fc2ブログ
ブログ最新記事
最新コメント
ツイッター
DMはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション!
来客数

ページビュー
CM

身体測定で(3)2013-05-11(Sat)

 男子たちはへっへっへと笑いながら去っていった。脱がされたブリーフは遠くへ放られていった。両手を掴まれたまま渡り廊下に突っ伏している聡。加奈と柳が見ている前でお尻が丸出しになっていた。
「ちょっと! なにやってんのっ、あんた??」
 加奈はとりあえず立たせようとまた聡の腕を引っ張る。
「あっ、ちょっと…やめて…」
「何で全部脱いでるのか知んないけど、ちょっと早く立ってよ。ずっとそうしてるつもり?」
「いや…でも…」
 聡は一度、膝立ちになったが、何とか膝を曲げておちんちんが見られないように隠す。
「ちょ…」
「ホントにもうっ。なんであんたいきなりすっぽんぽんになってんの??」
「パンツあそこに落ちてるよ」
 柳が指差す中庭にブリーフが落ちていた。彼女は小さな声だが周りを良く見ていた。
「そっか、あいつらに脱がされたのかぁ。もう、早く自分で取って来なよ」
 加奈はそういって手を離す。柳も同じように離して聡は解放された。聡は急いで両手でおちんちんを隠す。学校の渡り廊下で何も身につけるものもない状態で一人、素っ裸になってしまい、聡は泣きそうになっていた。同級生である二人の女子の前で情けない格好を晒しているというだけで屈辱的だ。聡は両手でおちんちんを隠したまま前屈みで中庭に出る。後ろから視線を感じた。お尻が丸見えになっている。それに気付いた聡は左手を後ろに回して割れ目を手で隠した。加奈が冷ややかな目で聡を見ていた。柳は頬を朱に染めながらじっと聡の身体を見つめる。
「こっち見るな! 向こう向いてろ!」
 加奈と柳は聡の言葉を無視して聡の挙動を冷めた目でじっと見守っていた。

 中庭の向こう側、校舎と体育館の切れ間から運動場が見える。「いちにっいちにっ」という声が聞こえてきた。たまたま体育の授業中である下級生のクラスがあり、そこへたまたまランニングしている女子の集団が通りかかる。50mほど離れてはいるが彼女たちの何人かはすっぽんぽんの男子生徒が居るのを目撃していた。規則正しいかけ声が一時乱れて騒然となる。悲鳴が聞こえてきた。くすくすという笑い声まで遠くで聞こえた。何人かは戻ってきて聡のいる中庭の方を覗き見てきた。「ほんとだー」などと笑っていた。聡はブリーフを前にして彼女たちに背を向ける。
「くっ…そ」
 下級生たちを気にして左手でお尻を隠しながら右手でブリーフを拾う。しかし彼女たちに背を向けるということは加奈と柳に前を見られるということだ。自分の間抜けさに気付いたときはもう遅かった。二人を見るとじぃーっと聡のことを見ている。無防備に露出されたおちんちんを見られてしまった。「はぅっ」と聡は急いで拾ったブリーフでおちんちんを隠す。とっさに左手を前に持ってきたから下級生女子の集団が通り過ぎていく間、彼女たちにずっとお尻を向けて晒していた。
 下級生女子が去っていくのを待って加奈と柳に背を向ける。聡は焦っていた。女子に見守られて、恥ずかしいので早くブリーフを履こうと、足を通そうとしてけんけんしながら数歩跳んで、挙げ句にバランスを崩して転んでしまった。
「あぐっ」
 急いで立ち上がってブリーフを履き直す。焦りすぎて裏返しになっているのに気付かなかった。伸びに伸びきって、しかも土で汚れてボロぞうきんのようになっている。足を入れるところも間違えてしまった。一度、脱いでからちゃんと履き直す。両手で裾を確かめながらなので、その間ずっとおちんちんは晒されていた。たっぷり時間をかけて加奈と柳のところへ戻った。
 ブリーフを手で押さえながら、朱に染まった顔を俯けて二人の前に立つ。
「…もう何やってんのぉ? 先生に怒られるの私たちなんだからね!」
「…」
「さっきからふざけてんの? わざとグズグズしてるの? もじもじしちゃって、あんたの裸なんて私たち興味ないんだから、堂々と男らしくしてなさいよー。もうっ。だいぶ時間くっちゃったじゃない」
「ぅく…」
「人に迷惑かけてるとか自覚してる?」
「ぅ…」
「謝りなさいよ。ごめんなさいも言えないの?」
「…」
 立て続けに言葉を浴びせかけられる。男として情けない格好のまま、女子に叱られて聡はさらに赤面する。もう顔を上げることができない。加奈はメガネをくいっと上げて位置を直した。
 柳は二人のやり取りを見ながら口元が少しだけ上がった。
「もう… 早く行くよ」
 加奈と柳は再び聡の腕を引っ掴んだ。体育館に向かって歩き出す。
「あっ!やめて、あっ」
 両手を掴まれブリーフから手を離してしまう。ブリーフは何の抵抗もなくするりと落ちた。予期せぬ動きに股間を隠すこともできず、おちんちんがぽろんっと露出される。加奈と柳は気にせず歩いていくが、また足首に絡まって聡はすてんっと転んでしまう。
「…」
「…」
 加奈はつかつかと聡に歩み寄って軽く手を振り上げた。
 パチンッ!
 突っ伏したままの聡のお尻が弾かれた。
「いっ!?」
「早く立って。先生に言うからね!」
 聡は手を離してもらい、おちんちんを隠しながら焦って立ち上がった。加奈はまた手を振り上げている。早くしないとまたお尻を叩かれてしまう。
「もうっ。男子ってふざけてばっかりっ」
 聡は片手でおちんちんを隠しながら器用にブリーフを履き直した。柳は無表情を装ったまま吹き出しそうになるのを堪えていた。
「もういいじゃんそんなボロ布… さ、いくよ」
 二人はまた聡の腕を掴もうとしてくる。なんでわざわざ二人で両手の自由を奪おうとしてくるんだと聡は憤る。今度はブリーフを落ちないように何とか手で掴んだまま、加奈たちに両腕を強引に引っ張られて歩いていく。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

tag : CFNM官能小説男性羞恥身体測定

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: 期待

> こういうの好きです。続き期待

ほげぇさん、ありがとうございます。
いい作品を書けてるのかどうか悶々とするときもありますが、お声を励みに書き続けたいと思います。

期待

こういうの好きです。続き期待

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

CM

ファンティア
カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
活動の紹介
◇男子厨房に入ってCFNM(本ブログ)
 ★無料ブログ:毎週土曜17時30分更新。近況報告とファンティアの活動情報。あと不定期更新でCFNM情報をアップしております。
◇男子厨房に入ってCFNM+(ファンティア)
 ★無料プラン:毎週土曜18時に近況報告と試し読みリリース
 ★250円プラン:毎週土曜18時に連載もの短編小説リリース
 ★450円プラン:毎月25日20時に連載もの中編小説リリース
◇男子厨房に入ってCFNM Novels(KDP)
 ★3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 既出小説を加筆修正して電子書籍にしていきます!
 アマゾンアンリミテッドなら無料で読めます!
 ★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を一年分まとめて単行本にしました。
Last Update 2022.1.29
月別アーカイブ
タグクラウドとサーチ

リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM