花楼は行為のための別宅とも言える。
 木隠の女は13歳になると成人と見做され、この花楼を持つことができるのだ。

「く…」
 男の子は「なんで君の前で」とか「ふざけてる!」など抵抗していたが、天都家の命令は絶対だ。結局は従うしかない。男の子は天都の“婿”としてこの地にやってきたのだ。その立場を充分に理解しているからこそ、現実を受け入れた。
 しゅるるとシャツを脱いで、ズボンも脱ぎ捨てる。

「これでいいか?」
「………」
 水織はつまらないものを見る目だ。ブリーフを穿いたままやるつもりなの? バカなの? と問うているかのよう。
「ちょ、ちょっと勘弁してくれない? 僕だって羞恥心ってものがあるんだ。心の準備というか…」
「そこのベッドでやって」
 水織の指定するベッドは天蓋付きのお姫様ベッドだ。薄いピンクでコーティングされた愛の巣である。男が一人で入るには勇気が必要に違いない。

「嫌なら帰って」
「や、やらないとは言ってないよ?」
 ここで帰るのは選択肢としてありえない。男の子はタジタジとしながらベッドに上がる。そして顔を真っ赤にし、戸惑いながら始める。ブリーフの上からおちんちんを擦り始めた。

「うぅ」
 顔を真っ赤にして腰を引いている。人前でこんなことをするのは初めてなのだ。下着姿になるのも恥ずかしくて仕方がない年頃である。
 反対に水織のほうは落ち着いて眺めていた。花楼は『女性』が絶対のルールだ。水織の言うことがすべて。
 花楼には好きなときに好きな男を呼び出して性処理をしていい。そのための部屋なのだから。しかし水織はまだ生娘らしい。男に一度も手出しをしていない。裕子が家の者に聞いた話では男に興味がないらしい。
 だから男にオナニーをさせるのは遊びであり、天都の人間としての義務でもある。

 こすこすこすこす…
 長い間、躊躇していた。単調に股間を擦っているだけ…。
 やがて意を決した男の子はブリーフを下げていった。片手でおちんちんを抑えてしゅるる… と足首から取り去る。じぃ〜と水織に見守られながら男の子は全裸になった。
 見ないで… と彼は表情で語っていた。見ていられないくらい全身が火照って真っ赤だ。おちんちんを大事そうに隠して上下にゆっくりと擦る。
 膝立ちになって「はぁはぁ」と息を荒くし始めていた。
 水織は退屈な映画でも鑑賞しているみたいに小さくあくびをする。眠たくなってしまったようだ。男の子は理解しているはずだ。婿候補は家長の言うことに逆らってはいけないと事前にレクチャーを受けている。
 水織を満足させないと婿として失格なのだ。
 他の娘たちなら満足させる手段としてセックスを強要されるのだろうが、水織が望んでいるのは命令を実行できる力。忠誠心があるかどうかを試しているみたいだった。

 男の子は手を離しておちんちんを見せた。
 異性の前で自分だけ全裸を見せるという屈辱を受け入れたようだ。へにゃと縮こまった2センチ程度の陰茎はすっぽりと皮を被っている。金玉も緊張で収縮していた。陰毛は薄めでやっと生えそろったばかりのような印象だ。
 同じ年頃の女子に見つめられて、彼の身体に変化が起こる。
 ムクムクともたげてきた。見られていると意識したのか急速に勃起が始まったのだ。申し訳程度に自分で擦っていても勃たなかったものが、女の子に観察されていると意識しただけで興奮してしまったのか。下を向いていたおちんちんは立派に天上を見上げた。
 かっちーんと硬くなりその雄姿を水織に見せつける。水織はまだ映画の前半といった様子でうつらうつらとし始めている。
 王女様を退屈させたら男の子は婿候補を外される。家に帰されるのは一家の恥。彼はクライマックスのような表情で陰茎をしっかと握った。目をつぶって顔を背けつつ、右手で上下に擦る。
 しこしこしこしこぉ…
 いやらしい息遣いが聞こえてきた。
 完全に閉じていた皮が開いて尿道口だけ見えるようになった。左手を金玉に添えてコロコロと撫でて転がす。女性にされていると想像しながらオナニーをしているのだ。オカズがないので水織に見られていることに加えて想像するしかない。

 しこしこしこしこぉ…
 しこしこしこしこぉ…

 水織は男の子のがんばりをまだ認めていないようだ。頬杖で支えていないと完全に寝落ちしてしまう体勢である。退屈そうだ。
 いかに腹を決めたところで男の子はまだ恥じらいを残している。異性に見られながら自慰をするなど屈辱でしかない。だから擦り方も単調になる。形ばかりのオナニーでは水織を満足させられないだろう。
「まだ?」
 水織はいつ始まるのかと訊いた。
 一生懸命にしこしこ擦っているが、見世物としては確かに何もおもしろくない。男の子のがんばりは認めてもらえなかったみたいだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連記事

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 女性社会 母系社会 女尊男卑 伝奇もの 自慰 オナ見せ

web拍手 by FC2

見ててあげる(3)2012-09-10(Mon)

 愛衣ちゃんは立ち上がって近くの椅子を引き寄せてきた。
 それに足を組んで座った。
 左手には僕のブリーフがさらし首のように僕に見せつけるように誇示されていた。
 女の子にパンツを剥ぎ取られた気分…。
「見ててあげるから、早く大きくしてよ」
「はい」
 僕は右手でペニスを握るとゆっくり動かし始める。
「…」
 小さいままのペニスは萎縮しているのか大きくならない。
「右手でやるんだね。いつも右なの?」
「…うん」
「なかなか勃起しないね? また手伝おうか?」
「いや! 大丈夫…」
「どうしたの? 顔真っ赤っ赤だよ?」
「え?」
「もっとスピードあげたら?」
「…」
「いつもやってるみたいにやったら? 立ったままやるの? 寝っ転がったりしない?」
「そ、そうだね」
 僕は腰を下ろして正座した。
「ぷっ、それ女の子座りじゃない? いつもそうなの?」
「ぅ」
「そうだ。せっかくだから記念にスケッチしてあげるよ」
「え?」
 彼女はそう言ってカバンから小さめのスケッチブックを取り出す。
 手早く鉛筆を用意してスケッチを始めた。
「勃起まだ?」
「…」
 次第に女の子に見られている状況にも慣れ、ペニスがむくむくと大きくなる。
「あ、大きくなってきたね。がんばれ」
 自分でも解る。
 鈴口が少し濡れてきた。
「もっと近くでおちんちん見ていい?」
 愛衣ちゃんが席を立って笑顔で僕に近づいてくる。
 膝をついて屈み、ペニスにその綺麗な顔を近づける。
「はぁはぁ」
「ちょっと息遣い荒くなってきたね」
「ぅん」
「ふうん、こういう臭いなんだ…」
 彼女はくんくんと嗅いだみたいだ。
「ちょっといい?」
 僕が返事をしないうちに、彼女は持っていたえんぴつを僕のペニスにつんと押し当てる。
「いたいっ」
「フフ痛かった?」
 尖ったえんぴつを何度か押し当ててくる。
「ぁん、痛いよ、痛い」
「へへへっ。さっさとスッポンポンにならなかった罰だよ。ホレホレ」
「あぁぁ」
「ウフ、腰が引けてる~」
 ようやく鉛筆攻撃をやめてくれたと思ったら、今度は…。
「硬いかな? ちょっと触るよ」
 愛衣ちゃんは小指を使ってつんつんとペニスを突いてくる。
 僕は手を離して触りやすいようにする。
 小指はペシペシと動いたり、グッグッと押しこむように動いた。
「あ」
 やがて親指と人差指で亀頭を摘まれた。
 ぬるりと我慢汁が滑る。
 摘んだ状態で愛衣ちゃんはいろんな角度から覗きこんだ。
「へぇー、こうなってるんだ~」
 裏筋を人差し指でなぞる。
「うあん」
「フフッなにその声?」
「はぁはぁ」
「ねえ足開いて寝てみて。金玉の裏っかわ見てみたい」
 僕はもう言われるまま従う。
「あ、おしりの穴丸見えっ」
 彼女は足首を掴む。
 遠慮がちに開いていた足をぐっと押し広げた。
 これは大開脚状態、ち、ちんぐり返しか?
「あは全っ部丸見えー、このままの格好キープしてなさいよ?いい?」
 愛衣ちゃんは両手を離してぎゅっと乱暴にペニスを掴んだ。
「あうっ」
「わーあったかい」
 左手は金玉部分を包み込むように握る。
「ウフフッかわいい」
 しばらくニギニギと弄んでいた。
 加減を知らないのか少し痛いくらいだ。
「大きさはまあまあかな。少し小さい気がするけど?」
 執拗な責めに僕は限界が近づいているのを感じた。
「あぁ、あはあー…」
 彼女はぱっと手を離す。
「逝きそう?」
「ぅん」
「じゃ、見ててあげるからがんばって射精してっ」
「はい」
 僕は起き上がって膝立ちになりしごき始めた。
 もう恥ずかしい感情は通り越して何処かへ行ってしまった。
「はぁはぁ」
「肩貸してあげるよ。ほら」
 僕の左手を取って彼女は自分の右肩に導く。
「はぁあはぁ」
「もう少し? がんばれがんばれ」
「はぁんはぁ」
「逝くときは大きな声で逝くって言わないとダメだよ?」
「うんはぁ。愛衣ちゃん僕…。愛衣ちゃん」
 愛衣ちゃんの髪が左手に触れて暖かさを感じた。
「すごい、おちんちんが赤くなってきた」
「あ、あ、あ、」
「出そう?」
「逝きます!逝く!」
「あ、出たっ」
「あ、あ…」
「すごい飛んでる。ぴゅっぴゅっだって。あはは」
 愛衣ちゃんのスカートの裾に少し掛かってしまった。
「いっぱい出たねぇ。えらいねぇ」
「はぁぁはぁぁ」
「がんばったね」
 そう言って愛衣ちゃんは僕の頬に軽くキスをしてくれた。
 感無量です。

「嘘なのにすごいがんばったねぇ。これからも時々見せてね」
「ぇ?」


関連記事

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 自慰 オナ見せ 射精

web拍手 by FC2

見ててあげる(1)2012-09-10(Mon)

「君のこと、大切にするよ」
 僕は今まで友だちとして接してきた愛衣ちゃんに心の内を伝えた。
 愛衣ちゃんは戸惑っているみたいだ。
「前から好きだったんだ」
「ありがと」
 彼女は顔を赤らめてポツリと答える。
 僕は内心ガッツポーズを決める。
「本当? 嬉しい。俺超嬉しい」
「うん。これからもよろしく」
「こっ、こちらこそ」
 誰も居ない美術部教室の片隅で僕らは向かい合っていた。
「一緒に帰ろうか?」
 彼女は頷く。
 一年生の頃から僕は愛衣ちゃんに気があった。
 周りにはいつも友達が居て二人きりになるのは数えるほどしかない。
 合計時間に直したら1時間もないのではないか?
「愛衣ちゃんは俺のことどう思ってた?」
「えぇ? そんな、恥ずかしい…」
「え? 恥ずかしがるようなことじゃないよ」
 部活が終わった後、居残りで僕らは遅くまで部活を続けた。
 ていうか僕が愛衣ちゃんに合わせて終わるのを待っていたんだ。
「あの、次の休み何してる? その何処か遊びにさ…」
 僕は荷物を仕舞いながらデートのプランを速攻で組み立てる。
「うん」
「遊園地か動物園か」
「うん。その前に…」
「港にできた水族館も良いな…」
「見せてくれる?」
「え?」
 愛衣ちゃんは手を後ろに組んでモジモジとしていた。
 なんだろう?
「だから見せてよぉ」
「え? なにを?」
「ぇ… やだ。言わそうとしないでよ」
「見せるって? いやでもホントに解んないんだ」
「もぉ、いじわる」
「誠意とか好きだっていう証とかそういうこと?」
「えー? 違うよ。ふざけてる? 恋人同士になったら初めにすることだよ?」
「恋人同士になったら? 初めにすること?」
 オウム返しにつぶやいてみるが思い当たらない。
 僕は必死でない頭をフル回転させる。
「もしかしてキ、…キス?」
「もう、やだ、ホントに解んないの? だって常識だよ?」
「そ、そうなんだ…」
「ほら… これ…」
 愛衣ちゃんは右手で何かを握る格好をしてそれを上下に動かした。
「え?」
「これだよ」
 上下するスピードが僅かに増す。
「もうやだ。とぼけないで」
 愛衣ちゃんは動作を止めて恥ずかしいのか顔を背けてしまった。
 僕はまさかと思った。
 他にどう考えられる?
 下ネタばっかりの奴と思われたくない。
 きっとアレによく似た何か別のまともな行為だ。
「マ、マラソン… 肩たたき… じゃんけん… とかかな…?」
 彼女ははにかむのをやめて向き直った。
「知らないの? 小学生でも知ってると思うけど」
「う…」
 無知を責められるのが恥ずかしかった。
 いや、でもさすがに口には出せない。
 女の子がそんなこと口にする筈がないし…。
 しかし馬鹿にされたままにしてはいけない。
 僕にだって少しくらいプライドはある。
「男の子はね、好きな女の子の前で自分の力を誇示しなくちゃいけないんだよ?」
「え?」
「他のオスに比べて自分の方が優秀だってメスに見せつけるの」
 それは、つまり、どういう? 僕は口を開けたまま固まってしまった。
「もう、ここまで言っても解らないの? オナニーだよ。オナニー」
「え!? えぇえ!?」
 驚愕の告白だった。


関連記事

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 自慰 オナ見せ

web拍手 by FC2

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 1000字前後。
★プレビュー小説!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月3回くらい更新。月間で約2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 6000字くらい。
★毎月25日に1話完結の短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 18.6.30
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました