FC2ブログ
インフォメーション!
★長編版「初恋のあの娘の前で」2回目、更新時間遅れましたがリリースしました。
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

初恋のあの娘の前で(3)2012-10-11(Thu)

 その深衣奈の一言で俺は凍りついた。
「美里ちゃん、コイツのブリーフ脱がしてあげなよ」
 深衣奈は美里の肩をたたいた。俺は引きつった顔を美里に向けた。好きな女子なのに。みんなの前で好きな女の子にパンツを脱がされる!?
 場の空気が変わったと思う。深衣奈は本当に愉しそうに笑った。俺はその無邪気さに恐怖した。深衣奈の女子たちはそこまでするつもりはなかったという雰囲気だ。でも限度を知らないこの先輩なら本当に俺を丸裸にするだろう。
 俺は再びエビが跳ねるように身体全部を使って暴れた。何としても最後の一枚は守りぬかねば!そのおかげもあって千代の左手ロックは外れ、跳ねた足が南の顎を捉えた。南が後ろに倒れる。倒れる際に見てはいけない南のパンツを見てしまった。クソッ痩せれば可愛いのに!俺は狂ったように左手を振り回し、早希のおっぱいの辺りを押してしまった。
「きゃー」
「暴れだしたよ。コイツ、みんなで止めて!」
 深衣奈が指示を出す。狼狽えていた1年の女子、面白半分で眺めていた2年の女子が近寄ってきて周りを取り囲む。だが彼女たちは積極的には何もできない。
 暴れた甲斐もあって、激痛の走る右腕のロックが緩んだ。真悠子が怯んだ好きに右腕を抜き出し、俺は身体を起こして逃げ出す。しかし間抜けにも足首に絡まったズボンが邪魔で盛大に転んでしまった。
 たくさんの失笑が聞こえる。うつ伏せに倒れた俺はそれでもすぐに起き上がろうとした。だがすっと首筋に白い腕が巻かれる。裸締めだ。俺はお好み焼きをひっくり返すかのごとく後方に倒れ込む。やばい、このままでは落ちる!
「よし真悠子、ナイスっ」
 俺は両腕で白い腕を外そうともがくが徒労に終わる。それどころか足首に絡まるズボンは早希によって取り除かれ、上着は千代と深衣奈が協力して脱がしてきた。ついでに靴下と上履きも脱がされてしまう。
 落ちるすんでのところでロックが外された。再び彼女たちが俺の周りを取り囲む。俺は咳を繰り返し身体を丸めた。四面楚歌とはこのことか。追い詰められた俺は最後の力を振り絞って逃げ出した。すぐに早希と深衣奈に捕まるが俺は叫びながら無茶苦茶に暴れた。腕を振り回し、身体を振って走った。誰かのおっぱいを触った気がする。俺は奇跡的に彼女たちの間を抜けだすことができた。教室の外へでなければ!パンツ一丁で校舎を走り回ることになるかも知れないが、美里にちんちんを見られるのだけは避けたい。
「あ」
 目の前に復活した南が鬼の形相で立っていた。俺はあぁこれで終わったなと思った。太い腕がスローモーションで迫ってくる。
 ゴッ。きれいに南の右ストレートが決まる。俺は鼻から血を吹き出して倒れた。

 暴れ疲れた俺は、息を切らせて動きを止めた。意識も飛んでいたかも知れない。
「よくもこれだけ暴れたな。少しは罪の意識感じろよコイツ!」
 俺はブリーフ一丁で10数人の女子に囲まれている。恥ずかしい。力で負けて。情けない。本当に情けない痴態だ。
「コイツどうする?」
 南が荒い呼吸を繰り返す。
「みんなの前でもっと恥ずかしいことさせようよ」
 腕組みをした早希は笑ってみんなに呼びかける。
「美里ちゃんどうしたい?」
 深衣奈が美里の顔を覗き込む。
「別にもう興味ないけど、これだけ暴れてみんなに迷惑掛けたし、お仕置きは必要かな、ねえ早希?」
「よし、美里、じゃあまずパンツ脱がしちゃえ」
「ええー私?」
 美里は言いながらも前に進み出て俺のブリーフに手を掛ける。そして躊躇なく、ぐっと引き下げる。好きな女の子にこんな屈辱的なことをされるなんて俺のプライドが許さない。しかし俺は思うように身体が動かない。動かないけれど、脱がされまいと俺は辛うじて動く両手でブリーフをガッチリすばやくロックしていた。
「コイツ、手、邪魔っ」
 美里が力任せにブリーフを引っ張った。
「や、やめてくれ」
 伸びに伸びたブリーフの裾からもうちんちんが見え隠れしている。女子たちは固唾を飲んで見守る子や「やれー」と囃し立てる子など様々だ。美里にこんな形で性器を見せたくない!
 美里を足蹴にすることなんてできない。守りの薄いお尻の方から引っ張られる。お尻が丸出しだ。せめて前だけでも守らなければ…。ブリーフのゴムがビッ!ビッ!と伸び切る音が響いた。
「駄目だ、脱がせない。みんな手伝って?」
 美里の呼びかけに、早希と深衣奈が俺の腕を片方ずつ取る。千代と真悠子がブリーフに引っ掛かった俺の指を丁寧に外していく。ついにブリーフから手が離れてしまった。
「やっと手が離れたね。じゃ脱がすよー。みんな見ててっ」
 ついに美里の手によって、俺のよれよれになったブリーフはするするするっと下げられる。性器が露わになる。太もものところまで下げられたところで女子たちの声が上がる。勝利の歓声、驚き、汚いものを見てしまったという悲鳴。美里の手は止まらず足首までブリーフが下げられる。そして足首から引き抜かれる。最後の布を剥ぎ取られてしまった。ブリーフを脱がされてついに俺は全裸になってしまった。美里は俺のちんちんを見つめていた。俺は両足を抱え込むように曲げようとする。だが美里の手で太ももが押さえつけられた。これでちんちんを隠す術をすべて失ってしまった。美里の冷たい指が太ももに絡み付いて不覚にも気持ちがいいと思った。
「顔真っ赤っ赤だね」
「小さい…」
「毛が汚い。グロいね」
「ちんちんてこんななんだ…」
 女子たちは口々に感想を言い合った。俺を取り囲んで、みんな俺のちんちんを見て笑っていた。俺はできるだけ内股にして何とかちんちんを隠そうとした。
「美里、しごいてやれよ」
 早希が言った。
「えー嫌だ。こんなの触りたくない」
 美里は否定する。俺は恥ずかしくて堪らない。目の前に大好きな美里が居る。彼女は服を着ていて俺は素っ裸。女子はみんな服を着ているのに俺だけ生まれたままの姿。死にたい。本当に情けないとしか言えない。
 俺はいつの間にか泣いていた。啜り泣く。嘘だろ…。女子の前でみっともなく涙を流すなんて、男として、小さくてもプライドはズタズタだった。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : CFNM 官能小説 いじめ 男性羞恥

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 1000字前後。
★プレビュー小説!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月3回くらい更新。月間で約2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 6000字くらい。
★毎月25日に1話完結の短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 18.6.30
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました