FC2ブログ
インフォメーション!
★最近忙しいです。また連載ペース考え直さなきゃ。☆今キャットファイト小説書いてます。
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

「初恋のあの娘の前で」長編執筆中 抜粋禄(4)2018-09-29(Sat)

 俺は男として扱われない。

 彼女たちにとってはディルドでしかないのだ。

「まだ触ってもないのにビンビンじゃん。パブロフの犬みたいっ」

 演劇部の女子たちは練習後の疲れを見せることなく練習着を脱ぎ始めた。俺はあらかじめジャージを脱ぐよう命令されている。ブリーフ一枚になって気をつけの姿勢で待つ俺。

 これから始まるのは一方的な搾取であり、女子たちのストレス解消の一環で、そこに俺の意思や感情が介在することはない。


「期待しすぎなんじゃないの?」

 美里が呆れた様子で勃起したおちんちんを指でぱちんっと弾いた。

「はぁはぁ…、ゥッ」

「今日もカラッカラになるまでみんなの相手してもらうからね」

 美里の言葉を合図に後輩の女子部員たちが俺の自由を奪っていく。手慣れたものだ。長椅子にバスタオルが敷かれて寝かされる。ブリーフがしゅぽーんと脱がされ、勃起おちんちんがばいぃんと飛び出した。

 タオルで猿ぐつわと目隠しされ、両手は長椅子の足に拘束。俺は両足を高く上げられて大股開きになる。この一連の流れはストレス解消マシーンの設置をする業者のような淡々とした作業でしかなくなっていた。

「何もしてないのにもうこんなガマン汁垂らしてるんだ? うふふっ」

「みんなゴム用意した? 使いまわしちゃ駄目だよ」

「大丈夫でーす」

 激しい稽古を終えた後だと言うのに一年生の女子たちは俺に群がった。ライオンの子たちが親に与えられた餌を一斉に貪るかのような勢いだった。

「ローション塗ってと」

 俺は何も見えない。されるがままだ。さっそく誰かの腰が落ちてきた。ずぷずぷとおちんちんに嵌められる。快感と屈辱が全身に走った。

「ふんふんっ」

「ぅぅうっ」

 女子たちのオナニーマシーンと化した俺は彼女たちが満足するまで嵌められるのだ。


 パンパンパンッ

 パンパンパンッ


 本来 腰を動かすべきオスは大地に固定され、両足を天高く上げられている。

「男子ムカつくっ おらっ おらっ」

 クラスで何があったか知らないが、俺は腰を突かれてストレス解消のための捌け口なのだ。男子の方が偉そうにしている社会構造の中で、彼女たちは彼女たちなりに感じているものがある。カラオケやゲームで発散するのと同じように俺をディルドにして遊ぶことでスッキリしたいのだ。つまり目的は『男』という物を陵辱すること。男子を一方的に犯すことで溜飲を下げているのだ。

 パンパンパンッ

 パンパンパンッ


「ふふっ 男の癖に女の子に組み敷かれちゃって無抵抗なんだ? 先輩、逃げてもいいんですよ?」

「嫌がってるのを無理やりって自分が男になったみたいで気分いいわー」

 がははっと豪傑に笑いながら俺を犯す後輩女子。我慢していたが目隠ししたタオルの下で涙がこぼれた。

 何度 味わっても男としてのプライドを奪われた性行為は屈辱以外の何物でもない。


「ハァぁ気持ちいいっ」

 一方的に自分の快楽を満たすだけの女子たち。腰を振り落とされて肉棒を陵辱される俺。

「先輩のおちんちん硬ぁい。短小包茎なのに硬さだけはいいね」

「なんかもう逝きそうになってるー。先輩ガマンしてくださいよ~」

「全員終わるまで保たないんだ? 情けないんだー」

「乳首触ってみて、みんな。乳首も硬いよ」

「ほんとだ。勃起してるみたーい」


 パンパンパンッ

 パンパンパンッ


「あ、もしもしー」

 美里の声が遠くに聞こえた。電話を持って準備室を出ていったようだ。声が遠ざかる。美里に頼まれ美里のためにこんな屈辱を受け入れているのに、自分は彼氏と電話かよ。俺が頑張っている姿をほっぽり出して、彼氏との電話のほうが優先度高いのか…。

 美里に見てもらえないのなら、俺は誰のためにこの痴態を演じているというのだろう?


 ドピュッ


 俺は敢えなく一回目の射精を迎えていた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 いじめ

web拍手 by FC2

「初恋のあの娘の前で」長編執筆中 抜粋禄(3)2018-09-22(Sat)

「ちょっとやだ。社会の窓全開じゃん」

 早希がトイレから帰ってきた俺の失態にいち早く気づいた。言われてからアタフタと背を向けてチャックを上げようとする。だが振り向いたそこには南のでかい身体が壁のように立ちはだかっている。


「なんだ? 露出狂かよ?」

 女子プロレスラー並の迫力がある顔で俺を蔑み、「プッ」と何か悪戯を思いついたような口元の緩みを見せた。

「部員よりも早くトイレ休憩とはいい度胸だな? マネの癖に」


 俺は右向け右をしてスゴスゴとその場を離れた。だが肩を掴まれる。

「待ちな。みんなジャージに着替えてるのにマネージャーが制服のままっておかしくないか? お前ここで着替えろよ」

「ちょ、やめてくれっ」

 南は嫌がる俺を羽交い締めにしてしまう。肩を上げられて、腕の自由が利かない。ジタバタと暴れるが南の腕力には敵わなかった。


「手伝ってあげようか?」

 早希が近づいてきて、呼応するように他の部員も俺を囲む。またいじめちゃおっかというノリが伝播したようだ。


「いいって! 一人でやれるっ」

「サボった罰だ。みんなズボン脱がしてあげてな」

 早希の号令で演劇部員が動いた。手慣れたものだ。膝を抱えられ、足首を持ち上げられて両手両足の自由を奪ってからベルトをカチャカチャと外し始めた。

「ちょっ… こんなとこで着替えなんて」

「男子更衣室なんてないの。仕方ないじゃん」

「でもっ」

 抗議している間にシャツのボタンとズボンのボタンが外される。ズボンのチャックは開いたままなので、そのまま下ろされてしまう。みんなの前に真っ白ブリーフが露出する。

「あ、黄色い染み付いてるっ」

「うゎ~… やだーっ」

 女子部員たちが騒ぎ出した。出来たての染みを見られて俺はカァと顔が熱くなる。

「やめろっ。見るなよッ クソッ」

 暴れても南に抑え込まれてしまうとそれだけで何もできない。


「誰かこいつのジャージ持ってきてあげな。それと替えのパンツも」

「はァ!?」

「そんなばっちぃパンツ穿いてたら病気になるだろっ」

 早希は加虐の笑みを浮かべて後輩たちに「脱がしちゃえ」と目で合図を送る。


「あぁっ… やめ…」

 ズボンを脱がされるのと同時進行でパンツも下ろされていく。ぷらぁぁんと縮小しきったおちんちんが外の空気に触れた。

 俺は身体を暴れさせて脱出を試みるが無駄だ。おちんちんを固定するものがなくなって、皮の被った短い肉棒が無様に振り乱れるだけ。

「ぷぷっ」

「クスクス」

 いつもは「小さいですね」だの「毛が生えてないんだ」だのと罵るが、今はあくまで着替えを手伝っているだけだ。性器が丸出しになったのに嘲笑っているだけで誰も感想を言わなかった。


 何も言われないのも惨めなものだ。いつもみたいにいろいろ罵られたほうがなんぼかマシ…。羞恥で俺の顔が真っ赤になって湯気が立ち上る俺。ズボンとパンツが足首から抜けてすっぽ抜かれた。そしてなぜかガバっと両足を広げられ、おちんちんがみんなによく見えるように配慮されて…。ジャージ姿の女子たちの前で俺だけ下半身を露出した状態になる。


「くそぅ…」

「まだ? まだだって。ジャージ持って来るまでその恰好で待機してよっか」

 確信犯の癖に早希は意地悪く俺を見下ろす。


「着替え来るまで汚いちんぽこ拭いてやるか。誰かウェットティッシュ」

 早希は進み出て、両足を開いた俺の股間の前に立つ。

「いいって! やめろよ! こんなとこでっ」


「生意気なこと言ってないでいい加減ちゃんとやってくれないと困るんだけど?」

「そうだぞ。染み付けたまんまだしチャック全開とかっ。不潔な変態だな」

 早希と南が嘲笑った。

 ウェットティッシュで肉棒の先っちょを包み込むようにして摘んできた。

「ぅ…」

 むく…

 むくく…

 むくむく……


 早希の指の力が亀頭を押し潰すように強めだったため、俺は身体をビクンッとさせてしまった。勃起が始まる。

「やだ… 大っきくなってく… ヒソヒソ」

「拭いてあげてるだけなのに…? ヒソヒソ」

 善意の行為なのにそれで感じちゃってるのはおかしいと女子たちが俺に聞こえるよう耳打ちし合った。

「こんなので勃起しちゃうんだ… ぅゎぁ ヒソヒソ」

「やっぱり変態なんだぁ… ヒソヒソ」


 早希が手を離しておちんちんを公開する。勃起しきったおちんちんがみんなの前で丸見えになった。それでも皮が剥けていなかったので早希はバナナの皮を剥くように下ろしてくる。真っピンクの恥ずかしい亀頭が露出してしまう。


「ぅぅっ くそっ…」

 ぷらぁぁんと女子たちの前でみっともなく揺れ動く肉棒。

 早希はウェットティッシュを右手と左手に2枚持って、左手で根本を握ってきた。直接は触れないようにしたいらしい。肉棒が固定され、寝ていた状態から真上を向かされてしまう。露出したピンクの亀頭を右手のウェットティッシュでちょんちょんちょん、ちょんちょんちょんと小突くように拭いてくる。

「ぅぅっ」

 思わず声が漏れてしまった。

関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 いじめ

web拍手 by FC2

「初恋のあの娘の前で」長編執筆中 抜粋禄(2)2018-09-15(Sat)

 夏休み。

 俺は演劇部の女子たちに引っ付いて合宿に参加することになった。


 江群凰館(えむおうかん)と呼ばれる名門女子高の旧校舎に泊まるようだ。森に囲まれた古めかしい建物で、昨年までは女子高の校舎として使用されていたらしい。演劇界に多数の女優を排出している名門女子高とあって、江群尾館は合宿や新入社員の研修施設として利用されることも多い所だ。建築物の歴史的価値は俺にはわからないけど全国の演劇関係者が憧れを抱くような聖地であるとのこと。

 俺たちの学校は3日間だけ合宿のスケジュールを取ることができた。

 基本的に俺は男子マネージャーとして参加。ジャージではなくブリーフ一枚で居るように言付けられていた。江群凰館の敷地内なら演劇部以外の人影もないし、絶好の調教機会なわけだ。



「イス」

「はいっ」

 マネージャーとして強制入部した俺も彼女たちのサポート役もだいぶ板についてきたところだ。深衣奈(みいな)にイスと言われれば俺はすぐさま四つん這いになって、背中に彼女のお尻を受け入れる。

「スポーツドリンクは? なんで用意してないのぉ?」

 どすっと腰を下ろした深衣奈は腕組みして後輩たちの練習風景を眺める。小休止に入った部員たちにドリンクを差し入れるのは俺の役目だった。しかし持ってくるのを忘れていたのだ。

「みんな稽古に熱が入ってるのに、気が利かないマネージャーね!」

 パンッ

 講堂に情けない音が響いた。

 深衣奈は俺の尻を叩いたのだ。ブリーフ一枚で四つん這いになっている俺。痛みが尻にジンと伝わってくる。ムクッとおちんちんが反応していた。

「す、すいません。用意はしてあるんですけど教室に置きっぱなしでしたっ」

「しゃーねーなぁー。取りに行ってきてよ」

 深衣奈の指示で俺は『イス』から解放された。

「脱ぎな。罰としてフリチンで取りに行くこと」

 にぃと意地悪な笑みで彼女は笑い、そして瞬間的にまたあの怖い目を見せる。鋭く凶暴な視線。俺は「はいっ」と返事をするしかない。

 深衣奈の命令は絶対だ。

 俺はその場で自らパンツを脱いで折り畳み、そっと床に置いた。深衣奈にイスにされたおかげでおちんちんは半勃起状態だ。手で隠したりモジモジしていると叱られるので俺は気をつけの姿勢でジャージ姿の深衣奈の横に立つ。

「2分で行って戻ってこれるでしょ? はい、スタート」

 深衣奈は俺の返事を待たずに、ぱんっと一拍手してスタートを切られる。走らないと2分では戻って来られない距離だ。俺は考える間もなく走り出すしかなかった。


「きゃっ、また裸になってる」

「今度は何やらかしたの? あいつ」

 部員たちが横目で俺を見ている。彼女たちが稽古している横を俺はフリチンで走った。半勃起した肉棒がペチペチペチペチッと太ももに当たりながらも、恥ずかしげもなく走る俺。

「ぷっ。なにアレ」

「またヘマしたんだ? 実は好きでミス犯してるんじゃない?」

「深衣奈先輩にまた何かやらされてる。懲りないねー」


 ペチペチペチペチッ

 股間を隠すことなく腕を振りながら走る。往復ビンタみたいに太ももに竿が当たって恥ずかしい情けない音が講堂に響く。

 ペチペチペチペチッ

 肉棒は振り乱れて痴態を演じていた。


「ぷぷっ」

「クスクス」

 一生懸命 稽古している美里や早希たちの横を全裸の俺が全力で走る。

 ペチペチペチペチッ

「やだ。金玉すごいぶらぶら揺れてる」

「うわ… カチカチじゃん」

 いつの間にやらフルに勃起して、亀頭が完全に真上を向いてしまっていた。


関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 いじめ フルチン

web拍手 by FC2

「初恋のあの娘の前で」長編執筆中 抜粋禄(1)2018-09-09(Sun)

 僕の中学時代にはゴリゴリのヤンキーがまだ生存していた。短ランでボンタンでリーゼントみたいな。
 美里がそっち側に恋焦がれて行ってしまうのが悲しかった。ダメ男とかワルって真面目なやつより人気があるんですよね。
 「初恋のあの娘の前で」では美里の彼氏との三角関係も出てきます。寝取り寝取られが描ければよいかなと思います。


 俺は美里と一緒に居るところを浜尻たちに見つかってしまった。浜尻は美里の彼氏でゴリゴリのヤンキーだ。いかつい目に後ろ髪だけを伸ばしている。その仲間たちもシャレにならないくらいのワル揃いだ。

 大型のバンに乗せられた僕はすぐに全裸になるように命令された。美里の見ている前で一枚一枚脱いでおちんちんを晒す。

「なんだ、お前。チン毛剃ってんのか? がははっ」

「はぃ…」

 思わず前を隠した状態で俺は畏まった。前の座席のほうで浜尻他、4人のヤンキーが嘲笑っていた。その内の二人は女だ。運転席には高校生よりは歳上に見える男が乗っている。浜尻の先輩だろうか。


「正座しろっ」

「はぃ」

 美里は浜尻の登場で何も言えなくなっていた。彼を怒らせれば手がつけられないのだから仕方ないが。

「なんでこいつ(美里)がお前と一緒に居るんだ? 狙ってんのか? オ?」

「ぃぃぇ… そんな…」

 俺は伏し目がちで否定するしかない。確かに美里のことは好きだけど俺から誘ったわけじゃないし…。むしろからかわれて遊ばれているわけで。


 ゴッ

「うっ」

 いきなり肩口を殴られる。すぐに暴力に訴えてくるやつらだ。

「あんま舐めてっと埋めるぞっ」

「ごめんなさい」

「手は膝の上だろがっ」

「はぃ」

 言われた通りに股間から手を退けて丸出しにする。美里はそっぽ向いているが高校生らしき金髪の女たちはこちらを覗き込んで嘲笑っていた。

 全裸で正座させられて詰められる俺の姿はさぞかし惨めなんだろうな。それでも腕力で勝てない連中にはこうしてひれ伏すしかないのだ。

「……ちょっともう止めてあげて」

 美里はこうなることは本意ではない。自分から連れ出した負い目もあって何度か助け舟は出してくれる。だが残念なことに浜尻は聞く耳など最初から持っていない。


 ゴッ

 ゴッ


 俺は何度も殴られ、因縁を付けられる。結局、俺から誘ったという既成事実が作られてしまった。


「もういいわ。お前降りろっ」

「へ?」

「帰れや」

「はぃ」

 俺はヘコヘコと服を着ようと思った。ところが常識のないコイツらは発想も鬼畜でまともに帰してくれるはずもない。

 浜尻がバックドアを開けて「早くっ」と急かす。

「いやあの…」

 服は着させて欲しいという意味で衣服を掲げてみるが、浜尻はそれをムンズと掴んで俺から奪い取る。

「お前の顔見てんと苛々すんわ! 降りろや!」

 ドンッ


「はぐっ」

 俺は蹴られて荷室から転げ落ちた。アスファルトの上に裸のまま落ちて、したたかに尻を打ち付ける。車の中から浜尻と美里以外の連中から笑い声が漏れていた。

「じゃあな!」

 ブチ切れた浜尻は無情にも怒りの形相のままドアを閉めてしまう。


「あっ」

 俺はすぐに状況を理解した。人通りの多い学生街のど真ん中だった。近くに女子大でもあるのかきれいなお姉さんたちが一斉に悲鳴を上げる。

「きゃー! なに!?」

「うわ。何よアイツ」


 俺はすぐに立ち上がってバックドアに飛び付いた。だが立ったときにはもうエンジンがアクセルが踏み込まれていたようでタイヤがキュキュキュと回転して動き出す。

「ちょっと!」

 俺はおちんちんを隠しながら周りをチラと見る。遠巻きに女性たちがこちらを注目していた。みんな驚きの目で困惑した様子だ。


 バンは勢いよく車道に出て発進していった。みるみるうちに遠ざかる。嘘だろ? こんな恰好でここから歩いて帰るのか? その前に警察に捕まってしまうじゃないか。アイツ鬼かよ!

 俺はパニックになっていた。

 追いつけるわけもないのにバンを追いかける。


 女性の悲鳴が響く中を俺はペタペタと股間を隠しながら走った。内股で背中を丸めたダサい走法だ。顔が真っ赤になって頭から蒸気を噴き上がった。悲鳴の中には笑い声も混じっている。「写メ撮ろ」という言葉も聞こえてきた。


「待ってへー」

 俺の願いが通じたのか100メートルほどでバンが停まる。右折して反対車線へとUターンした。俺は「ぁ、戻ってきてくれるんだ…」と安堵する。さすがに警察に捕まるようなことは避けてくれるようだ。

 急いで俺も反対側の道路へとペタペタと横断する。


 キッキー!

「はうっ!?」

 後ろから走ってきていた車に気づかず、もうすぐで轢かれるところだった。

 同時に思い切りクラクションを鳴らされてしまう。首を竦め、思わず両手を離してしまい、おちんちんを丸出しにしてしまう。車の中ではお姉さんが口をぽかんと開けて、俺のことを宇宙人でも見るような目で見ていた。


「ごっ ごめんなそ~ぃ…」

 ヘコーッと頭を下げて両手で股間を隠し直しそのまま横断を続ける。だが反対車線からも車が走ってきていて、俺は中央分離帯でしばし立ち往生するしかなかった。

 車を見送って反対側の歩道に走り込むと、そこにも道行く若い女性たちが居て、蜘蛛の子を散らすように逃げていった。


 振り返ると後続のバンが戻ってくるのが見えた。ここで待っていれば乗せてもらえるよな…。

「これだけ返してやるよっ」

 戻ってきた浜尻たちのバンから窓が開いて声が聞こえた。悪ノリした助手席の男が何かを投げて寄越す。しかし丸められたそれは思いの外、飛距離が出て歩道の向こう側に飛んでいった。

「あぁっ」

 白い塊はたぶんブリーフだ。俺は両手でキャッチしようとバンザイした恰好でぴょんっとジャンプしてみせる。だがボールみたいに丸められたソレは用水路にひょーいと落ちていってしまった。

「あぁああぁっ」

 フリチンのままガードレールに飛びつく。


 ブォオン…

 バンは俺を乗せることなく、そのまま走っていった。

「えぇえぇ…」

 おちんちんを隠すことも忘れて俺は呆然とお見送りする。周りでは女性たちがヒソヒソと俺を指さしたりしていた。

 早く逃げなきゃ。

 まずい…。

 ここどこだ?

 とりあえず人気のないところへ行かないと…。


関連記事

tag : CFNM 男性羞恥 いじめ 全裸歩行

web拍手 by FC2

お知らせ18.09.012018-09-01(Sat)

さて今後ですが、しばらく長編作業に入ります。

『お楽しみ会で』はブロマガのほうで解決編を続けるとしてブログ本編はリュウシンが全裸に剥かれるところまでにしておきます。


今後しばらくは長編で「ねちっこく責める」をテーマに書こうと思いますので、ブログは連載ではなく抜粋版を週一でお届けします。こんなの書いてるよという活動報告みたいなものですので、ストーリーに繋がりはありません。

また不定期でエロコラムやネタを投稿できればと思います。


以下、『好きな娘の前で』 リライト長編版の一部です。



「ほらボサッとしてないでさっさと腰振りなよ」

 美里は足の裏を使って俺の尾てい骨の辺りをグッと押してきた。ゴム人形と言うにはリアル過ぎる幼女のお尻が近づいてくる。

 床に跪いている俺は意を決して人形のお尻を掴む。

「をっ。やる気になった?」

 早希がスマホを構えて俺の前に座り込む。ほとんどM字開脚でスカートの中が丸見えじゃないか。俺は伏し目になって人形のお尻に集中した。

 おちんちんは痛いほどパンパンに張り詰めている。

 自分のガマン汁とローションで充分に濡らしているから痛くはないだろうが、ゴム人形の膣に挿れるなんて経験はまるで初めてでなんだか怖い。だがビビっていることを美里や早希に悟られるのは癪だ。だから美里に押されていることとは無関係に俺は腰を前に突き出した。

 女豹のポーズをとったゴム人形はグッと沈み込んだ。床に頬を押し付けられて表情が歪む。リアルだ。目をつぶっているので罪悪感が半端なく押し寄せてくる。

「ぅ」

 勃起したおちんちんがリアルな割れ目ににゅると侵入した。

「這入った這入った!」

 すかさず写真を撮られる。早希は俺がゴム人形と必死にセックスに耽る様子をしっかりと収めたわけだ。また一つ彼女たちの言うことを聞かなければならない要因が増えてしまった。今さら一つ二つ増えたところでとどうとも思わないが、徐々に後戻りできないところまで深みに嵌っていることはよく理解できる。

 俺は美里の側にいたくて屈辱の写真を言い訳にしているだけなのかも知れないな…。


「もっと腰振らないと女の子はちっとも気持ちよくないよ?」

 自分のベッドに腰掛けて私服のままで高みから俺のセックスを見物する美里。口元が上がって優越感に浸っているのがよくわかった。太ももに肘をついて、頬杖をする表情はずいぶんとリラックスしている。サラサラとした黒髪がクーラーの風に揺れて涼しそうだ。空調の効いた部屋の中で必死に汗をかいて腰を振る俺とは大違いだな。かなりの屈辱だ。

「はっはっはっはっはっはっ……」

 俺は顔を真っ赤にしてパンパンパンパンッとゴム人形のお尻を打った。まさか初めてのセックスがゴム人形とはな…。それでもリアルなそのすべすべの背中に俺は覆いかぶさる。

「うわ、お前必死だな。野良犬みたい」

 早希は相変わらずの口汚さで俺を責めた。いつの間にかムービーに切り替えたみたいでシャッター音は止んでいる。スマホを構えながら背後に回ってくる。

「ちょっ美里、これ見て。ほら。おもしろいよ」

「え、何?」

 ベッドから降りた美里は早希の隣に腰を下ろす。俺は首の下まで真っ赤っ赤に染めることになった。その位置からだと俺のお尻の穴も腰を振る度に揺れる無様な金玉も丸見えじゃないか。

「ね? アメリカンクラッカーみたいっしょ?」

「きゃはは、やだっ。ぷらんぷらんしてるっ」

 二人の生身の女子が俺の疑似セックスを背後から鑑賞している。

「お前のチンポってさ、ペンシルロケットみたいだな」

 ひゃひゃひゃと下品に笑う早希が俺の股間を指さしていた。

「こんなにがんばってんだから、そんな言い方したら可哀想でしょ」

 美里は安い同情で友人をたしなめた。クスクスと微笑みつつも男子がセックスに励む様子を安全圏から観察している。まるで動物園の猿でも観察するみたいな気軽さだ。俺は服を着た女子たちの前で交尾を見せる毛のない猿になった気分になった。同じ部屋に居ても決して美里と同じステージには立てないのだ。こんなに好きなのにどこまで行っても交わることがない。ペットの犬扱いである。

「はっはっはっはっはっはっ……」

 パンパンパンパンッッ

 それでも俺は恥知らずにも腰を振ってみせる。始めは怖かったのに膣の中のイボイボがおちんちんを刺激して気持ちいい。だが相手は人形。これはセックスじゃない。一人でハッスルしているだけ。マスターベーションに耽るのとなんら変わりない。俺は誰にも見せたことのないオナニーをこうして惜しげもなく披露しているわけだ。頭の中がどんどん沸騰していく。

「腰がカクカク動いてさ、ぜんぜん気持ちよくなさそうじゃない? ヘタクソッ」

「焦らないでもうちょっとゆっくりでいいんだよ?」

 罵倒とアドバイスをもらいながら、俺は理性的にそれを聞いている余裕はなかった。勝手に腰が突き動き、金玉をブラブラと揺らしながら快楽に耽るだけ。

 早希が俺の周りを周りながら撮影する。ヨダレを垂らしたアヘ顔の俺をしっかり撮影しているようだ。誰にも見せられない恥ずかしい絵が撮れたことだろう。それでも俺は腰を振るのをやめられなかった。

「あははっ 必死だね。がんばれがんばれー」

 美里の声が近いようで遠い。俺は涙を零しながら射精の時を迎えるのだった。

 

tag : CFNM 男性羞恥 お知らせ

web拍手 by FC2

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 1000字前後。
★プレビュー小説!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月3回くらい更新。月間で約2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 6000字くらい。
★毎月25日に1話完結の短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 18.6.30
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました