FC2ブログ
インフォメーション!
★ユ○クロでパンツ買いました。店員の若いお姉さんに商品を手渡すとき何か感じるものがあります
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

『全裸で締め出される男子』後編2017-06-24(Sat)

 今まさに閉まらんとするドアを両手で力を込め、全力でドアを開ける。

 陽菜乃が「うきゃぁ」と地面にひれ伏す。K介は勝ったのだ。

 しゃがみ込むK介。
「大丈夫か吉川!」
 K介は陽菜乃の顔の近くに陰茎をぶら下げていた。陽菜乃は顔を上げる。目の前に男性自身がぷらりんぷらりんと揺れているではないか。
「みゃーーーー!!」
 ストレートパンチを放つ。
 陽菜乃の拳がK介の金玉を撃ち抜いた。

 ぱっちこーん!

「ぉうち!!?」
 無防備な股間を弾かれてズキッとなり、身動きが取れない。小ぶりな女性らしい拳だ。加えて陽菜乃は転んだ姿勢のままなので大した威力はないが、それでも強大なダメージだ。K介はパクパクと口を動かし、一瞬にして冷や汗を垂れ流した。
「せ、せんぴゃい!? おちんちん出しっぱなしでしゅよ! 駄目じゃないですかあ! 見せないでください!」
「あおう… おいえぃ…」
「おちんちんがぁ! おちんちんがぁ!?」

 陽菜乃はパニックだ。
 大好きな先輩が包茎で短小だったことにショックを受けたのか。いや、全裸で夜這いをかけに来たことにショックを受けたのだろうか。

 一部始終を見ていた通りかかりの女性。駆け寄ってくる。
「ちょ、ちょっっと! なにやってるんですか!?」
 ヒステリックに叫ぶ30代の女性。「ケーサツ呼びますよ!!」と大声で喚いている。

「ま、まず… い」
 K介はフリチンのまま陽菜乃の部屋に入ろうとするが、陽菜乃は部屋に入られたくないのかK介の足首を掴んで阻止をする。
「せんヴァイぃぃ… 駄目ぇ… 強引しゅぎますー!」
 何を勘違いしているのか異常に力がこもっていた。

「コラ~! 警備の人、呼びましたからね!」
 隣の部屋にいた別の30代の女性が駆けてきた。やはり通報されていたらしい。2人の30代女性が一緒になってK介を廊下に引きずり出そうとする。
「いでぇぇ!!」
 両腕を引っ張り、髪の毛を掴まれ、廊下に引き倒されてしまった。
「ここは女性専用フロアですよ! 変態! 粗末なもんぶら下げちゃって!」
「この変態、この娘を襲ってたわ! 痴漢よ!! 警察に突き出してやる!」
「よく見たら包茎じゃないの! 包茎の癖に女の子に手を出そうなんて100年早いですよ! 包茎なんだから家に閉じこもってふとん被って出てくるな! この包茎!」
「そうよ! ド変態! ちんぽこチョン切ってやろうかしら!」

「せんぴゃひ! 部屋にお帰りくださーい!」
 陽菜乃は彼の胸をグイグイ押して自分の部屋から遠ざけようとしてきた。
「ひぃい」
 K介は身の危険を感じ、奥義を繰り出す。
「たーたーたー」

 もみ、もみもみ…
 もみもみもみもみもみもみ!

 3人の女性のおっぱいを高速で揉み揉みする。もみ回しておっぱいの感触を手のひらいっぱいに感じた。右乳、左乳、右乳、右乳、左乳。
 目にも留まらぬ速さで脂肪の柔らかさを堪能した。服の上からでもボリューミィなおっぱいをしっかりと味わう。
 陽菜乃も女性たちも「きゃああ!」と悲鳴をあげてK介から手を離した。

 フリチンのままダッシュして、K介はエレベーターに走った。ボタンを押すとちょうどドアが開いて中に滑り込む。
「!?」
 エレベーターの中には40代くらいの女性と10歳くらいの少女が目をパチクリさせているではないか。

 扉の向こうには陽菜乃や他の女性、それから警備員が走ってやってくる。止むおえない。
 エレベーターのドアを閉めて1階へと降りていく。 

「ひぃ! 見ちゃ駄目!」
 40代の女性は子どもの目を両手で後ろから覆っていた。しかし少女は指の隙間から情けなくもぷらんぷらんとしている陰茎をしっかりと見つめていた。
 じぃーっと不思議なものを観察する。「わぁ…」と口を開けて興味津々のようだ。

 K介は扉が閉まってから両手で股間を隠し、女性たちに背を向けた。下に着くまで気まずい空気が流れる。

 ちーん

 1階には追加で現れた警備員たちと先回りして階段で降りてきた女性たち、そして陽菜乃が待っていた。
「降りてきたわ! 変態!」
「ゴー姦魔!」
「そんな格好で歩いちゃ駄目ですぅ! せんぴゃーひ! うぇーん」
 陽菜乃は目をぐるぐるさせて泣きながら腕を振り回してきた。

「く… そぉ…」
 K介は飛びかかってきた警備員に捕まり、怒った女性たちにビンタされてしまった。

 パァーン!
 パァーン!
 パッパァーン!!

「うひぃ… 受付のお姉ぇさーん。鍵をーーー!!」
 ちらりと見えた受付には暗そうなオッサンが立っているだけだ。受付のお姉さんは交代したらしい。憐れみの目でK介を見ていた。
 全裸の男は服を着た女性たちに見守られて連行される。

 最後に少女が「ばいばーい、変態さーん」と手を振るのであった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : CFNM 男性羞恥 全裸歩行 オートロック

web拍手 by FC2

『全裸で締め出される男子』前編2017-06-17(Sat)

 ※これはある海外の有名動画からヒントを得た小話。


 カチャン…。

 それは絶望の音だ。

 小井手K介。
 33歳男子 大手商社営業マン。妻子持ち。
 高身長、高学歴。

 裸族。

 地方に出張の際、泊まったホテルで起こった災難だった。ルームサービスの食器を廊下に出して部屋に戻ろうとしたときだ。
 ドアはオートロックされて、二度と開くことは叶わなくなった。

 出世街道を驀進して重役となり、やがて政界に進出などと考えていた時期もあった。野球選手に憧れたり、好きな娘に告白して振られたり、俳優の真似事をしていたこともあった。いろいろなことが走馬灯のように頭の中を駆け巡る。
 短くも楽しい人生だった。

 ガチャガチャとドアノブを回すが開くことはない。ドンッと扉を叩いて男は項垂れる。

 廊下は静寂に包まれ、外気はひんやりとして気持ちがいい。廊下の向こうから足音がする。静かな足取りで男が歩いてくる。
 K介はササッと角に張り付くようにして隠れた。尻だけを廊下に向けた状態だ。男はギョッとしながらも何ごともなかったかのように通り過ぎていく。関わり合いになりたくないのだろう。

 胸をなでおろす。
 不審者には思われなかったようだとK介は安心する。

 上の階には後輩の吉川陽菜乃(よしかわ ひなの)くんがいるはず。彼女のところへ行こう。
 K介はフロントに行くかどうか迷ったが、受付は確か女性だった。同じ女性に見られるなら知り合いのほうがいい。
 高学歴でクソ真面目なK介は下心なく真剣にそう思った。

 K介は両手を股間に置いて背を丸め、しゅたたと廊下を歩いて行く。フリチンで公共の場を歩くなど初めてだ。飲んでいた酒の酔いなど冷めてしまった。焦りや羞恥心でいっぱいだ。
 エレベーターホールにやってきた。
 階段を使ったほうが早いだろう。脇の道へ逸れて階段を上がる。幸い誰にも遭わず上の階のエレベーターホールに到着。陽菜乃くんにバスタオルか何か貸してもらい、フロントに連絡してもらおう。
 K介はエレベーターホールに備え付けられた電話機を通り過ぎて後輩の部屋を目指した。
 確か507だったか…。曖昧だ。
 しゅたたと廊下を進んで507のインターホンを押す。中から人が出てきた。
「はーい?」
「あ、吉川くん!」

「キャーッ!?」
「ぁ、違った…」

 見知らぬ30代の女性がボーッとした様子で出てきたが、K介の肉体を見てすぐに扉を閉めた。「何なんですか! 警察呼びますよ! 変態!」と中から聞こえてくる。
 まずいと思ってK介は扉をすぐに離れた。
 506か…。
 インターホンを押す。数秒間の沈黙。隣の部屋の女性が通報していなければいいが…。

「えぇ〜先輩!? どうしたんですかー!?」
 陽菜乃の声だ。
「やだっ ちょっと! 裸んぼじゃないですかっ!?」
「ぁうっ 助けてくれ吉川っ」
「酔ってるんですか! ふざけないでくださいっ」

 扉の向こうで陽菜乃が声を荒げた。覗き窓を覗くと裸の先輩が居るのだから仕方ない。
 しかしカチャとドアが僅かに開く。

「なんですか! からかうのはやめてくださいよ!」
 吉川陽菜乃 23歳。
 マイパジャマ着用中。
 新卒採用でバイトなどの経験もないお嬢様。世間知らずで天然気味だが、ゆるっとした雰囲気で、ふわっとした長い黒髪が可愛い。
 あどけない顔にクリッとした大きな目。頬を染めて、目をぐるぐるに回しながら下を向いたりアワアワと唇を震わせたりしていた。
 警戒しているようだが相手が先輩であることからドアを開けてしまう辺り、いい子だ。初心(ウブ)である。

「ちょ、悪い。俺、服をアレで、ドアが閉めて廊下のっ あのっ」
「おっ? おっ? おやすみなさーい!?」
 陽菜乃はドアを閉めようとした。K介はすかさず右足を扉に挟んだ。
「ぐぎぃ!」
「きゃあ ひゃあっ 先輩。足! 退けてくだひゃーい」
 陽菜乃は言いながらもそのまま扉を閉めようとする。素足がギリリと痛んだ。

 K介は片手をドアの隙間に滑り込ませて開けようとする。
「入れてくれ! 頼む。入れさせてっ」
「せ、先輩っ。その! 私! 心の準備がっ」
「何言ってんだ!? そうじゃなくてっ」
「間に合ってまーす!」
 陽菜乃が強引に扉を閉めようと、両手に力を込める。役に立たない右足と力の入らない片手では、いくら男子でも女子の力には敵わない。
 仕方ないとK介は両手を使う。陰茎は露出するが部屋にさえ入ればこちらのものだ。

 ガッ

 ぽろんっ

「吉川っ! お願いだから入れさせて! 挿れさせて!!」
「ひっ ひぃやあ! 先ぴゃっ。お、お、おちっ おちんちんがっ! ぶらんぶらんって! おちんちんがぁっ!」

 彼のモノを見て陽菜乃は血相を変え全力で閉めにかかる!
 普段は湯呑みさえ重そうに小さな両手で持つ陽菜乃だが、顔を真っ赤にして物凄い力で閉める。パニクってるようで、K介の足などお構いなしだ。
 しかし男の意地を見せてK介は閉まる扉を押しとどめた。
 しょせんは陽菜乃の力だ。

 そうこうしている内に、廊下を知らない女性が歩いてきた。
 どうやらこのフロアは女性用フロアらしい。
 万事休す。

tag : CFNM 男性羞恥 全裸歩行 オートロック

web拍手 by FC2

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

投げ銭乞食はじめてみました
カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 1000字前後。
★プレビュー小説!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月3回くらい更新。月間で約2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 6000字くらい。
★毎月25日に1話完結の短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 18.6.30
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM