fc2ブログ
ブログ最新記事
最新コメント
ツイッター
DMはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション!
来客数

ページビュー
CM

おままごとで(3)2016-09-24(Sat)

 ちゅうちゅう

 ちゅぷちゅぷっ

 ちゅうちゅう

 マーくんは喉を鳴らして飲んでいます。食欲の旺盛な赤ちゃんです。私は左手をおっぱいから離してマーくんの頭を撫でてあげました。

 可愛いです。


 ちゅうちゅう

 れろ…

 夢中になって乳首を吸っていました。出もしないのに音を立てて吸い付いています。口の中でれろっと舌が動いて生温かく湿った感触が残りました。乳首だけでなく乳輪やなだらかな肌の部分まで湿っていきます。

 まーくんの手は自分の胸の前で所在なくぶらんとさせています。

 可愛いです。


 ちゅう

 ちゅう


 ちゅうう…

 ごくっ

 ごくっ

 ちゅぷちゅぷっ

 んちゅうう…

 ごくごくっ


「ん…」

 私はお母さんになった気分でした。何だか変な気分です。マーくんの頭を撫でていた左手を彼の胴に回しました。本当に赤ちゃんを抱っこしてる感じがします。愛おしくなってきました。これが母性本能なのかなと思います。顔を赤くしているけど、退行してしまったような、無防備すぎる表情でマーくんは食事を続けました。


「よちよち。…いい子だねー… はぁ… はぁ…」

 たくさん飲んで、元気に育って欲しいと純粋に思います。赤ちゃんって可愛いな。

 でもクラスメイトだってことはもちろん忘れていません。男の子の前で恥ずかしい姿をしているんだと解っていて、私の身体は蒸気機関車のように湯気を吹いています。

 カァァ~ッて熱いんです。


 んちゅっ

 れろ

 ちゅっちゅ

 ちゅぷっ

 れろ


「っぁ…」

 私は変な声を漏らしてしまいました。恥ずかしいです…。

 乳首が引っ張られます。取れないか心配になるくらい引っ張られて少し痛いです。あむあむと甘噛して、ちゃんと厳しく育てないと乱暴で悪い子になってしまわないか本当に心配になりました。男の子はちゃんと躾ないといけないんだなって身を持ってわかりました。

 これ以上、乱暴するならお尻を叩いたほうがいいのかな…。


「ぃた… ……ん…」

 私も何だかうっとりとしてきました。

 マーくんは舌をうまく使って上手におっぱいを吸っていました。


 れろれろれろれろ

 ちゅっちゅ

 ちゅぷっ


 ちゅうっっ

 ちゅううっっ


「あっっ…!?」

 突然、私の背中に電流が走ったかのようにビクンッてなりました。強く吸われて嬉しい気持ちと恥ずかしい気持ちと叱りたい気持ちでゴチャゴチャになってきました。

「んっ…」

 いつのまにかマーくんの右手が私の左の乳首を露出させていました。小さな乳首を親指と人差指で挟んでコリコリとネジ回しています。摘み上げて引っ張ったり悪戯しています。

 痛いっ

 痛いっ…


「よ… よち… よち…」

 私は我慢しました。これは、あくまでままごとなんだからお芝居をしなきゃと思いました。

 今度はぷにぷにっと右手を胸に這わせます。なだらかなおっぱいを揉んでいるみたいでした。彼の手のひらに収まるほどの膨らみも弾力もありません。ただ鷲掴みにするようにして撫で回しているだけなのです。

 右手は悪戯しながら、彼の表情はうっとり安心しきった赤ちゃんのようで本当におっぱいを飲んでいるみたい。天使と悪い狼が同居しているような感じがします。


「ぅんっ! ぁんっ…」

 背中を反らせてビクンッてまた電流が走ります。全身が熱いです。脳みそがぴりぴりと痺れてきたような感じがします。

 目の前が白くなっていく感じがしました。


 じゅわ… と股間の辺りが熱い気がする…。なんだろう?

 湿っていて… ひょっとしてお漏らしでもしちゃったのかなって焦りました。隠さなきゃ… でも身体は言うことを聞いてくれません。

 私は気づいたら両手でマーくんの頭をギュッと抱き寄せて胸に押し付けていました。


 どれくらいの長い間そうしていたのでしょうか。

 私はマーくんに覆いかぶさるようにしていました。


 「んくっ…んくっ…」とマーくんが息苦しそうです。慌てて両腕の力を緩めて解放してあげました。


「ぷはぁっ。すぅっ… はぁはぁ… すぅっ… はぁはぁ…」

 マーくんは激しく息を吸い込んでいました。窒息死寸前みたいになっているのです。


「はぁ… はぁ…」

 私も息を切らしていました。口元を拭いました。よだれが垂れていたようです。


「マーくん…」

「ん? な… な、何だよ…」

 やり過ぎてしまったといった感じでマーくんはバツが悪そうです。顔がポストみたいに真っ赤でした。


「お… おいちかった?」

「っ…!」

 あれ? おかしいな…。マーくんはままごとであることを忘れていたみたいに、びくっと肩が震えました。


「お、おぅ… じゃなくて… ばぶぅ。ばぶばぶ…」

「よかったねー…」

 私はマーくんが求めるリアリティのあるおままごとになったと思って嬉しかったです。


 でもこれで終わりにさせません。

 マーくんは赤ちゃんに徹しきれていませんでしたから。

 悪い子にはお仕置きが必要なのです。


 私は自分のおっぱいが丸出しになっていることに気づいて慌てて隠しました。

 両手をクロスさせて下を向きます。


「ぁ… ぅ」

 マーくんも恥ずかしそうに目を逸らします。今まで自分たちがしていたリアルおままごとで、普段なら味わうことのない非現実的な体験をしたからでしょう。おっぱいを男の子の前で晒すなんてしたくないし、男の子だって赤ちゃんのマネっ子は恥ずかしいんだと思います。


 私は後ろを向いてズレたスポーツブラを定位置に戻しました。まだ右乳首が濡れ濡れで湿っています。右乳首はジンジンと痛みます。相当に強く摘まれたようでした。すり潰されるかのようにコリコリと捻られたのです。

 赤ちゃんはこんなことしません。

 私はこんなリアリティはおかしいと思います。


「…」

 もの凄く痛かったです。でもちゃんと我慢したんです。

 マーくんが許せません。


 私はTシャツを急いで着込みました。いつまでもこんな恰好では恥ずかしいからです。

 私がおっぱいを出して恥ずかしい思いをしたのに、そんな思いをしてまでマーくんの求めるリアリティを追求してあげたのに…。ふつふつと怒りが込み上げました。口が尖っていることに気づきました。怒りたいけど… でも唯一のお友だちなのだから嫌われたくありません。


「まだ泣いてるの? マーくん。今度はどうしたのかな?」

 私は振り向いておままごとの続きを始めました。

 マーくんは戸惑っています。まだ続けるのかとうんざりしているのかも知れません。でも逃しませんから。


「お、おぎゃ… おぎゃ…」

「ちょっと待っててね」

 私はベッドを降りてペンケースを持ってきました。


「寝てっ。寝てみてっ」

「ぉお…」

 マーくんは素直に仰向けになり、赤ちゃんみたいに足を抱え込んで寝転がりました。


 シャカシャカッ シャカシャカッ

 私はガラガラのつもりでペンケースを振りました。

「アハハハ…… アハハ…」

「んー泣き止まないなー、困ったなー」

「ハハ……? ぇ? ぁ… お、おぎゃ… おぎゃ…?」

「どうしたんだろう?」

 私は「にまっ」と心の中で笑いました。

 マーくんは私に誘導されるだけです。笑いたくても笑わせてあげません。まだ泣きやまないことにしてあげました。


「あーっ わかった。きっとアレだね。マーくんの欲しいもの取ってくるから待っててね」

「おぎゃ?」


 私は部屋を出て代替品を探しに行きました。でも欲しいものの見当はつけています。お母さんにバレないように取ってこなきゃ。


 マーくんは私のおっぱいを見て乳首にいっぱい吸い付いた。とっても恥ずかしかったけどリアリティのために我慢したのです。でも乳首を抓られて痛い思いをしたのはリアリティではありません。悪い赤ちゃんなのでちょっとしたお仕置きを思い付いたのです。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

tag : 女子視点おままごと赤ちゃんプレイ授乳

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

CM

ファンティア
カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
活動の紹介
◇男子厨房に入ってCFNM(本ブログ)
 ★無料ブログ:毎週土曜17時30分更新。近況報告とファンティアの活動情報。あと不定期更新でCFNM情報をアップしております。
◇男子厨房に入ってCFNM+(ファンティア)
 ★無料プラン:毎週土曜18時に近況報告と試し読みリリース
 ★250円プラン:毎週土曜18時に連載もの短編小説リリース
 ★450円プラン:毎月25日20時に連載もの中編小説リリース
◇男子厨房に入ってCFNM Novels(KDP)
 ★3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 既出小説を加筆修正して電子書籍にしていきます!
 アマゾンアンリミテッドなら無料で読めます!
 ★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を一年分まとめて単行本にしました。
Last Update 2022.1.29
月別アーカイブ
タグクラウドとサーチ

リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM