FC2ブログ
インフォメーション!
★最近忙しいです。また連載ペース考え直さなきゃ。☆今キャットファイト小説書いてます。
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

『輪投げされちゃってバカにされる』後編2017-05-06(Sat)

 黄色の輪っかがひゅんと勢い良く飛んできた。
 輪っかは縦に回転しておちんちんに上手く嵌まらなかった。勢いがついて輪の外側が凶器となり、僕の包み込まれた亀頭にぺんっと当たったのだった。

「いっ…」
 輪っかは床にカラカラッと落ちた。
 亀頭を指でおはじきされたような痛みが走った。内股になり腰を引いてしまう。僕の肉棒は無様にゆらゆらゆらーんと揺れていた。

「あー。くっそー。入らんかった!」
「きゃはは」
 彼女たちはそれでも笑った。おちんちんに輪っかが当たったのがおもしろかったのだろう。
 刺激されたのが原因なのか尿道口からじわとガマン汁が溢れ出てくるのだった。

「あっコイツ、ガマン汁垂らしてる!」
「興奮しすぎじゃね」
「も一回やらして! 次は入れるから」
 赤い輪っかを持った絵里花が真正面に立つ。
「駄目だよ。次は私ね!」
 机から降りた雪流が絵里花の輪っかを取り上げる。短いスカートがめくれてパンツが見えそうだ。僕は目を血走らせて注目した。
 うつむき加減の僕の顔が少し上がる。雪流の白い太ももから目が離せなくなってしまった。

「いやっ なんか足見てるっ こわっ!」
「雪流、外すなよっ」
「でもうまく入れると興奮しちゃうよコイツ。ほら見てっ 先っちょから汁がいっぱい。床が汚れてっし!」
「おかしいよね? おちんちんで遊ばれたら男子のプライドってズタズタなんじゃない? こんなに興奮して悦んじゃうなら罰にならないよー」
「いやでも泣いてるじゃん。悔しいみたいだぜ?」
「そんなことないよっ 嬉し泣きだよきっと。あんなにおちんちん反り返ってるし、ガマン汁もだらだら垂れ流しなんだもん。嫌だったら小さくすればいいんだからね」
 三人娘は言いたい放題だ。

「写メ撮ってやったら恥ずかしいんじゃね?」
「あイイね。みんなにも見せてやろ」
「じゃ、あたしムービー撮るわ」

 雪流が構える。隣で絵里花が動画モードで撮影し始めた。ブルマ姿の綾乃が僕の周りでカシャリン♪カシャリン♪と写真に収める。

「とりゃっ」
 雪流が輪っかを投げると、勢い余ったそれは僕の顔に向かってきた。鼻先にコツンと当たって落下する。
 しかし奇跡的にスポンと肉棒に嵌った。

「やっりー♪ 入ったー♪」
 バンザイして飛び上がる雪流。

「着替えを覗こうとしたやつの末路な。この包茎チビッ」
 吐き捨てるように絵里花がムービーを回し続ける。

「きゃはっ おちんちんを輪投げの棒にされて、泣いて悦んでまーす。ボク変態でーす」
 綾乃が解説を加える。ムービーを見る女子に向けてのナレーションだろう。

 挿れる膣もないのに、女子の前でみっともなくガチガチに勃起した肉棒だ。情けない音を立てながら輪っかが嵌ったのだ。根本にオレンジと赤の輪っかが下げられ、その間抜けな姿はしっかりと記録されるのだった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連記事

tag : CFNM いじめ 男性羞恥 輪投げ

web拍手 by FC2

『輪投げされちゃってバカにされる』前編2017-04-29(Sat)

「いくよー」
 ひゅんと小さな輪っかが飛んでくる。レクリエーションゲームで使っていた備品の輪っかだ。本来は輪投げをして遊ぶものである。
 それをこいつらは間違った遊び方をしていた。

 僕は全裸でおちんちんをギンギンに勃たせている状態だった。見事に反り返って牡鹿の角のように立派なおちんちんだよ。
 その硬く屹立した男のシンボルを、3人の女子たちは鼻で笑っていた。

 全裸の僕に対して絵里花と雪流はセーラー服姿。綾乃は体操服姿だ。紺色ブルマの女子が僕の真正面に立っていた。
 綾乃が小さな輪っかを投げたのだ。弧を描いて、すぽんと勃起した肉棒に嵌まり込んだ。
 かららんと輪っかは肉棒の周囲を回って根本へと落ちていく。ちょうどフラフープで遊ぶ女の子のような感じだった。

「きゃははっ 入ったー!」
「やるな綾乃っ」
「うまいっ あははっ」

 女子たちは手を叩いて輪投げが成功したことを喜んだ。
 僕のおちんちんは女子にバカにされているにも関わらず勃起したままだ。日常的な恰好の女子に対して僕は生まれたままの姿。すっぽんぽんという恥ずかしい恰好。靴下と上履きだけを身につけることが許されていた。
 ガッチガチに勃起した肉棒にはオレンジ色のおもちゃっぽい輪っかが下げられている。

「きゃはっ 間抜けだねー。女子の前でちんこ勃たせて輪投げされちゃって!」
 綾乃がぴょんと飛び上がって喜んでいた。
「首飾りみたいだなっ てゆーか、ちんこ飾りっ ひひっ」
 上着のポケットに手を突っ込んだ絵里花が小さく笑う。

「くっそ…」
「なに? 言いたいことあるの? 嫌なら勃起してないで萎ませたらいいでしょ!」
 雪流が机の上に座ったまま足をパタパタさせて、可愛らしい顔をニヤニヤと歪めた。

「そうそう! ホントは遊んでもらえて嬉しいんだよね? 変態ちんぽくん?」
 綾乃が僕を下から覗き込むようにして聞いた。
「だってそんなにカチンカチンに反り返らせるなんて、好きでやってるに違いないよ」
「綾乃と雪流の言う通りだ。自ら進んで大っきしてんだからよ!」
 フッと鼻で笑う絵里花。

 僕が生きた人間であることを除けば、彼女たちは単純に輪投げを楽しむ若い女の子たちだ。こんなことが許されるだろうか。
 男としては許せるはずもない。
 おちんちんは男の子のプライドの代名詞なのだ。強い男性を象徴するものであって、女子たちはうっとりと挿れてほしそうな表情をするのが流儀である。

 それをこの同級生のバカ女子どもはおもちゃ扱いだ。
 悔しくて情けなくて堪らない。
 僕は気をつけをしたまま少しだけ腰を引いた状態で涙を堪えた。

「次はあたしな。そらっ」
 普段は見せない笑顔を絵里花は垣間見せてくる。笑うとけっこう可愛いんだなと思う。
 色気づきやがって。
関連記事

tag : CFNM いじめ 男性羞恥 輪投げ

web拍手 by FC2

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 1000字前後。
★プレビュー小説!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月3回くらい更新。月間で約2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 6000字くらい。
★毎月25日に1話完結の短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 18.6.30
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました