FC2ブログ
インフォメーション!

2017.9.24★ブロマガ10月号は9月25日の18時から配信開始です!
2017.9.24★パブー様にて配信中のブロマガバックナンバーはアマゾン・koboでの取り扱いを8月に止めました。9月に同人本・コレクションなどを登録しようと思っとります。10月始めくらいかも…
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
CM

秘密の部活動で(1)2013-08-26(Mon)

 紗季は男子のパンツをズルッと脱がせてやった。
 夢の中に居るようだ。すべてがスローモーションに動いていた。おちんちんがぷるるんっと顔を出す。全裸を晒した男子を見下ろしていると、服をちゃんと着ている自分の優位性に安心した。
 男子は何事かを喚いていた。床下で暴れている。紗季が彼のパンツを脱がしたことに抗議しているのだろう。しかしいくら抗議したところで男子は身動き一つとれない。
 並んでいる机や笑顔で周りを囲むクラスメイトが居るのを思い出して、そこは自分の教室だったことを改めて認識する。クラスメイトたちはそれがさも当然と言うように、その男子を取り押さえていた。取り押さえる役は主に力の強い男子がやっていた。女子はパンツを脱がされた男子の下半身に注目するように集まっている。
 こんなに大勢の中で一人だけすっぽんぽんになった男子は、恥ずかしさのせいかとうとう泣きだしてしまった。ゆっくりと頭を振りながら大粒の涙を零す。
 紗季は自分よりも力のある男性がめそめそ泣いてしまうのを目の当たりにして身体が熱くなった。でも彼がいくら泣いても構わないと思う。だって、彼はおちんちんを勃たせて喜んでいるのだから。

***

 紗季はまだ何の部活に入ろうか決めていなかった。放課後に室内系の部活を見学しようと体育館を訪れた。
「バレー部かバスケがいいな」
 彩は腕組みしながらつぶやく。彼女は同じ学年の友達だ。紗季は文化系の部活に興味があったので、今日の見学は彩に付き合って見に来ただけだった。
「どっちも朝早そうだし、夜遅そう」
 紗季は身体を動かすのはどちらかと言えば不得意だ。紗季自身は美術部か放送部にでも入ろうと考えていた。
「でもあたしバカだからな、脳より身体動かさんとねぇ」
「それは右の握力が弱いから、左の握力もっと強くしようと言ってるのと同じじゃない?」
「不得意分野伸ばしてもしょうがないじゃん」
 考え方は人それぞれだと紗季は思った。
 ふと前を見ると体育館に入る前の扉に蹲っている人影があった。紗季は彩と顔を見合わせて彼に近づく。その男子生徒は部活中なのか体操服を着ていた。腰に手を当てて擦るようにしている。
「あのぉ大丈夫ですか?」
 彩が声を掛けると男子はハッと顔を上げる。顔をこちらに向けて紗季たちの存在を確認した。
「あぁ、あ…いえ、大…、あ…丈夫です」
 彼は脂汗をかいて顔色が悪かった。紗季は驚いた。手を貸そうと二人がさらに近寄る。
「立てますか? 保健室まで歩けます?」
「あのっ。…お本当に、うぇう…。大丈ぶ…で」
 辛そうだ。紗季と彩は保健室まで連れて行こうと話し、肩を貸すことにした。紗季は彼の手をとってどうにか彼を立たせる。同学年だろうか。華奢な身体つきで運動部には見えない。何の部活か知らないが練習がキツくて休んでいたのだろうか。
「保健室まで行きますから」
 男子は返事もままならない様子だ。立ち上がっても内股気味でプルプルと震えて腰を落としている。
「どこか痛みます?」
「いえ…」
 微かに首を振る。彼の顔が段々と朱に染まってきた。苦しそうな表情だ。どうしたというのだろう。とにかく彼を保健室まで連れていかなければ。ふと会話が途切れて静けさが訪れる。何か音がする。どこからかウィ~ンという音がなっている。紗季はかすかなバイブレーションの音を聞いた。一体どこから? 彩も気づいて不安そうな顔だ。

 1m歩くにものろのろとしか移動できない。紗季はけっこう時間が掛かりそうだと覚悟した。
「あー、君たち。困るんだよね」
 背後から声を掛けられる。割りと近くだ。紗季と彩が振り向くと表情の暗い少女が立っていた。 紗季と同じクラスの佐伯 深藍(みあ)だ。彼女は手を伸ばせば届く距離にまで迫ってきていた。
「え? なに?」
 紗季は驚いた様子で訊ねた。深藍は目線を合わせない。どこを見ているのか解らない目だ。彼女はいつも一人で行動していてクラスでも浮いた存在だった。話しかけられるのも会話するのも初めてだ。ルーズな制服の着こなし。髪も前髪をゴムで縛っているだけで、後は伸ばしっぱなしの様子だ。
「そいつはウチの部員だから」
 深藍がぼそりと口を開く。
「は?」
「トレーニングの最中よっ」
 彼女は勢いよく何かを掲げた。それはゲームのコントローラーだった。
「え?」
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 いじめ

web拍手 by FC2

水泳部の合宿で(6)2013-08-18(Sun)

 何の因果たろうか。辿り着いた先は盗撮の対象ポイント、水泳部が合宿を行なっていた屋外プールだった。智子たちを除いた残りの水泳部員が練習を続けている。チーちゃんに見守られながら女児用の水着を着込んだカズは、チーちゃんから差し出されたキャップも受け取った。厳かにそれを被る。まるで死地に赴く戦士のように。
「おおっ、変態ぽくなったね」
 確かにスク水を着て勃起している男を他にどう呼べばいいのか。
「ん?」
 ふとプールの方を見ると、何だか騒々しい。
「こっちに全裸の男が来なかった?」
 夏子の質問に首を傾げる孝美。
「チーちゃーん」
 成実の声、チーちゃんを探している様子だ。
「はーいー!!」
 爽やかな笑顔で手を振るチーちゃん。絶体絶命という言葉が頭によぎる。競泳水着の女子の集団がこちらに注目する。走ればまだ逃げ切れるだろうかとカズは思った。
「変態のお兄ちゃん、もっとあそぼーぜー」
 チーちゃんがカズの手を引いてプールの方へ導いた。カズは何故だか高揚してくる。勃起が収まらなかった。ヒタヒタと歩いて行くと、水泳部員たちの悲鳴が聞こえた。水泳部員たちの間を掻き分けるようにして智子が現れる。
「先輩、チーちゃんから報告された盗撮の件やそこでマスターベーションしていたこと、夏子さんたちにも話しましたから」
 怒りに満ちた若い女性の目。視線が突き刺さって痛い。部員たちがカズを取り囲む。
「…最低」
「それから、先輩が過去に2日間だけ水泳部に所属していたという事実も話しておきます」
 部員たちからどよめきがあがる。
「…ホントですか?キャプテン…」
「みんな、この人はこんな格好してるけど、3年生であなた達の先輩です。私が1年のときに後から入部してたった2日間で退部届を出してすぐに辞めていきましたけど」
 智子がカズの素性を明かす。確かに泳げないから男子水泳部に入部して鍛えようと思ったのだが、練習がキツくてすぐに辞めたのだ。
「…こんな女子の水着着ておちんちん勃たせてる人が…先輩?」
「同じ学校の先輩だとは思いたくないな」

 カズは悟りきったような顔になる。勃起は未だ収まらないのだ。自分に対する非難の声。罵声がゾクゾクとカズの心を震わせた。
「う…」
盗撮とか…神経疑うわ」
「先輩としても、男としても、人間としても全部失格よね」
 成実や夏子、他の部員たちもヒソヒソと話していた。
「うんワーーー!!」
 カズが突然叫び声をあげ、振り向いて走りだす。部員たちは涙目で向かってくる女児用の水着を着た男に道を開けた。彼女たちには止められないのだ。成実と智子がカズを追った。
「てやっ」
 ガッ。成実が軽やかに跳んでカズの背中めがけて跳び蹴りを喰らわす。
「うがっ」
 バランスを崩すカズ。智子が果敢に向かっていってカズの水着の肩紐を掴む。引っ張られて足止めされた。カズは振り切ろうと「うんわー」と叫びながら暴れた。振り回す彼の腕が智子のバチッと顔に当たる。
「痛っ」
「このぉ」
 成実もカズを取り押さえようと取り付く。無茶苦茶に暴れるカズの腕が智子と成実にバチバチと当たる。
 夏子も勇気を出してカズに近寄る。太い腕を取って暴れるのを止めさせようとしたのだ。
「キャッ」
 太めのカズの腕が、夏子の胸部に当たる。カズは柔らかな感触にも気付かず暴れ続ける。その内に他の部員たちもキャプテンらに触発されカズを止めに入った。ある者は腕を取りある者は足を取り、カズはその場に引き倒される。
「うんぎゃー」
 成実が、智子が腹に蹴りを入れる。カズは丸まって防御した。他の部員たちもキャプテンに習って蹴りを入れていく。
「うげっ!うべっ!」
 カズは繰り返される痛みの中に不思議な感覚を味わった。決して強くもない一発一発の蹴りがカズの厚い身体には心地良い刺激になっていく。股間が痛いほど膨れてきた。水着を突き破ろうとしているみたいだ。
「もうコイツ許さないっ。プールに落としちゃえっ」
 夏子が提案する。それに賛同した部員たちが重そうにカズを担ぎ上げる。カズは焦って暴れ続ける。5mも移動すればそこはもうプールの中。手足を引っ張られ引き摺られるようにジリジリと移動する。彼女たちはプールサイドでカズの手を持つ方と足を持つ方に別れた。
「いくよー」
「ヤメてー!」
 カズは人間ハンモック状態で揺らされる。彼女たちは勢いをつけてプールに投げ込もうとしているようだ。
「いーちにーの、さ~ん!」
「ノーッゥ!」
 水泳部員たちは協力してカズをプールに投げ込んだ。宙を舞うカズ。バッシャーン!と水飛沫をあげてスク水を着た男がプールに沈んだ。協力して作業を達成した水泳部員たち。みんな笑顔で拍手をして喜んだ。しばらくして水面を叩く音。カズが水中で藻掻いていた。カズは何とかプールサイドに寄ろうとして手足を動かした。しかし何故かプールサイドから離れていく。
「アハハッ何アレ」
 成実が笑い転げる。
「楽しぃーね」
 チーちゃんも笑顔でプールサイドに腰を下ろしていた。
「誰かフロート持ってきてやりな」
 智子が指示する。しばらくして大人が寝転べるぐらいの大きさのフロートが用意された。リゾート用のフロートだ。それを持ってくるまでの間カズは必死に藻掻いていた。フロートがプールに浸される。夏子と成実が先行してプールに入りフロートをカズのところへ運んだ。フロートが近寄ってきてカズはそれにしがみつく。
「はぶぅ! はぶぅ!」
 水をたらふく飲んでしまった。
「運んであげるから上に乗りなよ」
 成実が優しく言った。カズは疑わずにそれに従う。必死によじ登った。フロートの上でカズは息を整えた。智子や他の部員もプールに入ってカズに近寄る。フロートを取り囲むように水泳部員が集まってきた。
「さぁケーサツ行きますか」
 智子が腕を組んでフロートに寄りかかる。
「私が先輩から受けた屈辱は許しませんから」
 カズは首を振り嫌だと示す。水泳部員たちがキッとカズを睨む。カズは四つん這いになりながら自分の股間を見つめた。膨らんだおちんちん。
「も、もう一回オナニーしますからっ。見ててください。僕の恥ずかしい格好をー」
「は?」
 カズはスク水の股間の布をずらしておちんちんを露出させた。水泳部員の女子たちの悲鳴があがる。ヘンタイ、シネ、クソデブなどの罵声が飛んだ。しかしカズは硬くなったおちんちんを、足を開いてみんなに見えるようにした。そして顔を赤くしながら必死に手を動かす。
「これで許してくださぁい。ケーサツだけはやめてくださぁい!」
「…そーやってまた私にぶっ掛ける気ですか?」
「いえ…、ち、…ち、違います。ほらっ」
 カズは瞬時に、どうすればまた智子に飛び散らないかを考えた。その場に足を開いたままちんぐり返しする。
「こっこれで!」
 カズは言いながらもおちんちんを擦る手を休めない。はち切れそうになっていたおちんちんは既に自らの精液でベトベトだった。
「あーそれならセルフ顔射だもんな」
 成実は半ば呆れた様子で棒読みするように言った。フロートを取り囲む他の水泳部員たちはカズに罵声を浴びせ続けた。
「ぼくこんなに恥ずかしいところ見られてますから!許してください!」
「外で露出してるんだからこれも軽犯罪なんじゃないんですか?」
 夏子は怒りのこもった口調で智子に聞いてみた。
「まぁ、どちらにしてもケーサツ呼びましょう」
「あふっ…そんなぁ…あふっ」
 競泳水着の女子たちが見ている前で、フロートに乗せられたカズ。高速で擦られたおちんちんがビクンと脈動する。
「はぁぁん」
 勃起したおちんちんの先から白い液がピュッと飛んだ。喘いで開いたカズの口へ、頬へ、額へと白い液が飛び散った。一斉に悲鳴と非難の声があがる。カズはプライドという言葉を思い出す間もなく快楽に溺れていった。
「さっ、ツーホーしてくるか」
 チーちゃんが立ち上がってプールサイドを走っていった。
〈終〉
関連記事

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 盗撮 競泳水着 水泳部

web拍手 by FC2

水泳部の合宿で(5)2013-08-11(Sun)

「ちょっと、お前…この野郎! 何勝手に逝ってんだ!」
「信じられない! キャプテンに謝りなさいよっ」
「…う」
 カズはおちんちんをぴくぴくとさせて精液を出しきったところだった。何という解放感だろうか。受験のことなどどうでもいいことのように思う。
「悦に浸ってんなよ! この早漏野郎!」
 成実が足でカズの腹を小突いた。カズは「うぎ…」と反応しただけだった。
「キャプテン大丈夫ですか?」
「…」
 智子は口をパクパクとさせて震えている。
「お前土下座して謝れって」
 成実が軽くローキックを放ってパシィンと足を弾かれる。カズは「はい…」と返事し、おずおずとその場に正座した。そして後輩の女子たちの前で射精してしまった事実を再認識し始めた。自分を取り囲む競泳水着の女子と金髪の少女。彼女たちの前ですべて曝け出している。カズは急に気恥ずかしくなって顔を伏せて土下座した。そうすれば恥ずかしい部分だけは隠せる。
「ふんっ。夏子こいつどーする?」
「もうどーでもいい…許せないけど、でもまあ警察に突き出さなくても別にいいかな」
「ほんと? 私はまだムカつくけど、直接被害は受けてないからなぁ。これで許す?」
 カズはそれを聞いてやっと解放されると思った。
「キャプテンそれシャワーで洗い流してきてください。汚いですから…」
 成実と夏子が智子の方を見ると、智子の周りに湯気のような、どす黒いオーラが立ち上っているのを目撃してしまった。
「…キャ…キャプテン?」
 智子が一歩前に出る。智子の靭やかな細い足がふわりと宙に浮かんだかと思うと次の瞬間にはカズの頭を振り抜いていた。
 パコォーン!!
「!?んぎゃ!?」
 サッカーボールキックだった。カズは突如自分を襲った謎の痛みに、瞬間的にパニックになる。身体を起こしてカエルのようにひっくり返り、再びおちんちんをみんなに晒すのだった。
「キャプテンッ、ど、ど、どうしたんですか!?」
 夏子の問にも智子は答えず、今度は足の裏でカズの顔面を踏みつけた。
「この早漏短小デブがっ!」
 ゴッと頭を床に打ち付ける音が響く。
「ホギャァ!!」
 顔面を覆って転げまわるカズ。
「キャプテン!落ち着いてっ!」
 成実が智子の腕を取ってカズから離させようとした。夏子も後に続く。チーちゃんだけは何故か「ぷくくっ」と笑いを堪えていた。
 夏子が智子の前に回り込むと智子の目が恐ろしいほど据わっているのが解った。
「どうしたんですか!?キャプテンッ」
 智子は答えずにさらに前に出ようとした。
「ひい」
 カズは逃げようとして立ち上がる。全裸のまま、おちんちんを振り乱しながら走って外に出ようとした。
「ゴメンナサァイ!」
「あっ待てー。そんな格好のまま外出んなー!」
 成実が声を掛けるもカズはドアを開けて出る。廊下には人影はなかった。走りだしてすぐに服を残してきたことに気付く。しかし戻りたくても戻れない。カズは股間を両手で覆って走った。何処へ逃げるかなど毛頭考えなどなかった。ホテル内を全裸で走る。水泳部員たちは追ってこないようだ。
 T字路に当たる。ロビーに通じる廊下に人が居た。女性だ。従業員だろうか。目が合ったような気がする。突然現れた全裸男に驚いている様子だった。カズは迷わず人の居ない方へ走った。
 しばらくは人と遭遇しなかったが庭園が見える廊下で女子大生らしき集団に会った。談笑していた彼女たちは突如現れた変態に悲鳴を上げた。カズは庭園へと出られる道があったのでそちらへと逃げた。
 女子大生たちから離れるように建物からも離れる。都合よく草むらがあったので迷わずに飛び込んだ。
「いてっ」
 葉で腕などを切ったがとりあえず身を隠すことができた。息を切らせて膝をつく。このままここに居ても見つかるのは時間の問題だろう。あの女子大生たちが警察に通報するなんてことも考えられる。カズは草むらの中を奥へと進む。
 それにしても智子の豹変には驚いた。カズの知っている智子はもっと奥手な筈。もっとあどけなかった筈なのに。後輩の女子にあんなに切れられるなんて…。
 奥へ行けば見つかりにくくなると思ったが、しかしすぐに道が開けてしまった。見るとそこはプールだった。
「こ、ここは… はっ!?」
 ザッザッと横から足音が聞こえた。見ると待ち構えていたかのようにチーちゃんが歩いて現れた。
「見つけた! へい!服持ってきてあげたよー!」
 カズは草むらに引っ込んで様子を見る。逃げようかと思ったが彼女の言った服という言葉に反応したのだ。見たところチーちゃんは一人のようだ。腕を後ろに回している。後ろ手に服を持ってきたのか。
「変態のお兄さんっ、はいコレっ」
 チーちゃんは草むらに入り込んで手を差し出す。その手には紺色の水着が握られていた。
「こっ…こっ…こっ…これは…あの…」
「チンコ丸出しじゃ可哀想だと思ってねー」
 チーちゃんは水着を広げて見せる。紺色のスクール水着だった。
「これわたしんだけど、もーいらないからあげるぜー」
「お、お、お…」
「よろこべー」
 カズはそれを震えながら受け取ろうとした。全裸で変態呼ばわりされて捕まるか、スク水で変態呼ばわりされて捕まるか、もはや選択肢は二つに一つということか。
「う、くそぅ。どうしてこんな…」
「もっとよろこべー? な?」
 カズはしかし、しかとそれを受け取って、たどたどしく足を通す。おちんちんを目の前の少女に完全にオープンしながら。スク水を着込んだ。チーちゃんのものだと言うだけあってかなりパツパツだった。しかし全裸はこれで避けられる。こっそりと更衣室に戻って服を取り返さなければ…。
「ぷっ。男なのにスク水って。どっからどう見ても変態だぜー?」
 腕を頭の後ろで組んで笑みを零すチーちゃん。とにかくここで夜になるまで潜んで…。カズは自らの身体を見る。ぷよぷよした身体に食い込む紺色の女児用の水着。泣けてきた。泣けてきたが何故か股間が熱くなる。
「キャップも持ってきてあげたからかぶりなよ」
 何故だろうか。おちんちんが膨らんできてしまった。痛いほどにむくむくと膨張する。水着を突き破ろうとでもしているみたいだ。おちんちんの形が解るほどに盛り上がった。
「…わお」
 チーちゃんはカズの股間を見つめる。カズはそそくさと股間を両手で隠した。
関連記事

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 盗撮 競泳水着 水泳部

web拍手 by FC2

水泳部の合宿で(4)2013-08-04(Sun)

 夏子がキッとカズを睨みつける。その目は下着を盗んだカズのことを絶対に許さないと雄弁に物語っていた。普段はおっとりとしているのに、こんなに怒りを露わにするところは初めて見たと思う。カズは恐ろしくなって足がすくんでしまった。
「ほら、それも脱げって」
 成実がニヤニヤと腕を組んで発言した。カズは両手で股間を覆ったままだ。ここでパンツを脱ぐ勇気はなかった。
「脱いで、やろうと思ってたことやりなよ。やっていいって言ってんのに何で脱がないの?」
「いや…それは…。ちょ…これで許してください…土下座しますから」
 成実の表情から笑みが消える。はあぁとため息を一つ。夏子に至っては聞く耳を持たないといった表情だった。
「ブ~!ブ~! ぬーげっぬーげっ」
 チーちゃんは一人楽しそうに金髪の髪を揺らしながら手拍子をする。智子だけは暴走する後輩たちを止めようとしているが、オロオロとするばかりで何もできなかった。
「キャプテン、仕方ないので警察呼びましょう」
「あ、うん…。じゃあちょっと電話してくるね…」
 カズは焦った。警察だけは嫌だ。人生設計が狂ってしまう! ここまでやったのだから許してもらえると思っていたが甘かったようだ。
「脱ぎぅっ! あー! 脱ぎますっ!」
 カズは左手でブリーフを下にずらしていった。左手だけで膝まで下ろす。右手は何とかおちんちんを隠していたが、身を隠すものが無くなってかなり恥ずかしい。
「きゃー」
 悲鳴を上げたのは智子だけだった。チーちゃんなどは手を叩いて面白がっている。
「いいぞーいいぞーっ変態さーん。ハハッ」
 カズの手は大きい方だ。一応おちんちんは隠れている筈。脱ぐ際に見られてしまったからも知れない。半分は勃っているのだから覆うのも難しい。足首までブリーフを下ろし、再び両手でおちんちんを隠した。
「あの…これで…」
「次はー?」
 成実が無感動に言い放つ。
「う…でも…」
 女子たちの前で裸を晒して、その上情けないことに泣きそうになってしまった。女子に泣かされるなどあってはならないことなのに!
「見ててやるから早くやれよ。やらないなら110するだけだから。どっちでもいいけど」
 カズは仕方なく右手を使っておちんちんをさすった。上下に撫でるようにだ。左手はその動作を覆い隠すようにガードしている。この上なく恥ずかしい。カズの顔は茹だったように真っ赤だった。
「ふんっ…。やっとシコりだしたよこいつ」
 カズは一定速度でゆっくりとおちんちんをさする。この程度で気持ちいい筈がないのに半勃ちだったおちんちんは先程よりも膨張してきた。
「その左手どけてくれませんか? よく見えないんですけど」
 夏子がつまらなさそうに言った。興味なさそうな表情だ。男がこんなに恥ずかしい思いをしているのに、それを何でもないことのように見ているなんて…。カズは自分の価値がとても低いもののように感じた。
「それにさぁ。男子ってこうやってやるんだろ」
 成実が右手で棒のようなものを握ってそれを上下に動かす仕草をしだした。
「お前の、やり方違くねぇ?」
「いつもやってるようにやりなさいよ」
 夏子も成実に加勢する。
「いや…その…」
「ちゃんと最後までやり切れよ。ぴゅっぴゅって出すところまでさー」
 ケラケラと笑う成実。その後ろで智子が耳まで赤くして顔を背けていた。
「ほら、やらないならケーサツだぜー」
「はい…」
 カズはおずおずと右手で竿を握った。顔を下に向けたまま。左手はグーを握る形で横に退ける。これで女子たちにおちんちんは丸見えになった。
「ぷっ」
「アハハッ。すっげー勃ってる~。智子も見てみなよー」
「よくこんな状況でそんなにできますね…」
 カズは女子たちに囲まれたままおちんちんを扱く。
 上に下に擦って不覚にも気持ちよくなってくる。勃起も最高潮に達してしまったようだ。そして先っちょの方からもガマン汁が溢れでてこようとしていた。
「ほらキャプテンもちゃんと見てあげてくださいよ。こんなに一生懸命シコシコしてますよ?」
「いや…私は…いいから」
 智子がちらちらと横目でカズのことを見ていた。成実は智子の為に横へ移動した。腕を引っ張って智子をカズの前に出す。
「ほらこんなにパンパンですよっ」
「やだっ」
 智子は両手で顔を覆った。カズは堪らずに左手でおちんちんを隠す。
「あっ。お前何隠してんだよ」
「あふっ」
「手退かしてちゃんとキャプテンに見せるんだよ」
「そーだ見せろーぅ!」
 カズは言われるままに手を退かしてみんなによく見えるようにした。おちんちんがいきり立っているところを女子に見られているのに、何故か興奮が持続している。
「うわ見てこれ。先っちょの穴から汁が出てるっ」
「ピンク色だねー」
 夏子は顔を赤くしながらも目は逸らさなかった。
「あっ」
「あふぅぃっ…」
 カズが変な声を上げたかと思うと同時におちんちんの先から白い液がぴゅぴゅぴゅっと飛び出した。飛び散った白い液が智子の太ももやお腹の辺りに掛かった。
「イヤ~!!」

関連記事

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 盗撮 競泳水着 水泳部

web拍手 by FC2
カテゴリ
Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を少しずつ書き下ろしで載せていきます。
 1更新で2000〜2500字くらい。
★不定期でプレビュー小説 更新!
 パブーブロマガ小説のショートバージョンを掲載します。
 1更新で1000〜2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 何か思いついたら書きます。
男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 400円で月5・6回発行
★基本的に毎週日曜日 20時 更新!
 短編小説をねちねちと少しずつ載せていきます。
 1更新で4000〜4500字くらい。
★毎月25日に長編小説を更新!
 長編小説でおちんちんをイジメます。
 1更新で10000字くらい。
★毎月1日にコラム記事か短編小説を更新!
 一話読み切り形式。5000〜5500字くらい。
Last Update 17.9.10
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

ランキング
最新コメント
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ツイッター
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

同人作品
CM
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ