FC2ブログ
インフォメーション!
2018.4.21★今回から「肝試しで」を書いていきます。怖くても怖くないと言い張ることが男のプライドであります。ビビってる恰好悪い姿など女子に見せられません。ましてや失禁など! ブロマガのほうでも時系列を同じくした長編を始めます。

ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

『女子のお誕生日会ですっぽんぽん男子』2017-05-13(Sat)

 またサトシに騙された。

「ぬーげ! ぬーげ!」
「あははっ」
 めかしこんでお上品な洋服に身を包んだ女子たちが俺を取り囲んでいた。

 俺は紙皿を股間に充てながら自らの手でブリーフを引き下ろしていく。

「きゃーっ」
「やだっ。ほんとに脱いだっ!」
「いやぁ… きも…」
「女子の前でバッカじゃないの?」
「やだー」

 悲鳴や批難めいた女子の言葉が降り注いだ。それらは予定調和のものでしかなく、本当に驚いた様子はない。むしろ俺の裸をガン見している。拍手して笑っている者もいた。
「くそっ…」
 俺はブリーフを足から引き抜いて背後にぽいっと捨て置いた。

 広いリビングには8人もの女子たちが詰めかけて、ソファに座ったり床に寝転んだりしていた。俺の背後には庭に出るための窓があるだけだ。

「さ、草凪。早く芸してみてー」
 笹木は腰に手を充てて、ニヤニヤと命令してきた。

 今日は中邑のお誕生日会だというので彼女の家にクラスメイトが集まった。女子ばかりじゃつまらないから男子も呼ぼうということで男子も呼ばれていたらしい。それでサトシに声をかけられた俺は乗り気でもないのに中邑の家を訪れた。男子は俺以外に4人は居るはずだった。

 しかし現れたのは俺だけ。完全に騙されたわけだ。笹木を始めとして女子たちは「なんで来たの?」みたいな目で見てきやがった。男子は呼ばれていなかったのだ。

「待てー! 変質者!」
 俺は小さな紙皿を股間にぴったり張り付かせて、走るアクションやジャンプしてみたりした。俺はプレゼントを持ってこなかったので代わりに隠し芸を披露する羽目になったのだった。
 サトシが男子代表で用意しておくと言っていたから持ってこなかっただけなのに。

「ツヨシ100%だ! あははっ」
「いまちんちん見えた!?」
「いやぁだー」
 女子たちは大いに笑った。屈託なく心から楽しんでいる。
「俺ですかー? 俺は丸腰デカですよー!」
 俺は顔を真っ赤にしながら寝転んだり踊ったりした。女子たちのキラキラした目が俺の股間に集中して紙皿が落ちないかをガン見する。紙皿から一瞬だけ手を離す。すぐにもう片方の手で紙皿を抑えた。同じことを何度か繰り返した。ケタケタと笑い転げる女子たち。完全にコケにされていた。
 だが、我ながら100%の出来だ。完璧におちんちんは隠れて一切見られることはない。

「ショートケーキが一個乗る程度の紙皿で隠れるおちんちんって、どんだけ小さいの?」
 きゃははっと笹木はガヤを飛ばす。ドッと受けて女子たちは大笑いだ。俺は小さいと言われてムカッと体温が上昇する。

「あらあら」
「バカでいいよね。男子って」
 ダイニングで中邑のママやお姉さんが笑っていた。俺が子どもだと思って娘たちの愚行を止めない無能な大人たちめ! 子どもなら見られても恥ずかしくないとでも言うのか。

「あーっ 見えてる見えてるっ」
 うふっと中邑がオレンジジュースを片手に指摘する。
 そんな馬鹿なっ。
 完璧に隠していたはずなのに。失敗したのか? 俺は焦る。

「ほんとだ。ぷぷっ。お尻丸出しだ」
「窓に映ってるわよ」
 みんなが手を叩いて笑う。
 背後のガラス窓にお尻が映っていたらしい。俺は後ろを振り向いてガラス窓にお尻が映っているのを確認してしまった。丸見えだ。カーテンを閉めておくべきだった。
 好きな中邑に見られてオタオタとしてしまう。

「ぎゃ」
 俺はひっくり返った。
 笹木の言葉に身体が熱くなり、無能な大人に苛立ち、中邑の指摘に焦って自分のブリーフを踏んだのだ。バナナの皮のように機能して、俺は盛大に転ぶ。大股開きで両手を後ろについた。
 紙皿が落ちて、ツルツルで短小の包茎フニャチンが開陳されてしまった。

「やだ! おちんちん出ちゃった」
「失敗してやんの。もっと芸を磨かないとダメね」
「うわ 小さ」
「きゃはっ 丸腰ツヨシだ」
「ヘタクソー」

 ムクムク…
 おちんちんが勃起し始める。女子たちに笑い者にされて股間が硬くなっていくのを感じた。俺は急いで紙皿で隠すのだった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : CFNM 男性羞恥 お誕生日会 裸芸

web拍手 by FC2

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を少しずつ書き下ろしで載せていきます。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でプレビュー小説 更新!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 400円で月3・4回更新。月間で2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 4000字くらい。
★毎月25日に長編小説を更新!
 長編小説でおちんちんをイジメます。
 1記事 10000字くらい。
★毎月1日にコラム記事か短編小説を更新!
 一話読み切り形式。3月まで休載中
Last Update 18.1.1
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM