FC2ブログ
インフォメーション!
★女子のほうが優秀だと言われます。真実です。だけどいろいろ面倒なので仕事とか政治は男にやらせてるわけ。それに気づかない男の惨めなことよ! 興奮します。
来客数

ページビュー
ブログ最新記事
パブー ブロマガ最新記事
最新コメント
ツイッター
アンケート
居ないと思うけどご要望のある人はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

CM

【プレビュー版】正義のためにセクハラ冤罪で女子たちに恥辱すぎる解剖の刑に処される僕2018-05-25(Fri)

 教室を支配する僕たち5人のメンバーは、ほんの少しの亀裂から瓦解に至ってしまった。これは『最強男子軍団』が一人の女子の卑怯な手に負けてしまう物語―。

※パブーのブロマガに載っけてる短編です。若干胸糞な展開をします。プレビュー版で冒頭シーンを掲載しました。本編は本日25日20時に配信されます。


正義のためにセクハラ冤罪で女子たちに恥辱すぎる解剖の刑に処される僕


 僕は皆口凛(みなぐち りん)というクラスメイトの女にはめられたのだ。


「何もしねぇんだったら帰れっ!」

 暗くて大人しい小島純子(こじま じゅんこ)を社会活動のグループに入れてやった。純子は見た目キレイなのにお嬢さま育ち過ぎてポンコツなんだ。壁新聞をつくるのに企画案も出せないし作文も書けない。写真だってまともなものが撮れない。取材に行ってもICレコーダーのスイッチを押し忘れてしまう。何をやらせてもダメな女子だ。

 僕は肩をどんっと押して向こうに行ってろという意味で「帰れ」と言ったのだった。


「酷ぉい」

 リンはムッとした口調で僕を責めた。肩甲骨まである長い黒髪に太い眉。普段は大人しいのに意志の強い目、口元。ショートパンツから伸びた健康的な太い足。背は小さいけど小麦色の肌でスポーティな感じだ。女子たちの中では頼れる姉さん的なポジションの女である。


「こいつ居たってなんの役にも立たないだろッ」

「そういうことは言っちゃダメなんだよ!」

 リンはすぐさま純子の元に駆けつけた。

 僕たちの班は男子2・女子2で構成されている。もう一人の男子は城島(しろじま)というやつで学級委員長も務めている。

「おいおい山田、今のはお前が悪いぞ。暴力はダメだ」

 城島は僕をたしなめた。

 この城島を中心にして『最強男子軍団』と言われている5人のメンバーがいる。僕はその一員だ。修学旅行の班決めや給食の配膳管理に至るまで主導権を握って和を乱すやつがいないか睨みを利かせているんだ。警察的な役割を担っているような感じかな。


「ちょっと山田っ! どこ触ってんの!?」

「は?」

 リンを見ると純子をかばうようにして僕をキッと睨んでいた。純子のほうは胸の前で手をクロスさせてうつむき加減で耳を赤くしてる。そのおかげで教室中が一気に騒然となった。


「なんだなんだ」

「乳揉んだのけっ!?」

「どうしたの??」

 男子も女子も集まってくる。そしてなぜかおっぱいに触ったという話になって盛り上がってしまった。


「なんでこんなことするのッ?」

「はぁ? 触ってねえぇし!」

「確かに肩を押したように見えたけどな… まぁ、ちゃんと見てなかったけど」

 近くに居た城島とリンでもハッキリと現場を目撃したわけではない。


「お前ら煩いぞ! 二人ともやめろっ。みんな自分の班に戻れっ」


「エロ男子のことだから触ったに違いないわよ!」

「山田酷ぉーい」

 城島の制止でも騒ぎは止まなかった。クラス中は俺を悪者にするのだ。

「大丈夫? 純子ちゃん」

「ぐす…」

「“せくはら”だわ! こんなの!」

「そうよ。そうよ。せくはら! せくはら!」


 騒ぎになって社会科の授業は一時中断となった。だが先生の「騒ぐんじゃない!」という一喝で僕たちはやっと黙った。この事件をきっかけに僕は山田メンバーと言われることになったのだ。


 まったくガキだな。覚えたてのセクハラという単語を使いたいばかりに僕を貶めるなんて。純子はこんな嘘をつけるようなタマじゃない。リンが入れ知恵して仕掛けてきたに違いないさ。

 僕は確かに肩を押したはずだし、感触だって硬かったはず。だが僕の普段の素行が横柄なところもあって“疑惑”は既成事実として広まっていった。

 先生はこの事件に一切 関知しない立場をとる。僕はしばらく腫れ物扱いで誰も話しかけてこなくなった。クラスの支配者である最強男子軍団でも騒ぎを治められなかったこともあり、城島などは責任を取ってやめろと言われるようになってしまう。どうして城島があんなに言われなきゃいけないんだ。文句があるなら僕に直接言えばいいのに。汚いやつらめ!


 城島を含めた僕たち5人の男子はそれまでとても仲がよく、いつも一緒に遊んでいた。バンドをやったりバスケをやったり、チームワークは抜群だった。でも僕の『おっぱい触った』疑惑はメンバー間にも亀裂が走る。運動神経や頭もいい、何をやらせても最強と言われた僕たちは自然と瓦解していくことになったのだ。

 ただ僕が瓦解と思ってるだけで、城島たちは4人でやって行こうとしている。何かあっても連帯責任だと言っていたメンバーも居たのにな。僕を切り捨てることで女子たちからの批判を躱そうとしているらしい。

 そんなのは許せない。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : CFNM 官能小説 男性羞恥 男子と女子のケンカ 女性社会 metoo セクハラ

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
サイトポリシー
◇男子厨房に入ってCFNM(このブログです)
★基本的に毎週土曜日 18時 更新!
 短編小説を連載形式で載せていきます。
 1記事 1000字前後。
★プレビュー小説!
 パブーブロマガ小説の試し読みを掲載します。
 1記事 2000字くらい。
★不定期でコラム記事を更新!
 CFNMについて何か思いついたら書きます。
◇男子厨房に入ってCFNM+(パブーのブロマガです)
※アダルト有料ブロマガ 月額400円で月3回くらい更新。月間で約2万字書いてます
★基本的に隔週日曜日 20時 更新!
 短編小説を少しずつ載せていきます。
 1記事 6000字くらい。
★毎月25日に1話完結の短編小説を更新!
 だいたいおちんちん丸出しになる男子羞恥の短編小説。
 1記事 8000字くらい。
◇男子厨房に入ってCFNM Novels ★同人活動。3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 ブログ・ブロマガのお話を再編集して電子書籍にしていきます!
 40000字目安。挿絵付きでリリース。
★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を12話分まとめて単行本にしました。
Last Update 18.6.30
タグクラウドとサーチ

月別アーカイブ
リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM
投げ銭乞食はじめてみました