FC2ブログ
インフォメーション!
2018.5.25★月に一回ブロマガで短編小説を8000字書いています。今月は調子に乗って12000字くらい書きました。正義執行で脱がされて見られちゃうお話です

ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

閉ざされた村で 第一話 アマゾネス帝国への潜入者(1)2018-02-10(Sat)

 N市に潜入した牛田竜一が『窃盗』の容疑で逮捕される事件の、2週間ほど前。

 李 裕子(り ゆうこ)は新しい仕事を求めて旧 木隠村(こがくしむら)にやってきた。N市からずいぶんと離れているが平成の大合併によって一応はN市内になる。だが駅を中心にデパートや飲食店などインフラが整った地方都市のN市中心部と、山間の何もない木隠とでは、かなり雰囲気が違って見えた。
「これからお世話になります。宜しくお願い致します」
 裕子は就職先である天都家(あまみやけ)の応接間に居た。畳に正座して上司にあたる女性に頭を下げる。
「あなたもずいぶんと苦労なされてきたのですね。ここにはあなたに危害を加える野蛮な男はいませんから存分におやりなさい」
 天都の番頭役である高戸蓮香(たかど はすか)だ。キリッとした眉に老獪で厳しい鷹のような目つき。自信に満ち溢れた口角(こうかく)。地味な旅館の制服に長い髪を後ろで艶やかにまとめ上げていた。

 裕子は満面の笑みを返す。
 高戸のことはバリバリと仕事のできそうな強い女性だと尊敬の念を抱いた。裕子は自分が極度のフェミニストだと自覚している。東京で働いていた頃に受けた上司からのセクハラやパワハラにうんざりしていたから、『女性のための社会』を標榜するN市で就職できたのは嬉しかった。
 N市は『女性が安心して住みやすい町』を目指して全国からフェミニストが集まってくる理想郷である。と言っても男性を迫害する狂信的なフェミニズムではなく、真剣に男女平等を謳って平和を築こうとしている町だ。真に男女平等なのだから優れた人材が社会を管理するのは必然。つまり優秀な女性が男性に憚ることなく数多くの重要な地位を築いているのだ。

 特に木隠の天都家はN市の象徴的な存在だ。

 まず母系制であるということ。母方の血筋によってのみ子孫が継承されていく家柄である。母方の名字が代々受け継がれるのだ。母親が一家の大黒柱であり、長女が大事にされる風習。つまり男性社会と真逆の社会。多くのフェミニストたちは天都家を羨望の眼差しで見ていた。世界的な潮流である『男社会』に、敢然と立ち向かう強い女性たちの象徴というわけだ。
 そもそも男の子は生まれない。
 それも天都家が神聖視されるゆえんである。


 裕子は高戸の後について一通り職場を見て回った。
 天都家の敷地は広い。家族が住む母屋は奥の奥にある。古い日本家屋で10部屋程度の小じんまりとした趣だ。

「チョロ! おすわりっ」
 母屋の庭園から声が聞こえてきた。高戸が「いい機会だから見ておきなさい」と口の端を上げる。廊下を歩いていくと裕子は目を丸くしてしまった。
 30代と思しき男がブリーフ一枚で犬のように座っていたのだ。
「あ、あれは…?」
 裕子は疑問を口にするが、事前に聞いていた噂通りなのかも知れないと思い直した。N市のハローワークで職員が教えてくれたことだ。N市と木隠ではフェミニズムの色合いがかなり違う。木隠の村では男性に人権を与えないという言い伝えがあるのだ。いや、彼を見ると自ら悦んで人であることを放棄しているように見えた。
「はっはっわんわんっ わわんっ はっはっはっはっ」
 犬のようにおすわりして口をだらしなく開けていた。よだれを垂らしてプルプル震えて、庭園の石畳の上に座っている。ブリーフの前は大きく盛り上がって、テントが張られているみたいだ。
「アハハッ 男の癖に恥ずかしいやつっ。なんで勃起してんだよっ。だっせー」
 おすわりを命じていたのは赤茶の髪を後ろでポニーテールにしている女性だ。色黒でお尻がボンと突き出て乳も見事に張り出している。20歳そこそこといった年齢の背格好。ブルージーンズにぴちっとしたTシャツ、黒のベストというシンプルな服装だ。笑うと笑窪ができて屈託がない。まだ女子高生のような瑞々しさがあった。

「彼女は菖蒲(あやめ)様の4女、天都夜宵(あまみや やよい)様です」
「はあ」
 裕子は天都家の相関図をすべて把握していたわけではなかった。高戸はそれを見越して説明しているのだ。

「それから、あちらに腰掛けているのが桔梗(ききょう)様の長女、天都水織(あまみや みおり)様です」
 目を向けてみると縁側に涼しそうなワンピースの少女が居た。見たところ14・5歳くらいか。爽やかな白い生地と生まれ持っての白い肌。相まって輝いて見える。腰まである黒髪にほっそりとした身体だ。座っているだけで品位が伝わってきた。眠そうな目だが、上に立つ者のオーラのようなものを感じる。
 目を奪われた。
 裕子は思わず身を縮ませた。女でも惚れてしまいそうな可愛らしい容姿だ。

「ジャンプ」
 夜宵がスナック菓子を摘んでいて、肩の高さに掲げていた。男はおすわりした姿勢の状態から「わおんっ」と跳び上がってスナック菓子をぱくりと咥える。
 パン食い競走でもしているみたいに手を使わず、後ろ足の力だけで跳んだのだ。見事である。

「あの男はN駅でタバコを吸っていたそうです。禁煙と書いてあるところで、子連れの女性の目の前でね」
「そうなんですか。酷いですね」
「注意した女性に煩いと喚いたらしいわ。駅員のところへ連れて行こうとしたら逃げましてね。そのときに女性の手を撥ね退けたの。喫煙自体は罰金で済ませましたが、彼は女性に暴力を奮った罪でああやって教育しているのです」
「なるほど」
 裕子はウンウンと頷いた。
 クズ男は捕まって当然だ。ましてタバコなど…。あんな男はブリーフ一枚で再教育されていたとしても同情の余地はない。

「チョロ! おちんちん!」
「わんっ」
 野太く汚い声でいい歳をした男が鳴いた。喜び勇んでパンツに手をかけ躊躇なく引き下ろした。ぶりんっと醜く勃起した陰茎が飛び出る。おぞましい。
「きゃっ…」
 裕子は嫌悪感を露わにした。
 服を着ている女性が見ている前でなんのてらいもなく素っ裸になったのだ。
 普通はスナック菓子のためにあそこまで芸はしないだろう。プライドがないのだろうか。
 男はパンツを脱ぎ捨てM字開脚になって、腕は招き猫のようにする。腹をできるだけ広げて見せた。お腹を見せる動物の服従のポーズだ。腹どころかいやらしく熱り勃った男性器まで丸見せだ。尻尾でも振るみたいにブラブラと肉棒が揺れていた。
 夜宵が命じた芸を実行したのだ。
「わっわんっっ」
 興奮しているようだ。酔ったように赤くした顔で、股間はブラブラとさせる。包茎で金玉袋だけが異様にでかいものを、「見てくださいっ」と言わんばかりに振ってみせた。腰を突き出してブラブラとさせる。
「わほっ」
 陰茎を見せつけることで夜宵に媚びようという浅ましい生き物だ。

「よく、出来・ま・し・た!」
 夜宵は足を振り上げ、サッカーボールでも蹴るようにしてシュッと振り抜いた。「た!」という掛け声に合わせて金玉に足の甲がヒットする。
 バチンッ!!!
「あおんっっ!!!?」
 風船が割れたような音がした。蹴られた瞬間、男が宙に浮き上がっていた。金玉がせんべいのように潰れたのを見てしまった。男は堪らず金玉を手で抑え、無様に地面を転げ回った。

 夜宵は町の女性自警団〈アマゾネス〉の団長を務めているそうだ。市民の警護と罪人の更生を目的につくられたN市独自の組織である。
 男性が女性社会であるN市で生きていくためには従属が絶対条件だろう。クズは調教して手懐け、成績優秀な男であっても町のために働かせる。どちらにしても女性の上に立つことはない。
 裕子はゴクリと唾を呑む。
 女性が男性社会で虐げられてきたのと同様に、ここでは逆に男性が虐げられる。男はそれを肝に銘じるべきなのだ。
 裕子はゾクゾクとしてしまった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 女性社会 母系社会 女尊男卑 伝奇もの

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を少しずつ書き下ろしで載せていきます。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でプレビュー小説 更新!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 400円で月3・4回更新。月間で2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 4000字くらい。
★毎月25日に長編小説を更新!
 長編小説でおちんちんをイジメます。
 1記事 10000字くらい。
★毎月1日にコラム記事か短編小説を更新!
 一話読み切り形式。3月まで休載中
Last Update 18.1.1
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM