FC2ブログ

お知らせとか17.8.262017-08-26(Sat)

 今回は通常小説をお休みします。
 その代わりに後半でブロマガのお試し版を1000字程度掲載致します。
 今週は遅まきの夏休みということで。


 夏休みといっても仕事関係でスケジュールが詰まっているので小説に手が回らないのが真相なわけですが…。ブログの更新ルールが乱れるくらいにはイレギュラーの仕事が重なりました。ほとんど書き下ろしでやってきたので、今後は書き溜めを作るようにしていこうと思います。

 というわけでブログの更新ルールはしばらく【週一】で【1000字程度】は書き下ろしつつ、制作の体制を見直していきたいですね。


--
以下は男子VS女子開戦の章の一部抜粋です。
男子軍リーダーの公開処刑が終わった後、主人公は好きな女の子に家まで送ってもらった。少女は激しく金蹴りして男子をイジメたので、みんなの居ないところで金玉をアフターケアしてくれるようです。何か企んでる女の子っていいですよね。



 僕は汗だくで一糸まとわぬスッポンポンなのに、枡田はごくごく日常的ないつも通りを保っていた。

 この対比は男が女の子に責められているみたいで格好悪いと感じた。たぶんこういうのは男のほうが女の子の服を積極的に脱がすものなのではないのか? 何だか悔しい。枡田に格好いいところを見せたい、強がりたいと思ってもやはり駄目なのだ。僕は彼女の手のひらの上で転がされるだけ。ガバッと足首を掴まれてさらに足を広げられる。
 ぶらららんとおちんちんが揺れた。
 女の子に襲われているみたいで男らしさの欠片もない僕。悔しいけど枡田の前では女の子みたいになってしまう。所在なさげに僕の両手は胸の前で軽くクロスしている。まるで女子が胸を隠すみたいな仕草だ。
「な… ぁあ…?」
 何をされるのだろう。
 期待と恥ずかしさで僕は既にアヘ顔になっていた。
「治療だよ。お医者さんごっこだね。ふふっ 舐めてあげる」
 そう言って枡田は覆い被さる。両足が耳の横に付けられてしまう。ちんぐり返しだ。金玉の裏側やお尻の穴まで恥ずかしいところが余すところなく少女の前に開陳された。
「ふーん。ひくひくしてる…」
 小声でお尻の穴がどのように動いているのかを実況されてしまった。

 枡田は舌を出して顔を股間に近づけた。ぺろっと金玉が舐められる。
「あっ…」
 小さな刺激に全身がびくんっと跳ねてしまう。それを抑え込むように枡田の両手は僕の太ももの裏側をしっかりと捉えた。ベッドに抑え込まれ、身動きができない。なんて情けないんだ。女の子に力尽くで抑え込まれているこの姿は誰にも見せられないよ。
 ぺろぺろ
 身体が抑え込まれ動けない代わりにおちんちんが、ぴくぴくんっぴくぴくくぅんっと暴れた。ガマン汁が締まりが悪い水道の蛇口みたいにぽとぽとと水滴を落とす。ずいぶんと粘着質な水滴だ。どくどくと溢れ出てしまい、僕が気持ちよく感じてしまっている様子を如実に少女に伝えているのだ。
 ぺろっ
 ぺろぺろっ
 ぺろぺろっ

「ぁあっ ああっ んあっ…」
 責められて声が漏れてしまう。自分の意志で抑えられなくて思わず片手で口を塞ぐ。枡田は僕の反応を見ながら愉しんでいるようだった。
 枡田はさらに大胆な行動に出る。
「あぃヤぁっ」
 金玉が枡田の口の中に挿れられてしまう。小さな口の中でコロコロと転がされる。舌の上で四方八方に金玉が移動する。もぐもぐと甘噛されて湿った舌で撫で撫でされて可愛がられた。僕はお母さんに撫で撫でされるみたいに気恥ずかしさと安心感に包まれる。もうそろそろ親離れしなければならないのに、もっと甘えていたい。赤ちゃんが泣き喚くようにして僕はあんあんと泣いていた。
「んはぁん… あはっ ぁっ ぁっ ああん…」
 コントロールできないくらい喘いでしまう。
 女の子の前で女々しい喘ぎ声で泣く僕。枡田は舌だけで僕を手玉に取る。舌の上で2つの金玉がコロコロと転がされていた。肉棒は放ったらかしにされて、それでもヨダレを垂らし続ける。必死で女の子を口説くように暴れる下賤な肉棒は、高貴で可憐な少女の前では軽くあしらわれてしまうのだ。相手にされない男の哀しい姿のようだ。
 僕は完全に枡田の手のひらの上だ。
「ンフフッ」
 転がされて撫でられクスクスと笑われている。命を握られた感覚だ。ぷちっと歯を立て、殺そうと思えばいつでも殺せるし、言うことを聞かせることもできる。いい子いい子して僕を図に乗せるのも自由だ。
 僕は枡田の手駒なのだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : CFNM 男性羞恥 官能小説

web拍手 by FC2

【プレビュー版】全裸ドライブで(1)2017-07-14(Fri)

 これは僕が高校を卒業したばかりの頃の物語だ。

「三遍回ってワンッて言って」 
 榊さんは僕を全裸にさせるとそう命令した。

 真夜中の公園で僕はおちんちんが勃起しちゃった状態だ。前を隠すこともせずに気をつけの姿勢でコクリと頷く。
 靴もメガネも腕時計も整髪料もない。正真正銘 生まれたままの僕の姿を榊さんはつまらなさそうに眺めていた。
 化粧をしてマニキュアも塗って、茶髪に染めた髪もキレイだ。肉感的なジーンズにキャミソールというボディラインが浮かび上がっている。白い肌を見せているのは腕の部分だけで後は完璧に服を纏った状態であり、僕とは真逆である。

 唇がぷにっとしていて少し開いている。とろんとした目と大人可愛いメイクに引き込まれそう。彼女は軽く腕を組んで片足に体重を乗せ、首を傾げて僕のみっともないおちんちんをシゲシゲと見る。
 大砲のように砲身を持ち上げて挿入準備、発射準備ともに完了している。プルプルと震えてはいるが胸を張って腰を前に突き出し、できるだけ堂々と立派に振る舞った。
 ビビっているとバレないようにするだけで必死だ。

 僕はその場で犬のように自分の尻尾を追いかけるがごとく、駆け足で回った。ザッザッザッと地面の砂が舞っている。硬くなった肉棒はまさに尻尾みたいに横揺れしてバカみたい。
 外灯からやや離れているのが救いで、明るいところで見られたらと思うと死にたくなるくらい恥ずかしい。

 榊さんのほうが歳上だけど身長は僕のほうが高い。僕は鍛えているので胸板はあるほうだ。華奢な榊さんと比べれば、当然だが暴漢を撃退するだけの体格を持っている。立派な成人男子であるにも関わらず、女性の前で命令されるまま、おちんちんをブラブラさせて走り回る姿は実に滑稽だ。
 同僚や友人の前でやるような行為ではない。

「わぁん!」
 ピタリと足を揃えて急停止し、すかさず姿勢を正す。指先を伸ばして気をつけをし、胸を張った。榊さんの望みどおりの言葉を放って僕は舌を出しハァハァさせていた。
 恥も外聞もない僕の彼女への忠実ぶりは、ペットかプログラムされたロボットのようなものだ。あるいは玩具の兵隊か。しかし兵隊のようにピタリと止まったはずなのに、おちんちんはゆぅらゆぅらと宙空を漂った。
 体操の選手が最後の最後で着地を美しく見せられなかったようなもの。
 勃起した硬い肉棒は止まることができずに、はしたなく尻尾を振るみたいに揺れ続ける。榊さんは「駄目な子…」という瞳の色だ。失望しているのかも知れない。
 僕は彼女に気に入られたい一心だが、興奮して尻尾を振っちゃうような駄犬では飼って貰えそうにない。審判を待つように僕は目をつぶって見捨てないでと祈るしかなかった。

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 ドライブ

web拍手 by FC2

【プレビュー版】プール開きで(4)2017-06-16(Fri)

 とても穏やかだ。
 深海蒼空(ふかみ そら)はベンチに座ってプールの喧騒を眺めている。蒼空はオフホワイトのスカートに深い青の袖なしブラウスという服装だった。
 日陰になっていて、彼女の白い肌を焼くような陽射しは届かない。喧騒も遠い。
 “見学”と言っても何も学ぶことがないのだなと、改めて蒼空は思う。


 副学級委員のマリリンが怒った様子で駆け寄ってきた。
「深海さんの言う通りっ。やっぱりあいつが怪しいよ。あんなにムキになるなんて」
「そうかい?」
 蒼空はフフと微笑んだ。

「夏男と冬彦にやらせたんだけど、あんなに抵抗するなんて。これで薬師丸ミツルが犯人に決まりよっ」
 マリリンは両手で顔の水滴を払い、ミツルのほうを睨んでいる。ポタポタとスクール水着から垂れる水滴がコンクリートを濡らしていった。

「おちんちんぐらい見られたって男子は平気なはずなのにねっ」
「それは知らないけど」
 蒼空は友人のずいぶんな言い草に思わず笑ってしまった。

 このクラスで「水着下ろし」の悪戯に遭っていないのはミツルとリュウシン、それから守谷のグループだけだ。合わせて5人。彼らの中に陰毛の持ち主がいると思われた。
 他の生徒は脱がしてみないと解らないが、昨年までの状況と同じなら、まだ毛は生えていない。従って、アンコのペンケースに陰毛を入れるという悪質な悪戯の犯人は5人の内の誰かが有力だ。陰毛の生産者と仕掛けた者がイコールである可能性が高いと思う。

 マリリンやアンコたちに相談を受けて、蒼空はそうアドバイスした。
 よくもそんな程度のアドバイスでミツルを犯人と断定できるものだなと思う。まだ断定するような証拠は何もない。

「こうなったら全員脱がしてやるわ」
「がんばりたまえ」
 蒼空はウンウンと頷いた。

 10日ほど前だっただろうか。マリリンやアンコたちは陰毛の犯人を躍起になって捜し始めた。蒼空のアドバイスに従い、夏男と冬彦の悪戯コンビを使って「水着下ろし」をしようという話になった。おちんちんに毛が生えているかどうかをチェックしていくのだ。
 これが今、目の前で行われていることだった。

「ひゃー」
 さっそく出っ歯でオカッパのチビ太が餌食になっていた。ミツルを諦め、チビ太にターゲットを変えた夏男と冬彦。彼らに羽交い締めにされ、チビ太は女子の目の前で無理やり水着を下ろされていた。
「やめてぇ!」
 ぽろんとおちんちんが露出する。
「ぎゃははっ」
「キャー」
 周りの男子が腹を抱えて笑い、女子たちは悲鳴を上げながらも苦笑いしている。
 プールサイドで繰り広げられたそれは、どこか外国の出来事のようだ。テレビでも見ている気分。蒼空はチビ太の包茎おちんちんを見ながら思う。

「ツルツルだわね」
 マリリンがフンスと鼻息を荒くした。小さくて生っ白い無毛のおちんちんを、小馬鹿にしているのだ。彼が無毛であることが解った。これでチビ太は白だ。
「夏冬コンビに、男子全員脱がすよう命令しておいたわ」
「可哀想に」
 蒼空は心にもないことを言ってみる。

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 水泳

web拍手 by FC2

【プレビュー版】プール開きで(3)2017-06-02(Fri)

 フェンスを背にしたり女子に近づかなければ、無様に脱がされるなんてことはないのだ。俺はゴミクズたちとは違う。絶対に脱がされるはずもない。

 ジャバジャバと夏男と冬彦が正面から近づいてきた。プールサイドに座っていた俺は重たい腰を上げる。俺はフェンスを背にして後ずさった。「ひけけ」「むしし」と笑いながら彼らはプールから上がってくる。

「なんだ?」
「ひけけっ。水着下ろしされてねぇやつはオレたちエジキだ!」
「むししっ。大人しくチンコ晒せよっ」
 夏男と冬彦が近づいてくる。至近距離に女子はいないはずだ。どうやら今年は正面突破、しかも女子の目が遠くても構わないらしい。目的が「女子の前で辱める」から「何でもいいから水着を下ろす」に変わったようだ。

「うりゃ」
「チッ ゴミめっっ」
 俺は襲い掛かってくる夏男の右手を取る。その隙きに冬彦が横に回り込んだ。彼も手を伸ばしてくる。それを払い除けて冬彦の水着に手をかけてやった。
「ひけけっ。今だ!」
 夏男は空いている左手で俺の水着に手をかけた。引き下ろそうと左手を下げる。しかし固く結んだヒモのせいで簡単に脱がせはしない。
「くそう」
 冬彦は自分の水着に手がかかって意外だったのだろう。慌てていた。水着を下ろされる側に回るとは思っていなかったらしい。

「カスめがっ」
 俺は冬彦の水着を太ももの辺りまで下ろしてやった。ズボラなやつなのでヒモで結んでいないのだ。水気を吸ってこれ以上は脱がしにくい。
 ぷりんっとおちんちんが露出していた。

「きゃー」
「やだー」
 甲高い女子たちの悲鳴が遠くから湧き起こった。離れていても注目はしていたようだ。自由時間でみんなそれぞれ遊んでいるように見えても、性的な悪戯は目ざとく見つけるのだ。
「あははっ おちんちんだ! また男子がなんかやってる!」
 遠くでナナが笑っている。
「きゃははーっ かわいそー!」

 冬彦のおちんちんはすっぽりと皮に覆われて、真っ白でつるんつるんだ。仕掛けに行って返り討ちに遭うという辱め。女子たちはしっかりと目線をおちんちんに向けていた。
 “毛”があるのかどうかのチェックも兼ねているのだろう。

「むきー。やめろっ」
 冬彦は焦って、それ以上脱がされないよう水着を引っ掴む。
 俺はそのまま二人を引き連れてプールに近づいた。まずおちんちんを出しっぱなしの冬彦に蹴りを入れてやった。どんっと蹴られて彼はプールに沈む。近くを泳いでいた副学級委員のマリリンが「いやんっ」と悲鳴を上げた。盛大に水しぶきを浴びたようだ。
 俺は構わずに、今度は夏男の水着に手をかけた。尻のほうだ。
「な!?」
 こいつらはどうしてこうも浅はかなのだろう。
 俺は夏男の水着も下ろして半ケツ状態にさせる。焦った夏男は自らの手を離して水着の防衛に回した。
「地獄へ落ちろ!」
 俺は夏男を蹴り飛ばしてプールに落としてやった。

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 水泳

web拍手 by FC2

【プレビュー版】プール開きで(2)2017-05-20(Sat)

 前田アンコは両足を肩幅に広げて仁王立ちしていた。
 一年生の頃から俺に突っかかってくる変な女だ。

 紺色のスクール水着を身に纏い、髪を後ろで結って短めのテールをつくっている。意思が強く芯の太そうな眉に尖らせた唇。赤いほっぺに低い鼻。こまっしゃくれた顔だ。ペチャパイの癖に胸を張りやがって。
 靖奈(やすな)という立派な名前がムカつくので「やす」を「安」に変えて、「安子」というあだ名をつけてやった。甘いものを好み、餡こが取り分け好きらしいので「安子」が「アンコ」に変容していったのだ。

 隣にはヒヨコが申し訳なさそうに佇んでいた。
 本名、後藤雛子は俺好みの女子だ。丸顔で意志薄弱。男がしっかり手綱を握ってやらないと駄目なタイプだろう。一人では何もできないような華奢な女だ。頬をペチンと張ってやれば何でも俺の言うことを聞きそうなところがいい。
 おどおどした目と所在なさ気な手、ぷっくりと膨らんだ胸の辺り、内股で細い太もも。どれをとっても男の征服欲がそそられた。

 女子たちは男子たちより早く着替えてプールに集合していた。スクール水着の女子たちがわんさと居る。お喋りに興じて煩いったらない。女子というのは喋るしか能がない生き物だから困るぜ。

「ちょっと男子っ もう授業始まるのに遅いでしょっ」
 プールサイドに集まった女子の群れからメガネキャラの女が出て来る。
 中川鞠鈴(なかがわ まりりん)は俺の一番キライな部類に入る人間だ。
 メガネの奥の釣り上がった鋭い目。硬く結ばれた唇。正義感に溢れた態度。どれも癇に障る。副学級委員長だが、その振る舞いは「副」ではなかった。大らかなリュウシンと違って細かいことをチクチクとのたまう女だ。どうでもいいことを問題提起し、さも大問題かのように喧伝する。まるで民●党の女党首かよと思う。尻がでかいことだけは評価できるが、他は見るべきところはない。

「ったく…」
 俺は目を逸らして無視してやった。
「プール開きであいつらテンション上がってんだ。許してやってよ」
 リュウシンがニコニコと相手をしてやったようだ。

「べ、別にあんたたちのことなんて心配してないんだからね!」
 なんだ、マリリンのやつ、頬を赤くしやがって。

「あーしぃ、水泳で金メダル取りたい! そんでみんな幸せにすんだあ!」
 べらべらと一人でまくし立てているのは奈々だ。
 中目奈々(なかめ なな)はバカで有名な女である。まず算数ができない。そして国語も怪しい。体育と図工だけはズバ抜けて良いのだが他は全滅だ。身体は小さいくせにパワーはある。女版のトンタと言っても過言ではない。
 色黒で、常に開いた口。八重歯に、夢見がちそうな目。ちょんまげのように結んだ髪。身体のラインはほっそりとして、身体をくねらせているせいか胸やお尻が強調されていた。つまりエロい。
 断言してもいいがコイツは将来ヤリマンになる。ギャル化してスポーツのようにセックスを楽しむに違いない。間違っても金メダルなんて取れないだろう。

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 水泳

web拍手 by FC2

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を少しずつ書き下ろしで載せていきます。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でプレビュー小説 更新!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 400円で月3・4回更新。月間で2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 4000字くらい。
★毎月25日に長編小説を更新!
 長編小説でおちんちんをイジメます。
 1記事 10000字くらい。
★毎月1日にコラム記事か短編小説を更新!
 一話読み切り形式。3月まで休載中
Last Update 18.1.1
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM