fc2ブログ
ブログ最新記事
最新コメント
ツイッター
DMはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション!
来客数

ページビュー
CM

おままごとで(5)2016-10-08(Sat)

 マーくんは股間のもっこりを隠そうと、ブリーフの裾から手を離したのを見逃しませんでした。ヒザまで下ろすと自動的にマーくんの足が閉じていきます。


「あははっ 見えちゃっ… …た? え?」

 私がマーくんの股間に目を向けたときです。ぴったりとお股が閉じて隠れてしまいました。でも閉じる前に見たおちんちんは私の知っているものと違っていたのです。

 不思議に思いました。

 おちんちんってあんなに大きいものなの?

 棒みたいだった…。

 ポークビッツか、私の小指くらいのイメージだったけど、フランクフルトくらいあったかな?

「ばぶ…」

 マーくんは目をつぶって顔を真っ赤にしてます。必死におちんちんを両手で隠しています。


 とりあえずブリーフをヒザから足首へ、足首から抜いてあげました。マーくんはダルマさんのように丸まってます。おちんちんを見られちゃって恥ずかしいのでしょう。歳下の女の子の前で、生まれたままの裸ん坊になったのだから恥ずかしいに決まっています。靴下を除けばすっぽんぽんなのです。

 いい気味です。

「恥ずかしい? マーくん。私の気持ちがわかった?」

「ばぶばぶ!」

 マーくんは激しく頷きました。照れ隠しなのか、リアリティを追求しているのか、赤ちゃん言葉をちゃんと使っています。


 私はウェットティッシュを持ってきていました。

「マーくん、それじゃ、オムツ替えができないよ? ちゃんと足開いてよ」

 言うことを聞いてくれません。私は仕方なしにウェットティッシュを彼のお尻のほうからねじ込もうとしました。

「ひゃいっ」

 マーくんは声をあげます。ひんやりとしたのかな。


 私の小さな手では両足首を持つことはできませんが、左手を両足首に充てがって押上げました。赤ちゃんのお尻を拭いてあげるマネです。でもヒザを曲げたままでなかなか股間を見せてくれません。

 私は彼のお尻を覗き込みました。ちゃんと拭いてあげないといけませんから。

「…あ」


 マーくんの股の間にタマタマが挟まれていました。一つだけ袋の部分がこちら側に見えちゃっています。片玉です。もう一つのタマタマは向こう側ですね。

 うまくおちんちんを隠しているつもりでも見えちゃってます。

 私はウェットシートをタマタマにちょんっと充てがいました。

「ひゃっ」

 マーくんは慌てていました。敏感に反応します。

 両足首を跳ね上げて私の顔をゲシッと蹴られました。不慮の事故だと思うので、私は我慢します。そのまま拭き拭きしてあげます。

「ばぶぶあっ!?」

「大人しくしててね。お尻がちゃんと拭けないから」

 ウェットティッシュをお尻のカーブに合わせて拭き拭きします。

「あぶあぶっ」

 足をばたつかせて暴れる彼。

「マーくん!」


 可愛いお尻にポンポンする感じで叩いてキレイにしていきました。

「あぁっ あぶっ…」

 マーくんは腰をくねらせてイヤイヤしてます。くすぐったいのかな。

 ポンポン

「あっ」

 ポンポン

「ぅう…」


 マーくんはお尻を拭かれている間、うっとりとしていました。気持ちが良さそうです。閉じられた足が緩んできたみたいです。私は彼の足首を掴んで両側に開かせました。

 素直にパカッと開脚してくれます。


 おちんちんが見えました。

 股に挟まれた片玉がぽろんと重力に引かれて垂れました。


 両手で隠しているので棒の部分は見えませんでした。私は彼の股の間に入って、両手を掴み上げました。マーくんの手を退かしてみると、やっと棒の部分も見えました。


 さっき見た大きな棒状のおちんちんは見間違えじゃありません。大きく反り返って物凄く硬そうです。血管が浮き出てます。

 初めてじっくりと観察しました。

 ビクビクと動いてるのがおもしろいです。先っちょは可愛いピンク色で、おしっこの穴が見えます。皮が余っていてピンク色の丸いところを覆っています。この丸い部分は亀の頭に似ています。皮がいっぱい余って、タートルネックのセーターで頭の半分を隠しているような感じがしました。


「マーくん、しゅごいね?」

「ぅ… うう…」


 私と違ってマーくんはまだ毛が生えていませんでした。つるつるで子どものおちんちんだと思いました。

 でもこんなに大きくて太くなって硬そうなのに、子どもって言うのは可愛そうです。私よりお兄ちゃんなのに、子どもは言い過ぎました。橋のように反り返って立派な感じなので、大人な感じなのです。

 大人になりかけの成長期のおちんちんだと言うことでしょうか。


「そ、そんなに見ないでくれよ、ばぶ…」

「うん。ごめんね。恥ずかしいよね」

 私は新しいウェットティッシュでおちんちんの周りを拭き拭きしてあげます。毛が生えてないので拭きやすいですね。


「ゥッ」


 どうしたのでしょうか。梅干しでも頬張ったような顔をしてマーくんが呻いています。

 おちんちんの棒の先っちょを摘み上げて、下腹の辺りを拭いてあげているだけなのですが。


「おちんちんも拭かなきゃだよ。我慢してね?」

 ウェットティッシュで棒の根本を拭きます。優しく撫でるようにして拭いてあげました。摘み上げている内に皮が伸びて、先っちょのピンクの亀さんがすっぽりと隠れてしまいました。

 赤ちゃんのおちんちんみたい。

 皮の口がぴったりと閉じて、そこだけを見ると本当に幼児や赤ん坊のようです。可愛い。


 マーくんは口を真一文字に結んで何かに耐えているようでした。耳まで真っ赤にしてぷるぷる震えています。

 私は肉の棒をゲームのスティックのように上下左右に動かしながら、根本の周囲を拭き拭きします。ひんやりして気持ちいいのか、マーくんは抵抗をやめていました。

 ときどきビクンッておちんちんが跳ねるように動きます。摘んでいると、どくどくと脈打っているのが解りました。

 金玉のほうも拭いてあげようと思います。棒から指を離したらパチンコのようにぺたんってお腹に勢いよく当たってしまいました。


「あ、ごめん。マーくん痛かった?」

「いや…」

 マーくんは縛られた両手で顔を隠していました。表情が読み取れませんが、恥ずかしがってる顔を見られたくないのでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

tag : 女子視点おままごと赤ちゃんプレイCFNM男性羞恥

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

CM

ファンティア
カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
活動の紹介
◇男子厨房に入ってCFNM(本ブログ)
 ★無料ブログ:毎週土曜17時30分更新。近況報告とファンティアの活動情報。あと不定期更新でCFNM情報をアップしております。
◇男子厨房に入ってCFNM+(ファンティア)
 ★無料プラン:毎週土曜18時に近況報告と試し読みリリース
 ★250円プラン:毎週土曜18時に連載もの短編小説リリース
 ★450円プラン:毎月25日20時に連載もの中編小説リリース
◇男子厨房に入ってCFNM Novels(KDP)
 ★3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 既出小説を加筆修正して電子書籍にしていきます!
 アマゾンアンリミテッドなら無料で読めます!
 ★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を一年分まとめて単行本にしました。
Last Update 2022.1.29
月別アーカイブ
タグクラウドとサーチ

リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM