FC2ブログ
インフォメーション!
2017.6.11★創作同人サークル『21世紀お遊戯会』のサイト制作中。7月にオープンになります。
2017.6.11★パブー様にて配信中のブロマガバックナンバーはアマゾン・koboでも取り扱っておりますが8月に廃止します。代わりに同人本を登録しようと思っています。
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
CM

初恋のあの娘の前で(1)2012-10-08(Mon)

「きゃぁ」
 強い風が吹いて美里の制服のスカートがふわりと捲れ上がった。
 次の授業は教室を移動しなければならない。その移動中の出来事だった。俺は偶然にも彼女の後ろを歩いていた。だから見てしまったのだ。
 美里の飾り気のない白いのパンツを。

 俺はどぎまぎしてしてしまった。美里は一緒に居た数人の友達と共に俺を睨んでいる。スカートを手で抑えて小声で俺のことを話しているみたいだ。俺は厄介なことになるのは嫌だと思って彼女たちを無視して急ぎ足で渡り廊下を通る。
 彼女は他の女子たちと違ってスカートの裾を短めにしている。美里はクラスでも浮いた存在だった。どちらかと言うと不良っぽい…、いや反体制…、違う…何と表現して良いか解らないが、先生の言うことを真面目に聞かないグループに属していたのだった。
 決して他の真面目な生徒達とは交わらない、社会をちょっと斜から見ているようなイメージ。かといって不真面目かというとそうでもなく授業にだってちゃんと出席する。成績も悪くはないみたいだ。それでもお前らとは違うという明確な意思表示としてスカートの裾を上げたり、少し茶髪にしてきたりして目立っていた。

 俺はそんな美里が好きだ。みんなと違って精一杯の自己主張をする美里。気が強くて、眼の力が強い。相手を射抜くような意志の強さが窺える。
 彼女とは小学生の頃から同じクラスで、美里が他校から転校してきたときは割と仲良くしていたものだ。だが進級するにつれ、今はあの頃ほど仲良くはしていない。

「見たでしょ?」
 美里と同じグループで早希というこれまた気の強い女子が、強い調子で僕に問いかける。美里の親友である。
「何?」
「だから、あんた美里のパンツ見たでしょ、さっき?」
 スポーティなベリーショートの早希。キッと目が釣り上がって俺を睨む。
「…。いや何のこと?」
「今、間があったじゃん。絶対見たな」
「何言ってるんだ。見てないよ、そんなもん」
「しらばっくれるわけ?」
 放課後のことだった。帰宅部である俺は早々と帰る用意をしていた。早希が話しかけてすぐ後に仲間の南と千代という二人の女子が俺の席を囲むように近付いてくる。
「ちょっと演劇部の部室まで来てくれる?」
「何で俺が? 嫌だ」
「人のパンツ見といて何その態度」
 早希は俺の机に手を乗せる。机を叩くような真似はしないが警察の取り調べっぽいイメージで威圧的だ。腕組みする南と蔑んだ目で俺を見る千代。逃がさないという意思が見て取れる。
「俺帰るから」
 俺はカバンを抱いて逃げ出そうと思った。
「用事あるんだけど?」
 彼女は強引に逃げ出そうとした俺の胸ぐらを素早く掴んだ。
「こっち来いよ」
 ぽっちゃり体型の南が俺の腕を掴んだ。こいつは背も高く力が強い。グッと握力で俺の腕が圧迫される。顔は可愛いのになんて力だ。
「いてっ何だよ。離せ」
「いいから一緒に来なって」
 南は強引に俺を引っ張って行く。俺はそのまま彼女たちと教室を出て演劇部の部室がある校舎の最上階へと上がった。

 俺はいつでも逃げ出せると思っていた。だから南に片腕を掴まれて連行されているときも不安は感じていない。いくら力が強いといっても女なんかに負ける筈がないと思っていた。だが演劇部に近づくにつれて早希たちの仲間の真悠子と深衣奈が待ち受けていた。
「おつかれ~」
 深衣奈は明るい調子で手を振ってくる。俺は危機感を募らせる。あの先輩はやばい。嫌な噂ばかりを聞く先輩だ。それに加え女子が徒党を組んだら力負けする可能性もある。これ以上俺を締めようとする仲間が増えるのはまずい。やはり今脱出するべきだ。
 だから俺は南の拘束を振りきっていきなり走りだしていた。
「あっコラ!」
 南が追ってくる。しかし早希のほうが足が早く俺の前に瞬時に躍り出た。
「くっ」
 俺はフェイントを掛けて横をすり抜けてやった。少し離れて後ろを歩いていた千代は突然走りだした俺に対処しきれないようで驚いた顔をしていた。
「あっ」
 小さく悲鳴を上げる千代。構わず俺は彼女を突き飛ばす。黒髪のロングでメガネをかけている千代。この子は成績優秀だが、南と違って腕力はない。彼女は突き飛ばされて尻餅をつく。その際にメガネが飛んで落ちた。
「いたぃっ」
「待て!このやろっ」
 早希が追いかけてくる。すぐに追いつかれ制服を掴まれる。俺は引っ張られてバランスを崩すがこれくらいで倒れはしない。逆に遠心力を使って振り飛ばしてやった。
「あんっ」
 早希はバランスを崩して転ぶ。転んだ拍子にスカートがめくれて柔らかそうな太ももが見えた。
「ふんっ」
 俺は鼻で笑う余裕があった。女なんてこの程度だ。楽々逃げられるぜ。
 急いで階段を降りる。だが俺は気が付いていなかった。いつの間にか真悠子がすぐ背後まで音もなく迫ってきていたのだ。階段の踊場で捕まった。
 真悠子は美里達より一年後輩でなんかの格闘技をやっているらしい。俺は制服の袖を掴まれて進めなくなるが、しょせん女の力なんかすぐに振りきれる。俺は腕を振り回す。くそっ、なかなか振り切れない。俺はやむなくカバンを振り回して真悠子に当てた。
「クッ」
 真悠子の手が離れた。俺は階段を一気に下りる。真悠子は尚も追ってくる。もう少しで階段を下り切ると思ったとき、背中に衝撃が走った。なんと真悠子が飛び蹴りを食らわしてきたのだ。俺は派手に廊下に転んでしまった。
「いってぇ!」
 二階の廊下では何人かの生徒が何事かとこちらを注目していた。少しざわつく。すぐに真悠子がうつ伏せに倒れた俺の背中に乗って腕を取った。
「イテテッ折れるっ!」
 真悠子は無言で俺の腕を締めあげた。後ろから南がやってきて足で俺の頭を踏んだ。
「コノヤロウ!」
 こうして俺は再び拘束された。他の生徒達が見ている前で俺は情けなくも女子に力で抑えこまれて連行されていく。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

tag : CFNM 官能小説 パンチラ

web拍手 by FC2
カテゴリ
Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
★基本的に毎週土曜日更新!
 小説というよりCFNMシーンだけを切り出したストーリーを掲載しています。
 1更新で1000〜1500字くらい。
★隔週金曜日にプレビュー小説更新!
 パブーブロマガ小説のショートバージョンを掲載します。
 1更新で1000〜2000字くらい。
★不定期更新でコラム記事を掲載!
 何か思いついたら書きます。目安は月一くらい。
Last Update 17.5.2
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

ランキング
最新コメント
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ツイッター
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

同人作品
CM
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ