FC2ブログ
インフォメーション!
★最近忙しいです。また連載ペース考え直さなきゃ。☆今キャットファイト小説書いてます。
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

お知らせとか17.8.262017-08-26(Sat)

 今回は通常小説をお休みします。
 その代わりに後半でブロマガのお試し版を1000字程度掲載致します。
 今週は遅まきの夏休みということで。


 夏休みといっても仕事関係でスケジュールが詰まっているので小説に手が回らないのが真相なわけですが…。ブログの更新ルールが乱れるくらいにはイレギュラーの仕事が重なりました。ほとんど書き下ろしでやってきたので、今後は書き溜めを作るようにしていこうと思います。

 というわけでブログの更新ルールはしばらく【週一】で【1000字程度】は書き下ろしつつ、制作の体制を見直していきたいですね。


--
以下は男子VS女子開戦の章の一部抜粋です。
男子軍リーダーの公開処刑が終わった後、主人公は好きな女の子に家まで送ってもらった。少女は激しく金蹴りして男子をイジメたので、みんなの居ないところで金玉をアフターケアしてくれるようです。何か企んでる女の子っていいですよね。



 僕は汗だくで一糸まとわぬスッポンポンなのに、枡田はごくごく日常的ないつも通りを保っていた。

 この対比は男が女の子に責められているみたいで格好悪いと感じた。たぶんこういうのは男のほうが女の子の服を積極的に脱がすものなのではないのか? 何だか悔しい。枡田に格好いいところを見せたい、強がりたいと思ってもやはり駄目なのだ。僕は彼女の手のひらの上で転がされるだけ。ガバッと足首を掴まれてさらに足を広げられる。
 ぶらららんとおちんちんが揺れた。
 女の子に襲われているみたいで男らしさの欠片もない僕。悔しいけど枡田の前では女の子みたいになってしまう。所在なさげに僕の両手は胸の前で軽くクロスしている。まるで女子が胸を隠すみたいな仕草だ。
「な… ぁあ…?」
 何をされるのだろう。
 期待と恥ずかしさで僕は既にアヘ顔になっていた。
「治療だよ。お医者さんごっこだね。ふふっ 舐めてあげる」
 そう言って枡田は覆い被さる。両足が耳の横に付けられてしまう。ちんぐり返しだ。金玉の裏側やお尻の穴まで恥ずかしいところが余すところなく少女の前に開陳された。
「ふーん。ひくひくしてる…」
 小声でお尻の穴がどのように動いているのかを実況されてしまった。

 枡田は舌を出して顔を股間に近づけた。ぺろっと金玉が舐められる。
「あっ…」
 小さな刺激に全身がびくんっと跳ねてしまう。それを抑え込むように枡田の両手は僕の太ももの裏側をしっかりと捉えた。ベッドに抑え込まれ、身動きができない。なんて情けないんだ。女の子に力尽くで抑え込まれているこの姿は誰にも見せられないよ。
 ぺろぺろ
 身体が抑え込まれ動けない代わりにおちんちんが、ぴくぴくんっぴくぴくくぅんっと暴れた。ガマン汁が締まりが悪い水道の蛇口みたいにぽとぽとと水滴を落とす。ずいぶんと粘着質な水滴だ。どくどくと溢れ出てしまい、僕が気持ちよく感じてしまっている様子を如実に少女に伝えているのだ。
 ぺろっ
 ぺろぺろっ
 ぺろぺろっ

「ぁあっ ああっ んあっ…」
 責められて声が漏れてしまう。自分の意志で抑えられなくて思わず片手で口を塞ぐ。枡田は僕の反応を見ながら愉しんでいるようだった。
 枡田はさらに大胆な行動に出る。
「あぃヤぁっ」
 金玉が枡田の口の中に挿れられてしまう。小さな口の中でコロコロと転がされる。舌の上で四方八方に金玉が移動する。もぐもぐと甘噛されて湿った舌で撫で撫でされて可愛がられた。僕はお母さんに撫で撫でされるみたいに気恥ずかしさと安心感に包まれる。もうそろそろ親離れしなければならないのに、もっと甘えていたい。赤ちゃんが泣き喚くようにして僕はあんあんと泣いていた。
「んはぁん… あはっ ぁっ ぁっ ああん…」
 コントロールできないくらい喘いでしまう。
 女の子の前で女々しい喘ぎ声で泣く僕。枡田は舌だけで僕を手玉に取る。舌の上で2つの金玉がコロコロと転がされていた。肉棒は放ったらかしにされて、それでもヨダレを垂らし続ける。必死で女の子を口説くように暴れる下賤な肉棒は、高貴で可憐な少女の前では軽くあしらわれてしまうのだ。相手にされない男の哀しい姿のようだ。
 僕は完全に枡田の手のひらの上だ。
「ンフフッ」
 転がされて撫でられクスクスと笑われている。命を握られた感覚だ。ぷちっと歯を立て、殺そうと思えばいつでも殺せるし、言うことを聞かせることもできる。いい子いい子して僕を図に乗せるのも自由だ。
 僕は枡田の手駒なのだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 官能小説

web拍手 by FC2

女子のお誕生会で(4)2017-08-19(Sat)

「みんな揃ったし始めよっか」
 中邑のお姉ちゃん、静香さんが声を上げる。拍手を一つしてみんなの注目を集めた。
「グラス持って。行き渡ってない人〜?」

「大丈夫。持ってる!」
 笹木がオレンジジュースの入ったグラスを掲げた。
「あ、西濃さんがまだ…」
「…っ」
 目敏く見つけた山元。隅の方にいた西濃が注目されオロオロとしている。自分だけグラスを持ってないことに焦っているようだ。

「自分から言わないと駄目だよ」
 お節介な柏城が即座に動いた。中邑のお母さんからグラスを受け取ってテーブルの上のペットボトルを手に取る。西濃は存在感のない大人しいやつだからな。グラスを渡されるまでモゴモゴとしているだけだった。

「ちょっと邪魔っ」
「っ」
 俺は柏城を避けてリビングの端に追いやられた。俺もグラスを持っていなかったので勝手にジュースを注ごうとテーブルに近づいたのだが柏城の邪魔をしてしまったようだ。

「あれ? 草凪もまだじゃん」
 柏木が気づく。
「なんで早く言わないの?」
 山元が批難してくる。
「いゃ… だって…」
 始めっからパーティーに参加するつもりもなく抜け出すタイミングを狙ってたのだ。グラスなんて持ったら積極的に参加するみたいじゃないか。
「もうっ はっきりしないやつね。グズッ」
 笹木がイライラとした様子で遠くから口撃してきた。
「このっ…」
「そんなことより早く持ってよ。足並み乱さないでっ」
 市河がキリッと割り込みグラスを渡してきた。
「ほらほら」
 渓口がグレープフルーツジュースのペットボトルを持ってくる。グラスを差し出せと言うらしい。しかし俺はコーラが飲みたい! 俺は手を引っ込める。
「あーいや…」
「モタモタしてっ 中邑さんを待たせないでよ」
 横から小島が文句を付けてくる。優等生的な女子だ。

「男子ってすぐ拒否るよね〜」
「そうそうっ」
「先生が並べって言っても並ばないし。落ち着きがないのよね」
 外野から砂藤、守谷、渡部の三人が勝手なことを喋っていた。

「ほんとそうだわ。やるなって言うとやるし。やれって言うとやらないし。男って勝手だわ!」
 喜多野がケッと蔑むように俺を見た。何故そこまで言われなきゃいけないのか! ガサツでスポーツバカの喜多野に言われたくない。

「仕方ないのよ。悪戯してみんなの気を引きたいんだね。たぶん」
 凛とした伊駒が解ったようなことを言う。クールでお姉さんタイプの彼女はちょっと苦手だ。喜多野と伊駒のコンビは頷き合っていた。

「遠慮してるのかな?」
 中邑が主賓席から困った子を見るような目で言い放った。
「足並み乱そうとしてるのよ。きっと」
 市河がメガネをクイクイッと上げ上げして したり顔だ。クールぶっているが頭に金色の三角帽子を被ってる。星の柄の入ったノリノリのやつだ。

「男子一人だけだからひょっとして恥ずかしい?」
 静香さんがニコニコとフォローするように言ってくれたが、恥ずかしがってるなどとは、そんなことがあるわけがない。
「ぃゃ… ぁ」

「顔赤くなってるもんね」
 髭の付いた鼻眼鏡を着用している山元が合いの手を入れてくる。

「モゴモゴして男らしくないね〜」
 渡部の妹が見下したような言い方をする。このガキ…。
「あれでもクラスでは威張って態度でかいのよ」
 近くの杁山がフフと笑いながら渡部妹に教えていた。あのデブ…。
「へぇ 女子に囲まれてオドオドしてるんだっ」
 渡部姉がクスッと小馬鹿にしたように俺を見た。コソコソと外野から口々に言いたい放題…。どいつもこいつも好き勝手言いやがって!

「早くしろよ バカ草凪っ」
 イライラした笹木。
「きゃははっ 怒られてやんの。バカだって草凪!」
 無理やり渓口がジュースを注いできた。

「くっ… いい加減に…」
「これ被りなよ」
 山元がパコッと勝手に変なものを被せてきた。誕生日ケーキの形をした帽子だ。やたらとロウソクが突き刺さりヒサシの付いた派手なデザインだ。これじゃまるでハッピーボーイじゃないか。ノリノリで参加してるみたいで恥ずかしい。
 蝶ネクタイにHAPPYとデザインされたメガネを付けられてクラッカーまで持たされた。女子たちはこぞって吹き出して笑顔になった。
 中邑のお母さんがダイニングから微笑ましいわねといった様子でこの光景を見ている。

「じゃあ始めるわよ」
 静香さんがパンパンッと号令をかける。お笑い芸人ぽくなった俺を見て笑う女子たちを窘めたのだ。
 どうして女子が集まるとこんなにも口出しができなくなるのだろうか。数の暴力だ。反論する隙間もない。俺は苦汁を飲んでハッピーボーイになるしかなかった。


 照明が落とされて、「おめでとー」と中邑を祝う歌が唄われ、火の付いたロウソクを中邑が吹き消される。クラッカーが鳴り響いて拍手される中邑。キラキラと輝いて可愛かった。さすがは俺が目をつけた女だけのことはある。
 一連の誕生日儀式が終わってプレゼントを渡す段となった。

「お姉ちゃんからはコレよ」
 静香さんが大きな包を持ってきた。
「わぁ、大きい。ありがとうっ」
 ぱぁっと中邑は笑顔になる。ずんぐりとしたトロそうなクマのぬいぐるみだ。粗大ごみになりそうなくらい大きいぜ。さぞ迷惑かと思いきや、中邑は嬉しそうだった。女子ってあんなものがいいのか。

「何か食べれるものがいいかなと」
 市河は持ってきた紙袋を渡していた。
「凄ぉい。手作りのクッキーだー」
 中邑だけでなく他の女子たちからも歓声が上がった。チッ 楽しそうにしやがって。その後もプレゼントが続き中邑のそばには大小様々な物で満たされていった。

「これでみんな渡し終わったかな?」
 静香さんが周囲を見回して確認する。一斉に女子たちの目が俺に向いた。俺は一人隅の方でちびちびとジュースを呑んでいる。
 プレゼントだと? 持ってこなかった。元々は男子たちが共同で金を出し合って何か買うとサトシが言っていたのだ。サトシたちに任せていたのだから俺が持ってくる道理がない。サトシたちに騙されていたとしても、俺に非はないはずだ。
 しかしそんな事情は知ったことではない女子たちはシラーッとした目で俺を見る。

「な… なんだよ…」
 俺は目を逸らして知らん振りした。

 それまでの和気あいあいとした雰囲気に水を差した形だ。だが知ったことではない。男の俺には関係ないね。
 とりあえず俺がプレゼントを渡していないことは不問にされて誕生日イベントは続行する。次はゲームをするようだ。静香さんの司会でリビングにスペースを作っていった。

 用意されたのは赤・青・黄・緑のマルが並んだ4×6マスのシート。ツイスターゲームだ。こんな子供騙しのお遊びに俺が付き合うわけない。
 しかしまさかこれを全裸で行う日が来るとは誰が思うだろうか!
関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 お誕生日会 裸芸

web拍手 by FC2

女子のお誕生会で(3)2017-08-12(Sat)

 ぴんぽーんと立て続けに呼び鈴が鳴り、中邑のお誕生日会に招かれた友だちが次々にやってきた。
 笹木と渓口の後から来たのは杁山、喜多野、伊駒の3人だ。

「…どうして草凪が居るの?」
 杁山は同じクラスの目立たない女子。背が小さくて丸顔の大人しい性格だ。不審感いっぱいの目で俺を牽制する。近くの笹木に自分の疑問をぶつけていた。

「さぁ〜? 好きなんじゃないの? 中邑さんのこと」
 返ってきた答えは俺を貶めるものだった。笹木はニヤニヤとしている。
「ちがっ…」
「えー! マジで〜!?」
 隣のクラスの喜多野と伊駒だ。俺が否定する声をかき消して二人して声を揃えて盛り上がった。

「だってねアイツ…。知ってる? 修学旅行のとき。中邑さんにぃ…」
「ワー! うるせえ!」
 会話を邪魔してやる。過去のことを引き合いに出してくるんじゃない!

「うふふっ やだっ」
「うそぉ!? ちんちん丸出しで…?」
「ふんふん、それでそれで?」
 部屋の隅に鎮座する俺を無視して女子どもは井戸端会議を始めていた。笹木がニヤニヤと小声で過去の出来事を喋り、渓口が「小さかったよ。クスッ」とか「勃起してたし」などと合いの手を入れる。
「その後、先生に叱られてぇ…」

「くっそ! やめろやめろっっ!」

「ぅわー… お尻を?」
「この歳でお仕置きって…」
 事情を知らない喜多野と伊駒がドン引きしていた。伊駒は中邑に次ぐ美少女。清楚で純粋な彼女になんて下品な情報を流してくれるんだ。許すまじ笹木!


 ぴんぽーんと鳴り、さらに女子が増えた。
 まずいな。早く帰ったほうがいい…。
 隣のクラスの西濃。存在感のない暗い子で、友だちも連れず単独でやってきたようだった。彼女は怪訝な目で俺を見る。
「いらっしゃい。西濃さん」
「こんにちは」

 俺はこっそり女子の輪を避けてリビングを出た。そのまま玄関に向かう。
 だがその直後に、またぴんぽーんと鳴った。
「!?」
 玄関の前まで来て、外に出るに出られなくなった俺。背後から中邑がやってきた。
「何やってんの 草凪? トイレならあっちだよ」
 中邑は俺を避けて通り、玄関を開けて新たな客を招き入れる。

「こんにちは、中邑さん」
「…え、なんで草凪が出迎えてるの?」
 柏城と小島だった。

 同じクラスの綺麗どころ2名である。垢抜けて明るい二人組だ。かなりびっくりした様子で「なんで草凪!?」と驚いている。

「うっそー。中邑ちゃんのことを!?」
「だからって… 男子一人で来る?」
 後から来たこの二人にも笹木があることないこと吹聴していく。西濃が後ろでそれを聞きながら不安そうな顔で俺を見ていた。結局、俺は追及される形でリビングに押し戻される。

 さらにさらにこの直後、ぴんぽーんと3名が現れた。
 隣の隣のクラスからも呼んでいたのだ。砂藤に守谷、最後に渡部である。
 中邑の交遊の広さが判明していく。

「むう」
 ひょこっと渡部の後ろから6歳くらいの女児が顔を出した。むっすとした表情で連れて来られた感が凄い。渡部の妹らしい。余計なのを連れてきやがって…。
 最後にやってきたこの4名にも俺が中邑を好きなことを暴露されてしまう。すべて笹木が面白がって話したのだ。「告白しに来た」などと事実ではないことまで解説を加えていた。

「な…」
 壮観だ。
 お母さんとお姉さんの二人を除いて、14名の少女が勢揃いしてしまった。完全に帰るタイミングを逃した。
 ワイワイガヤガヤと見渡す限り女子の領域だ。男子禁制、秘密の花園。男子が覗いてはいけない世界である。
「ぉぉぅ…」
 俺は萎縮して動けなくなっていた。
関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 お誕生日会 裸芸

web拍手 by FC2

女子のお誕生会で(2)2017-08-05(Sat)

「なに…?」
 怪訝な目で迎えられた。

 インターホンを押してしばらく待っていると中邑 本人が顔を出す。彼女はドアを少し開けて俺を不審感たっぷりに見ていた。
「いや、え? あの、誕生日…」
「はぁ…?」
 来た理由はわかったけど、明らかに君は呼んでないですけどみたいな表情だ。え、俺、呼ばれてないの?
 目線を逸らして中邑は浮かない顔をする。よく見ると髪を下ろしていてドレスアップしていた。香水だろうか。柑橘系の香りが微かに感じられた。
 どうしようか迷っているみたいだ。

「中邑さん、どうしたの? そいつ」
 振り向くと背後にメガネの市河がいた。両手を前で組んで紙袋を下げている。いつもジーパンなのに珍しくフレアスカートだ。ブレザーとフリルのついたブラウスでおめかししてやがる。
「あ、市河さん。うん… なんかね。草凪が今日誰かに呼ばれたみたいで…」
「男子なんて呼んでないんじゃないの?」
 二人の女子は俺を挟んで会話する。居た堪れない。

「麻里子、上がってもらいなさーい」
 家の中から大人の声がした。中邑のお母さんだろう。中邑は躊躇したが「はーい」とトーンを落として返事をする。
「誰に呼ばれたの?」
「ぇ…」
「女子の誰かから?」
「いや…」
 俺はタジタジになった。女子二人から尋問されて焦ってしまう。会話しながら中邑は戸を開け放って俺と市河を中に招く。
「いらっしゃい。何くんかな?」
「同じクラスの草凪」
「よく来たわねー。さあ上がってー」
 ほんわかしたお母さんが笑顔で迎える。大人な対応で助かった。いや、助かったのか? 他に男子は呼ばれてないのだろうか。最悪のケース俺一人かも知れないのだ。帰るべきだろうか。
「…ん」
 花柄エプロンでゆるふわパーマの優しいお母さんの手前、「やっぱ俺帰ります」とは言い出せなかった。

 市河が耳打ちしてくる。
「ちょっとアンタさ。なんでTシャツに短パンなの?」
 廊下を進んでいく間に話しかけられたのだ。
「いや、え? なにが?」
「見たところ手ぶらだしさ」
 咎めるようなメガネの奥の目。俺のいったい何が変なんだ?

「あれ? 草凪?」
 広いリビングに入ると同じクラスの山元に出くわした。頭にリボンを付け、鼻眼鏡に怪しい髭のついたジョークグッズを身に着けている。肩までの髪、物怖じしない目、程よく脂肪の付いた身体。彼女は中邑と比較的仲のいい友人だ。いつも給食のときは机を向かい合わせる仲である。「さやかちゃん呼んでないよね? 草凪誰に呼ばれたの?」と中邑。
「呼ぶわけないよ。誕生日会って聞きつけて勝手に来たとか?」
「えー呼ばれてないのに勝手に? どういうつもりで来たのアンタ??」
 同じクラスの女子が3人、俺の前に立ちはだかった。三方向から批難がましい声が矢継ぎ早に飛んでくる。口を挟む間もなく連続口撃、これじゃ分が悪い。やはり逃げるべきか…。

「市河さんね。こんにちはー。あら男の子も? お名前は?」
 清涼感のある声が奥から聞こえた。
 涼し気な白のワンピースに浅葱色の薄いカーディガン。キラキラとラメの煌きが眩しい。中邑によく似た顔立ちの背の高い女性。
「あ、あの…」
「お姉ちゃん。この人、同じクラスの草凪くん」
「そう。麻里子ったら男子一人も呼ばないって恥ずかしがってたから心配してたんだ。こんにちは。どうぞ座って待ってて。もうすぐ始めるから」
 歓迎されてしまった。
 帰りにくい。
 お姉ちゃんが言うのなら仕方ないと3人は一旦、矛を収める。俺はぽつんと隅の方にあるイスに座った。
 よく見れば部屋には女ばかり。お父さんはご在宅じゃないようだ。
 お誕生日会の会場は18畳くらいある。ベランダの窓が開け放たれ、庭は緑に囲まれていた。対面式のキッチンが併設され、10人くらい座れるようにテーブルが繋げられてある。料理の用意が現在進行系で進められテーブルに運ばれていった。大型テレビにコの字型のソファ。壁や窓に色鮮やかな飾り付けがしてあって、そのすべてが女性のセンスによるものだ。パステル調の水玉にボーダー柄、風船に旗などの小道具。
 不思議の国に来たみたいだ。。。

 さっきのお姉さんの言動から男子は一人として呼んでいないことは明白。今だったらまだ間に合う。よし帰ろう。

 ぴんぽーんと呼び鈴が鳴る。
 中邑が出迎え、やってきたのは最悪の二人組だった。
「!?」

「あれ? なんか男子来てる」
 子供っぽい渓口。
「すぐ裸になる草凪じゃん」
 ギャルで高邁な笹木。

 二人は女子の中に一人だけ混じった俺に臆することなく、むしろ玩具でも見つけたみたいなテンションになる。
 やばい…、どんどん女子が増えていく。
関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 お誕生日会 裸芸

web拍手 by FC2

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 1000字前後。
★プレビュー小説!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月3回くらい更新。月間で約2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 6000字くらい。
★毎月25日に1話完結の短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 18.6.30
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました