FC2ブログ
ファンティア
インフォメーション!
★ファンティア更新中。https://fantia.jp/fanclubs/17354
★パブーは惜しまれないつつ閉店されるので解約しましょう
★8月31日更新分は間に合いませんでした。すいません。次週に掲載いたします。
☆次回更新 9月7日予定
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

一年戦争で(4)2015-05-08(Fri)

 男子と女子とでは男子のほうが生徒数が多い。
 僕らのクラスも総勢30人で、男子は16人に対して女子は14人である。
 数の優位もあって、今日中にでも戦争ルールが調印されれば僕ら男子が戦争を圧倒して終わらせることになるだろう。

 イーグルは男子の他の派閥にも話しして総意をまとめ、女子のリーダー ピーチの元へタカと共に乗り込んでいった。

「ルール的に”捕虜”って兵隊として参加できなさそうな気がする」
「え、そうなのか?」
「そりゃ普通に考えて捕虜が自由に動けるわけないでしょ」
 僕の親友であるファルコンが隣でつぶやく。
「なんだ、そっか。せっかくスカートめくりまくってやろって思ったのによ…」
「そんなむしのいい話ないよ」

「ひゃははっ。まあ観戦してろよお前らは。俺が女子全部のパンツ脱がしてやっからよ」
 ドラゴンがそんなことを平然と言ってのける。だからそれだと反則負けなんだって…。
 僕らは三人肩を並べて帰路を共にしていた。先ほど話しあったことで単独行動はしないようにするってこともあるが、ドラゴンは護衛というより僕を餌に女子を釣ろうとしているんじゃないか?
 バトルが好きなんだろう。

「参加できなくてもいいじゃん。ずっとどっかに監禁されるわけじゃないんだ。となるとスパイとして女子側の情報を持って帰れる。優位に立てるよ」
「ま、どっかのタイミングで捕虜解放作戦でもやって助けてやんよ」
 ドラゴンとファルコンはそう言って僕と別れた。

 一緒に帰るって言っても、家の中まで一緒に帰ってくれるわけじゃないからな。当然、途中で別れることになる。

 僕は安心しきっていた。
 よく僕らの年代だと女子のほうが成長早くて背も高いし力もあるし運動能力も男子に引けをとらないなんて言われるけど、そんなわけないじゃん。そんなの一部の発育のいい女子だけだ。
 脱がし脱がされの力勝負なら相対的に見て男子は絶対優位だし、女子のほうが成長早いからとか言って都市伝説を信じてるであろうピーチやイチジクさんは余裕を見せているみたいだけど、今に泣きベソかいてパンツ一枚にされて土下座することになるよ。

 僕はレモンの五角形のお子様パンツを思い出していた。
 不可抗力のアクシデントとはいえ僕は実戦で女子に勝っているという実績もあるし、ルールがあの時点で制定されていたなら女子の一人を葬っているということになる。
 女子を葬れば葬るほどクラス中の女子の股間を拝めるというわけだ。
 そうだアクシデントついでにパンツも脱がしてやれ。パンツの向こう側がどうなってるのかにとても興味が湧いた。女子のアソコの構造がどうなってるのかじっくり見てやるんだ。そのときは反則負けになってもいいや。捕虜解放作戦で自由になれる日が待ち遠しい。

 ひっひっひっ
 早くルールが決まらないかな。
 僕ら男子に逆らったらどうなるか教えてやる。

「なんかホークくん、ニヤついてるよー。キモい」
 誰かが僕のすぐ近くでつぶやいた。

 自宅のあるマンションまであと5メートルといったところか。
 周りを確認すると僕の背後に人影が躍り出た。

 みかんだ。
 クラスで一番背が低くて丸顔の娘だ。オレンジの髪留めをしていたことからみかんだって。ほっぺが赤くてアホ毛を揺らしてて子供っぽい奴だ。

「ホーク…、ちょっと話があるんだ」
 もう一人の声が聞こえる。
 涼やかな声、潤った瞳、背中まで届くさらさらの長い髪、凛とした立ち居振る舞い。
 僕の自宅のあるマンションの入り口から現れたのはイチゴだった。

「え? なんで…?」
 僕の家の前にこの二人が居るなんて思ってもみないことだ。二人ともランドセルを背負ったままだった。

「ちょっとこっち来てくれる?」
「え、なんだよ。待てよ、なんの用だ?」
「…戦争が激しくなる前に聞いておきたいんだ、私。幼なじみとして話しておきたくて」
「話? いや…話って、ここでもできるじゃん…」
 僕はそこはかとない不安がよぎる。
 ずっと口を利くことのなかった女子連中が、向こうから接触してくるなんて… いや大丈夫だとは思うんだ。イチゴは人を騙すような奴じゃないし、万が一騙されても逃げ切って見せるし。相手は二人だけだし。だけどなぜか不穏な空気は払拭できない。

「戦死の問題は女子にとってデリケートな問題なんだよ? ここじゃちょっと…」
「一人で来るのが怖いんでしょ? 意気地なしだねっ」
 みかんがバカにしたようににかっと笑う。
「ちがっ…。話なんかここでもできるって思っただけだっ」
 みかんはアホ毛を揺らしながら「じゃあついてきなよー」と小馬鹿にしてくる。
「どっちにしても捕虜なんだから、あんたに拒否権ないんだけどねっ」

「くっ…」
 確かに捕虜は言うことを聞かなければならないんだ。僕はイチゴとみかんの後についていくことにした。罠であることはわかっているが。くそっこんなときのためのドラゴンだってのに。


 呼び出された先は僕が「はりつけの刑」にされた例の建設中のマンションだ。ピーチ財閥の所有物でみんな勝手に忍び込んでいるわけだが、一人っ子の娘に甘いらしい両親らしいからバレてもどうってことないのだ。周りを見回して人気がないのを確認してすっと三人で侵入する。
 1階のエントランスを抜ける。4階まで階段で上がった。まだ梁がむき出しの2階や3階と違って、4階は端の部屋だけは先行して施工が進んでいるらしい。
 中に入ってみるとファミリー向けっぽい間取りで完璧ではないが部屋として完成が近づいている感じだ。木くずの残ったフローリングの床、中途半端に貼られた壁紙。
「入りなよー。靴は脱いでね」
 みかんに促されて、奥の部屋に行くと誰かいる… あれは…水泳部のエースだ。腕組みして窓際に立っていた。
 赤い彗星のリンゴである。
「よくきたわね」
 カチューシャでまとめられたふんわりした長い髪に、切れ長の目。意識してなのかタイトな赤いミニスカート。薄手のカーディガンに発育のいいおっぱいの形。
 リンゴはゆっくり振り返って僕を見据えた。
「あんたがレモンをレイプしようとしたって聞いたわ」
「あ? それがなんだってんだ?」
 僕はどきりとした。リンゴは本当にレイプ未遂の被害に遭ってる。そのリンゴの友達であるレモンが同じ目に遭ったと聞いたわけだ。
 リンゴの静かだが怒りに満ちた目が怖かった。
「あんたレイプが好きなんでしょう? それなら被害者の気持ちも知っておいたほうがいいわ」
 リンゴは僕が凄んでも臆せずに前に進み出た。反対に僕はじりっと一歩下がる。

 振り返るとイチゴとみかんが僕を取り囲むように背後に立っている。
「な…、なんのつもりだお前ら! ひ、卑怯だぞ! ルール制定前なんだぞ! 何しようってんだ!?」
「話があるって言ったでしょ。ビビりすぎよ」
 イチゴが答える。

「…な、なんだよ、早く言えよ…」
「ホークくんは捕虜なんだから偉そうにしないでよー」
 みかんが腰に手を当てて、ない胸を張って牽制してきた。
 捕虜捕虜うるせーな…。

「まず連絡事項だけ言っておくけど明日は水着持ってきたほうがいいよ。みんなにも伝えといて」
「あ?」
 何だ、急に? 水着だって? プール開きは一週間後のはずだよな…。
「何言ってんだ?」
「伝えたから」
「イチゴちゃん優しすぎだねっ。放っとけばいいんだよ男子なんか」
「そんなのフェアじゃないでしょ」
 イチゴとみかんのやりとりの意味がわからない。

「なにー? やっときたの? もう待ちくたびれた」
 突然の声。隣の部屋から敷居をまたいでこちらの部屋に入ってきたのはレモンだ。

 僕と目が合う。キッと僕を睨んでいた。
「この間はよくもやってくれたな!」
「あ、あれは事故だろ! お前が人のもん盗るから」
「盗撮しといてよく言う! 捕虜はなにされても文句言えないんだろ。こんなやつ早くやってやろうよ」
 レモンはTシャツにデニム地のスカートというシンプルな出で立ちだ。手には何やら棒状のものを持っていた。

「待てよっ話しだけって言っただろ?」
 僕は焦った。話だけなんて嘘じゃないか…。
「話があるのはイチゴちゃんだけ。私は別にあんたと話すことなんてないし」
 レモンの手にあったのは竹刀だ。
 刀身を肩にぽんぽんと当てている。凶器を持ち出すなんて卑怯だ。
 やっぱり騙されたんだ。

「とりあえずさ、あんたが私にしたこと覚えてるよね?」
 レモンが竹刀の先を僕の鼻先にすっと向ける。
「あぁ…」
「イチゴちゃん、コイツの持ってたデジカメ、何が映ってたか見たでしょ?」
「…うん」
 イチゴは観念したように頷いた。
「じゃあ、話し聞く必要なんてなくない?」
「直接ホークの口から聞いてみたい。こんな卑劣なことするような子じゃないって信じてたのに」
 イチゴはランドセルの中からデジカメを取り出す。あれは確かに僕のものだ。やはりレモンレイプ未遂事件以降に没収されていたデジカメの中身を女子連中は確認されていたようだ。
 僕が女子の着替えを盗撮しようとしていたことも女子連中に伝わっているんだ。
 イチゴはどこか悲しそうな目だった。
「なんか言いワケあるなら聞くけど?」
 レモンが竹刀で僕の鼻をコンッと小突く。
「くっ…。そんなの偶然デジカメのスイッチが入っただけろ。お前らの着替えなんか見たって目が腐るだけだわっ。そんなことより話があるって騙して連れてくる方が悪質だろ!」
 僕は心にもないことを言っていた。だって騙されたって思って頭にきてたんだ。

「これでわかったでしょっ。コイツ本当のクズだ!」
「ひどい目に遭わせてやるからねっ!」
 レモンとみかんが声を荒らげた。

「もうかばいきれないし信用できない」
 イチゴが僕を見限ったようにそっぽを向いた。

「よし、決まりね」
 目をつぶって話の流れを見ていたリンゴが発言する。
「暗くならないうちに終わらせましょう」
 リンゴの合図で女子たちが動いた。

 まずみかんが僕の右手を掴む。僕はすぐに振り払おうと腕を振り回した。すぐには振り払えずに左手を動員して自分の右手を助けようとした。
「あっくそっ」
 だけど既に左手も取り押さえられて、両手が使えなくなる。
 みかんは背後から僕の自由を奪う役だった。
 次にイチゴが僕の背負っていたランドセルを横から入ってきて掴んで、後ろへ引っ張った。
「うおっっ」
 僕は後ろに倒されてしまう。

 続いてリンゴとレモンが僕の足を取り押さえにきた。
 右手をみかん、左手をイチゴ、右足をリンゴ、左足をレモンが制圧した。
 あっという間に自由を奪われる。
 恐ろしく手際が良い。

「ほら抵抗してもいいんだぞ?」
 レモンが僕を挑発する。
「なっやっやめろっ」
 レモンの手が僕のズボンに向かっていった。
「捕虜はおもちゃなんだから何されても文句言えないんだよ! でもせいぜい抵抗しな。男子がどんなにがんばっても女子に勝てないって教えてやる」
「くっそっ。ルール制定前だぞっ。ここで僕を脱がしたって戦死にならないんだぞっ」
「そんなのわかってるに決まってるでしょ」
 レモンが言いながら僕のチャックを下ろしてズボンを脱がしにかかった。ランドセルを背負ったまま倒れているから比較的、腰が浮いた状態で脱がしやすい。
 するするっと簡単に膝までズボンが下げられて真っ白いブリーフが彼女たちの目の前に露出した。

 僕はそれだけで顔が真っ赤になっていく。
「やめろっ」
 女子に力ずくで服を脱がされる屈辱は男として絶対に受け入れられない。全力を尽くして手足を抜けださせようとあがいた。

「みかんっ。シャツのボタンを外してっ」
 リンゴが次の指示を出す。
「ちょっと待ってっ。意外に力強くて、暴れてー…」
 みかんが焦っている。四人の中では一番チビだし力なんかなさそうなみかんだ。なるhど…みかんを利き腕である右腕の制圧に行かせたのは失敗だったようだな。ここを脱出の糸口にするしかない。
 右手に力を入れる。

「よし」
 強引に右手を抜き出した。そのまま右手でみかんを突き飛ばす。みかんは「きゃっ」と押されて尻もちをついた。
 僕は上半身を起こす。
 左手側のイチゴを見て、自由になった右腕を左手解放に向かわせた。
 するとイチゴはあっさり左手を放棄して離れた。

 えっ?と思っているとイチゴはすかさず背後に回りこんで再度、左手を取る。同時に右手まで取った。そのまま引っ張られてチキンウィングにされた。
「うあっ…いてて」

「よおし。今度こそー」
 みかんが僕の正面に回ってシャツのボタンを外しにかかる。もちろん全力で抵抗して体を捻ったりするが本気になった女子の力が侮れないものだと初めて知った。

 
 ボタンが一つひとつ外されてシャツの前が開いた。シャツの下はランニングシャツでそれだけでも見られて恥ずかしくなる。
「肩の部分から、そう。そうやって引き抜いて」

 みかんは器用に僕のランドセルの間を縫ってシャツを引き抜いてしまう。
 上半身の攻防をしている間に疎かになっていた下半身はいつの間にかズボンが足首から引きぬかれていた。
 僕は白いランニングシャツと白いブリーフと白い靴下という情けない下着だけの格好にさせられた。
 おまけにそんな格好でランドセルを背負ったままなんて、素っ裸にネクタイをしているような間抜けさだ。
 女子の前で無理やりに屈辱的な格好をさせられて堪らなく悔しい。
 顔がタコみたいに真っ赤っ赤になっていた。

「それっ」
「うわっぷ」
 自由に動けるみかんが僕のランニングシャツをたくしあげた。ランドセルの肩紐が邪魔して脱がせることはできないが、そのまま裏返しに頭に被せられてしまった。

「あははっ」
 みかんは間抜けな僕の格好を見て笑った。

 僕はあっという間に女子に負けてしまった。僕が女子だったらこの時点で戦死だ。僕は男子だからこのまま抵抗できずにブリーフも脱がされておちんちんを女子たちに見られてしまうんだ。そして開戦前にあっさり戦死したという事実が残ってしまう。

「みかん変わってっ」
「おーよー」
 レモンとみかんがポジションを入れ替えた。レモンは竹刀を持ち直して僕の正面に立つ。
 ランニングシャツ越しに見える、おぼろげな影。
 僕の少し開いた股の間からレモンが前に進み出る。

「こんなに抵抗したのに女子に脱がされるんだから、あんたたち男子なんて大したことないってことね」
 レモンは手にした竹刀のきっさきを伸ばしてなんと僕のおちんちんに押し当てる。
「ウッ」
 敏感なおちんちんをつんつーんっと刺激されて、さらに恥ずかしさが倍増した。

「今日中に戦争のルールは決まるでしょうね。明日からそのルールに基づいて私達はこうやって戦うことになるのよ」
 リンゴがニッコリと笑いかけた。
「あなたは男子たちと戦うために今日は実験体になってもらったのよ」

「そうそう、今日はあたしたちがみんなスカートだってこと気づいてたー?」
 みかんがクスクスと笑う。
 そういえば確かにみんなスカートだ。

「実戦を想定しての訓練ってわけ。だからあんたに対する死刑は別でちゃんとやってやるから覚悟しときな」
 レモンが竹刀をグリグリと押し付ける。
「うぐぐぐぅ…やめ…」
 おちんちんがぐにゅっと押し潰されて僕は足を内股気味にさせて暴れる。
 ビクンっとおちんちんが反応する。
 半勃ちになったおちんちんが徐々にブリーフを突き上げていく。それは女子たちの目の前に容赦なくさらされている。

「ハハッ ちんこちょっと硬くなってきたね。このまま脱がしてどうなってるか見てやろうよ」
「それはまた次よ。公開処刑の日は決まってるんだから。今日はあくまで男子の制圧シミュレーションよ」
 リンゴがたしなめる。レモンは「仕方ないなぁ」と諦めた。

「ま、男子なんてこれでいつでもパンツひん剥いてやることができるってわかったし」

 くそっ、次なんてあると思うなよ。

「リーダーのとこ戻って今日のこと報告でもしたら? 伝えといてよ。あんたらのパンツ全員私が脱がしてやるって」
 そう言ってレモンは竹刀のきっさきを、あろうことか僕のアナルにグリグリとしだした。
「えっ? あっ アッ アーッ」
 体を捻らせて妙な感覚を我慢した。女子たちがそんな僕を見て笑っている。

「もうこれくらいでいいよね」
 イチゴがやっと僕の両腕を解放した。

 その途端に僕は竹刀を退けてやる。みかんとリンゴも同時に両足から離れて僕は本当に解放された。無様に頭に被せられたランニングを元に戻して、この場から逃げようと振り返る。
 そこにはイチゴがいて、イチゴは僕のことを蔑むような同情するような目で僕を見ていたけど、僕はそんなことどうでもよくて、とにかく女子たちから距離を取りたかったからイチゴの横を通り抜けて行こうと思った。

 ぐいっ

 出来心なのかみかんが僕のブリーフを後ろから掴んでいた。
「あっ」
 ずるるっと下がる感覚。
 脱がされてはいけないと瞬時に僕はブリーフを手で抑えるがバランスを崩してしまって、そのままイチゴに覆いかぶさるように倒れてしまった。
 手はフローリングについた。

「きゃっ」

 僕はイチゴを押し倒すように倒れて結局ブリーフは太もものあたりまでズルリと下がってしまった。

 お尻が丸出しになって女子たちの前にさらされた。


 ちゅっ

 目の前にイチゴの顔があった。柔らかい感触。
 僕の唇に残った湿った唾液。

 丸出しになったお尻を見て女子たちが盛大に笑う。

 何が起こったのかパニクった僕は体を起こしてイチゴから離れる。
「あっうあっあうっ」
 僕は急いでブリーフを引き上げながら部屋を出て行く。

「忘れもんだよっ」
 レモンが僕のズボンとシャツを拾い上げる。
 言われて取りに戻ろうと思ったが怖くて恥ずかしくて足がすくんだ。
 幸いなことにレモンは僕の服を窓から外へ投げ捨てた。
 それを見て階下に急ぐのだった。
 こんな恥ずかしい格好で外へ出ることになるけど、女子の輪の中に戻るよりはマシだ。
 足がガタガタ震えているのを悟られなくて良かった。
 女子に対して泣きそうになっている顔を見られなくて良かった。
 くそっ 何とかして見返してやる。どんな汚い手を使っても僕たちが勝つんだ。女子にパン一土下座させてやるんだ。

 僕は最後まで唇に手を当てて頬を赤らめるイチゴに気づくことはなかった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

一人相手に大勢でかかっておいて男子は女子に適わないとか言ってて情けなくならないんかね

更新お疲れ様です。

いよいよここからという感じで非常に面白いです。
このタイミングでは女子達もパンツを脱がすまではしないのもまた良いですね。

そういえば何度かホークの妄想で女子をパンツ一枚にして土下座させるというのがありますが、そういったものを戦死条件に入れるのはどうでしょうか?
男子は女子に対して素っ裸で土下座、女子はパンツ一枚で男子に土下座しながら、相手に対してもう二度と逆らいませんと言う姿を動画撮影されたら戦死のような感じです。
脱がして見られただけで戦死だとまだ逆らう気力が残ってるかもしれないので裸にした後も心を折って本当に土下座させるほど痛ぶってほしいです。
では次の更新も楽しみにしてます。

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★毎月最終週の土曜日 18時に更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 2500字〜4000字くらい。
★プレビュー小説!
 ときどきパブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)※2019年の9月で閉店、新規読者登録はできません。
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月1回くらい更新。
★毎月25日に短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 19.5.12
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました
お布施で
https://ofuse.me/#users/3698

電子通貨で