fc2ブログ
ブログ最新記事
最新コメント
ツイッター
DMはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション!
来客数

ページビュー
CM

Killing Park Ⅱ ブランコ遊戯(2)2012-11-18(Sun)

 屋外でパンツ一枚だけの恥ずかしい格好にされた健一。彼は腫れた顔をさらに赤くした。
「どうなの? 何とか言いなさいよ」
 六実は何も言わない健一に舌打ちをして、掴んでいた髪を離した。その反動で地面に頭を叩きつけられる。
 健一は朦朧とする意識の中で、六実が立ち上がってブランコに座るところを見た。その際にスカートの中身がちらりと見えた。桜色のパンツだ。
 六実は普段は大人しそうな奴だ。黒髪で真面目な純白の下着を身に着けていそうなイメージがあった。あんな可愛らしいパンツを履くんだぁ…などと健一は思った。
 そんなことを思っている間に稲葉と長田に両脇を抱えられて立ち上がっていた。
 六実がブランコで遊び始める。
「ごめんなさいも言えないの?」
「…」
 六実は謝罪を要求している。謝るものか…。女に諭されて、格下相手に頭を下げるなんて健一のプライドが許さなかった。
「黙ってるってことはもっと痛い目みたいってこと?」
 ブランコで遊びながら六実は言い放った。健一のことを下に見ている。許せない。
「誰が…」
 頭に血が上ったが、健一は自分の情けない格好を考えると強くは出られなかった。このまま吠えたらただの負け犬の遠吠えにしか聞こえない。
「なぁに? なんか言った? 聞こえない」
 黒髪をなびかせて、だんだんとブランコの振り幅が大きくなる。人をこんな格好にさせておいて、自分は遊ぶだけ。怒りがこみ上げてきた。
「ねえ、そろそろやっちゃおうよ」
 倉見は隣のブランコに座っていた。つまらなそうにしている。
「さっさと謝れば早く終わるのに…」
 六実はブランコにさらに勢いをつけ出した。
「やるよ」
「やったー」
 倉見の顔が明るくなる。無邪気そうな顔だ。
「しっかり抑えてて」
 稲葉と長田が目を合わせて頷く。何だ…? 不穏な動きだ。訝しんでいる健一をよそに稲葉と長田は協力して健一の足を持ち上げた。ガッチリと固められた状態となる。これでは身動きが取れない。健一は焦った。
「暴れるなって」
「往生際の悪いやつぅ」
 健一は当然、身を捩って脱出を図ろうとする。何をされるか解らないからだ。しかしコテで固められたように身動きが取れない。稲葉と長田は徐々に移動をしながらポジショニングをする。健一は稲葉と長田を交互に見ながら「やめろ!」と抗議をした。聞き入れられないまま、やがて二人はブランコの前に立つ。
 ブンッ!
 目の前には勢い良くブランコに乗った六実が迫ってきた。健一の顔に風が当たる。危ないっと健一は思った。ギリギリ当たらない距離だ。ブランコが離れていくと同時に六実のスカートが翻る。もう少しでパンツが見えそうだった。
「お、おいっ!」
 稲葉と長田コンビはもう一歩ブランコに近づいた。
「あ、あ、危ないって! マジで当たる!」
 健一は焦った。六実が、ブランコが勢い良く接近する。六実は足を伸ばした。仰け反る健一の鼻先を掠めていく。
「うああっ!!」
「あはははっ」
 倉見は一人楽しそうだ。
 六実が離れていく。振り子でまた迫って来る。それの繰り返しだ。健一は大いに喚いた。
「お、お前らいい加減に…」
「距離感掴めたよ」
「…は?」
「合図するから、そしたら二歩前進ね?」
「OK」
 六実と稲葉が謎のコンタクトを取る。
「何言ってるん… まさか…」
「よし、来てっ」
 六実の足がまた健一の鼻先を掠めると同時に合図とやらが放たれた。ブランコが離れていくのに合わせて稲葉と長田が前進する。
「お、お、お、オイッ!!」
 ブランコは勢い良く迫ってくる。このままでは当たってしまう!
「うあー!」
 六実はブランコの上でほくそ笑んだ。
「やめろー!!」
 六実の足が折り曲げられたまま迫ってきて、健一に接近したところで勢い良くしならせた。それはちょうど健一の股間のあたりを狙ったものだ。六実のすねが健一のちんちんに見事にヒットした。
 パンッ!
「アウアッ!!」
 健一の身体が浮き上がった。それを両サイドから稲葉と長田がしっかり抑える。ちんちんを蹴られて痛烈な痛みに脳を支配された。
 ブランコはそれでもまだ勢いを失わず離れていって、そしてまた戻ってくる。
「え、えええー!?」
 パンッ!
 小気味いい音が響いた。先ほどと同じように六実の足が健一のちんちんを蹴り上げられた。
「いぎゃっ」
「あはははははっ」
 倉見が手を叩いて喜んだ。
 痛みが持続している上にさらに追い打ちをかけられる。健一はどんなに痛くて身をよじっても攻撃を回避できない。ブランコは健一のことなど知ったことではない。容赦なく迫ってくる。
 パンッ!
「やめて! アガッ!!」
 またちんちんを蹴られる。あまりの痛みに暴れまわるが脱出はできそうになかった。ブランコの勢いは放っておけば弱まる筈だが勢いは衰えなかった。止まらない理由は六実が漕いでいるからに他ならない。何度も健一のちんちんを六実の足が蹴りあげた。その度に公園に悲鳴が響き渡る。周りで遊んでいた子供たちも物珍しそうに見ている。
「謝る気になった?」
 いつ終わるとも知れないブランコを使ったお仕置きに健一は心が折れそうだった。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

CM

ファンティア
カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
活動の紹介
◇男子厨房に入ってCFNM(本ブログ)
 ★無料ブログ:毎週土曜17時30分更新。近況報告とファンティアの活動情報。あと不定期更新でCFNM情報をアップしております。
◇男子厨房に入ってCFNM+(ファンティア)
 ★無料プラン:毎週土曜18時に近況報告と試し読みリリース
 ★250円プラン:毎週土曜18時に連載もの短編小説リリース
 ★450円プラン:毎月25日20時に連載もの中編小説リリース
◇男子厨房に入ってCFNM Novels(KDP)
 ★3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 既出小説を加筆修正して電子書籍にしていきます!
 アマゾンアンリミテッドなら無料で読めます!
 ★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を一年分まとめて単行本にしました。
Last Update 2022.1.29
月別アーカイブ
タグクラウドとサーチ

リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM