fc2ブログ
ブログ最新記事
最新コメント
ツイッター
DMはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション!
来客数

ページビュー
CM

秘密の部活動で(1)2013-08-26(Mon)

 紗季は男子のパンツをズルッと脱がせてやった。
 夢の中に居るようだ。すべてがスローモーションに動いていた。おちんちんがぷるるんっと顔を出す。全裸を晒した男子を見下ろしていると、服をちゃんと着ている自分の優位性に安心した。
 男子は何事かを喚いていた。床下で暴れている。紗季が彼のパンツを脱がしたことに抗議しているのだろう。しかしいくら抗議したところで男子は身動き一つとれない。
 並んでいる机や笑顔で周りを囲むクラスメイトが居るのを思い出して、そこは自分の教室だったことを改めて認識する。クラスメイトたちはそれがさも当然と言うように、その男子を取り押さえていた。取り押さえる役は主に力の強い男子がやっていた。女子はパンツを脱がされた男子の下半身に注目するように集まっている。
 こんなに大勢の中で一人だけすっぽんぽんになった男子は、恥ずかしさのせいかとうとう泣きだしてしまった。ゆっくりと頭を振りながら大粒の涙を零す。
 紗季は自分よりも力のある男性がめそめそ泣いてしまうのを目の当たりにして身体が熱くなった。でも彼がいくら泣いても構わないと思う。だって、彼はおちんちんを勃たせて喜んでいるのだから。

***

 紗季はまだ何の部活に入ろうか決めていなかった。放課後に室内系の部活を見学しようと体育館を訪れた。
「バレー部かバスケがいいな」
 彩は腕組みしながらつぶやく。彼女は同じ学年の友達だ。紗季は文化系の部活に興味があったので、今日の見学は彩に付き合って見に来ただけだった。
「どっちも朝早そうだし、夜遅そう」
 紗季は身体を動かすのはどちらかと言えば不得意だ。紗季自身は美術部か放送部にでも入ろうと考えていた。
「でもあたしバカだからな、脳より身体動かさんとねぇ」
「それは右の握力が弱いから、左の握力もっと強くしようと言ってるのと同じじゃない?」
「不得意分野伸ばしてもしょうがないじゃん」
 考え方は人それぞれだと紗季は思った。
 ふと前を見ると体育館に入る前の扉に蹲っている人影があった。紗季は彩と顔を見合わせて彼に近づく。その男子生徒は部活中なのか体操服を着ていた。腰に手を当てて擦るようにしている。
「あのぉ大丈夫ですか?」
 彩が声を掛けると男子はハッと顔を上げる。顔をこちらに向けて紗季たちの存在を確認した。
「あぁ、あ…いえ、大…、あ…丈夫です」
 彼は脂汗をかいて顔色が悪かった。紗季は驚いた。手を貸そうと二人がさらに近寄る。
「立てますか? 保健室まで歩けます?」
「あのっ。…お本当に、うぇう…。大丈ぶ…で」
 辛そうだ。紗季と彩は保健室まで連れて行こうと話し、肩を貸すことにした。紗季は彼の手をとってどうにか彼を立たせる。同学年だろうか。華奢な身体つきで運動部には見えない。何の部活か知らないが練習がキツくて休んでいたのだろうか。
「保健室まで行きますから」
 男子は返事もままならない様子だ。立ち上がっても内股気味でプルプルと震えて腰を落としている。
「どこか痛みます?」
「いえ…」
 微かに首を振る。彼の顔が段々と朱に染まってきた。苦しそうな表情だ。どうしたというのだろう。とにかく彼を保健室まで連れていかなければ。ふと会話が途切れて静けさが訪れる。何か音がする。どこからかウィ~ンという音がなっている。紗季はかすかなバイブレーションの音を聞いた。一体どこから? 彩も気づいて不安そうな顔だ。

 1m歩くにものろのろとしか移動できない。紗季はけっこう時間が掛かりそうだと覚悟した。
「あー、君たち。困るんだよね」
 背後から声を掛けられる。割りと近くだ。紗季と彩が振り向くと表情の暗い少女が立っていた。 紗季と同じクラスの佐伯 深藍(みあ)だ。彼女は手を伸ばせば届く距離にまで迫ってきていた。
「え? なに?」
 紗季は驚いた様子で訊ねた。深藍は目線を合わせない。どこを見ているのか解らない目だ。彼女はいつも一人で行動していてクラスでも浮いた存在だった。話しかけられるのも会話するのも初めてだ。ルーズな制服の着こなし。髪も前髪をゴムで縛っているだけで、後は伸ばしっぱなしの様子だ。
「そいつはウチの部員だから」
 深藍がぼそりと口を開く。
「は?」
「トレーニングの最中よっ」
 彼女は勢いよく何かを掲げた。それはゲームのコントローラーだった。
「え?」
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

tag : CFNM官能小説男性羞恥いじめ

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

CM

ファンティア
カテゴリ
プロフィール

Chuboo

Author:Chuboo
 特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。
 CFNMとはいろいろなところで検索すれば出てくると思いますが、一応…→男が裸で女の子はちゃんと服を着ているみたいなこと。このブログでは「恥辱」や「屈辱感」、「プライドを否定する」とかに焦点を絞っています。中でも重要なのは「決してM男ではない」ということ。なかなか理解されにくい世界ですが、徹底して屈折した快楽を希求していきます。

Readme!
◇18歳以上推奨
 特殊な性欲を刺激する文章なので、各自で大人だと自覚できる方のみお読みください。
◇表現について
 作中にいじめ・暴力的な表現があります。嫌悪感を抱かれる方はお読みになられないほうがよいでしょう。
◇著作権
 一応著作権は主張します。
◇フィクション
 作中の人物・団体などは実在するのもあるかもしれませんが関連はありません。
◇リンクフリー
 リンクはフリーです。言ってみたかっただけです。相互リンクもよろしくお願いします。
活動の紹介
◇男子厨房に入ってCFNM(本ブログ)
 ★無料ブログ:毎週土曜17時30分更新。近況報告とファンティアの活動情報。あと不定期更新でCFNM情報をアップしております。
◇男子厨房に入ってCFNM+(ファンティア)
 ★無料プラン:毎週土曜18時に近況報告と試し読みリリース
 ★250円プラン:毎週土曜18時に連載もの短編小説リリース
 ★450円プラン:毎月25日20時に連載もの中編小説リリース
◇男子厨房に入ってCFNM Novels(KDP)
 ★3・4ヶ月に1冊のペースで刊行予定
 既出小説を加筆修正して電子書籍にしていきます!
 アマゾンアンリミテッドなら無料で読めます!
 ★男子厨房に入ってCFNM Collection
 ブロマガの読み切り短編小説を一年分まとめて単行本にしました。
Last Update 2022.1.29
月別アーカイブ
タグクラウドとサーチ

リンク
宣伝用です
ランキング
同人作品CM
CM